One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

ユニクロより安い!TAIONのインナーダウンがすごく使えてコスパ最高でおすすめ!

そもそもインナーダウンって?

f:id:footmuji:20171009145442j:plain

http://www.outletpeak.com/product/detail/id_001666293

ダウンジャケットといえば、中綿にダウンをたっぷりと入れて防寒性・保温性を高めたヘビーアウターのこと。まぁ当然ですが、真冬以外は暑くて着られませんね。

でも一方、インナーダウンというのは、上の写真のように、中綿のダウンの量を薄く調整し、コンパクトなサイズ感にすることで、コート等のアウターの中に着られるようにしたダウンのことです。

当然、真冬にコートだけを着るより暖かいし、ライトアウターの中に着ることで、春や秋用のアウターが11月~12月の少し寒い時期にも着られるようになります。また、ノーカラーブルゾンとして、アウターライクにも着用可能という優れモノ。

インナーダウンと言えばユニクロ?

このインナーダウンの中で最もメジャーなブランドは「ユニクロ」ですね。

毎年秋頃から「ウルトラライトダウン」がテレビのCMで流れています。

f:id:footmuji:20171009150547j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172977-69

このインナーダウンはベストで3,990円+税、ジャケットで4,990円+税。高品質なダウンを使っているにもかかわらず、この安さ。さすが世界のユニクロといったところです。

でもこれを超えるコスパを誇るのインナーダウンを僕は知っています。

 

ユニクロを超えるコスパを誇るTAION

f:id:footmuji:20171009153209j:plain

http://www.taion-wear.jp/lookbook/2017.html

TAIONってどんなブランド?

TAIONはインナーダウンウェアブランドです。
TAIONのブランド名の由来は、体温(TAION)。

TAIONのインナーダウンウェアは良質な超撥水ダウンと高密超撥水生地を使用しています。

羽毛は、軽くて反発力の良い650flp以上の超撥水加工ダウンを使用してます。
羽毛は超撥水加工により、雨や高湿度の環境下の使用でも羽毛の縮みを最小限に抑えます。

表地は、420T超撥水高密度ナイロン生地を使用、撥水はもちろん、汚れもつきにくい仕上げになっております。
また、表地の裏面にACコーティング加工を施し、羽毛の吹き出しをできるだけ少ない環境にしています。
軽くて、暖かく、どの環境下でも着用しやすいデザインをこれからも最大限に追求していきます。

∗ TAIONで使用しているダウン(羽毛)は、成熟した水鳥の羽毛を使用しております。(ダウン90%フェザー10%)
羽毛は、洗浄〜超撥水加工されているため、羽毛本来の温湿度調整機能が非常に高く、羽毛特有の臭いも少ない優れたダウンを使用してます

TAIONについて / TAION INNER DOWN WEAR | インナーダウンウェア TAION(タイオン)

 

ちなみに僕はこのTAIONのインナーダウンのベストタイプを昨年購入し、秋冬春と3シーズンにわたってヘビロテしました。

 

TAIONのインナーダウンの5つのおすすめポイント

①着心地抜群で暖かい

TAIONのインナーダウンはダウンが薄く詰められているため、上にアウターを羽織ったときに着ぶくれしないし、苦しい感じも全くないので、着心地が抜群。

しかも上に書いたように高品質ダウンを90%も使っているから、かなり暖かいです。

実際に春先の寒い日にはライトアウターの下に着たり、真冬の寒い日にはヘビーアウターの下に着たりしましたが、このインナーダウンのおかげで暖かく過ごすことができました。

また、ウールに比べて保温性に劣り、真冬には少々頼りない感のあるコットンニットでも、上からこのインナーダウンを着ることで非常に暖かくなります。これさえあれば薄手のコットンニットが通年着られるので、コスパがすごく良くなるのです。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

②驚くべきコストパフォーマンス

タイトルで「ユニクロより安い!」と書いたように値段はユニクロより安いんです。

f:id:footmuji:20171009153558j:plain

 https://item.rakuten.co.jp/taion/004mbk/

僕の持っているこのベストタイプで値段は2,990円+税。ジャケットタイプでも4,600円+税だ。高品質ダウンを90%も使っていて、世界のユニクロよりも低価格を実現しています。

【2018.11.21 追記】

2018AWでは少し値上げされたようです。

ベストタイプで3,390円+税、ジャケットタイプで4,990円+税となっています。

③着こなしの幅が広がる

上にも書いたようにインナーダウンを持っていると、寒い日でもライトアウターを着ることができるようになるので、着こなしの幅が広がります。

f:id:footmuji:20171009155634j:plain

http://wear.jp/wear10039/10931039/

シャツ×マウンテンパーカーというコーデは、通常なら春・秋用がメインとなるところですが、中にインナーダウンを着ることで冬も対応可能になります。お気に入りのライトアウターを長く着られるようになるのはうれしいですよね。

また、ナイロンやロクヨンクロスという防風性・防水性に優れている素材のアウターの中にインナーダウンを着ることで、保温性が大幅にプラスされ、真冬にも対応できるようになります。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

④持ち運びに超便利

付属の袋がついていて、コンパクトにまとめることができます。

f:id:footmuji:20171009160444j:plain

片手に収まるほど小さくなるんです。カバンに入れておいて、寒くなったらサッと着ることもできるので超便利。

また逆に、外から電車や建物の中に入ったときに暑いなと感じたら、パッと脱いでカバンに入れておくことができます。つまり、周りの温度に合わせた調整が楽にできるということです。

小さくまとまるとすごく使い勝手が良くなりますね。

⑤周りとかぶらない

ユニクロのインナーダウンはあまりにも人気で老若男女問わず着ている人が多いですよね。どうしても周りの人とかぶる可能性あります。

でもこのTAIONのインナーダウンなら、ブランドの知名度がUNIQLOよりも劣るため、周りと被ることはほぼありません。

また、価格的にもユニクロよりも安いので挑戦もしやすいですね。

 

TAIONのインナーダウンは超おすすめ! 

ちなみにサイズは、176㎝62㎏の僕でMがジャスト。

厚手のカットソーやシャツ、薄手のニットの上から着てちょうどいい感じです。

いままで書いてきたように、TAIONのインナーダウンは、高品質で機能的なのに値段がかなり安いです。

買わない理由が見当たらないくらい本当におすすめ!