One Style depot.

23歳社会人1年目の僕が、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

Hender Scheme のブックカバーで読書の時間に彩りを

こんにちは。ヒロシです。

僕は本が好きで結構読書をします。

基本的に1日のうち、全く本を読まない日はなく、平日も昼休みにはいつも本を読んでいます。

そんな読書の時間をより素敵にお洒落にしてくれる僕のお気に入りのブックカバーを紹介します。

それは、Hender Scheme の toco book coverです。

Hender Scheme とは 

身体的、生物学的性差を示すセックスに対して、ジェンダーとは、社会的、文化的な性差を意味する。Hender Scheme(エンダースキーマ)ではセックスによる性差を尊重しながらも、身なりにおいてジェンダーを介することなく、人間の経験や環境によって構造化されたジェンダースキーマを超越した概念を提唱する。Hender Scheme(エンダースキーマ)というブランド名は、心理学用言Gender Schema(ジェンダースキーマ)からの造語。Gender頭文字のGを、アルファベット順で一つ超えたHにすることによって、コンセプトにある「ジェンダーを超える」を表現しています。社会的性差(gender)の分野に属する「デザイン」において“男女の性差にとらわれずgenderを超えて自由にデザインすること"をコンセプトに、モードとクラフトのバランスを重視し、バランスのとれた“モノ"をデザインしています。

http://henderscheme.com/

 エンダースキーマはレザーを使ったクラフトが有名なブランド。アディダスのスーパースターや、ナイキのエアジョーダン等の名作スニーカーをオマージュした靴や、財布等が非常に有名です。また定番のほかにも、キャップやうちわもレザーで制作するなど、非常にユニークでお洒落な革製品を提供しています。

僕はこのエンダースキーマが大好きで、色々なものを愛用していますが、特に気に入っているのが、今から紹介する "toco book cover" です。

Hender Scheme "toco book cover"

エンダースキーマのこのブックカバーは僕の日々の読書を楽しくしてくれています。

f:id:footmuji:20171224234016j:plain

文庫本のA6サイズ。僕はいろいろな本を読みますが、文庫本サイズの小説を読むことが多いので、いつもこのブックカバーを使って小説を読んでいます。

f:id:footmuji:20171224234512j:plain

少し見にくいかもしれませんが、ブランドの刻印がされただけの非常にシンプルなつくり。白いステッチも良いアクセントになっています。

このブックカバーは、通常は使わない「床革」という革を使っており、同じ色でも1点1点風合いがかなり異なります。

僕はこれを恵比寿にある旗艦店「スキマ」で購入したのですが、同じベージュのような色味でも、よりブラウンぽい色味のものや、ヌメ革に近いようなナチュラルな色味のものがあり、選ぶこと自体がすごく楽しいです。

 

エイジングを楽しみつつ、読書の時間をもっと素敵に

このブックカバーは1枚革の非常にシンプルなつくりなので、もちろんエイジングを楽しむことができ、世界で1つだけのものになってくれます。

また、ブックカバーをつけることにより、見た目がお洒落になるとともに、大事な本を保護できます。(個人的に自分の読んでいる本を人に知られるのはすごく恥ずかしいので、お洒落さだけでなく、その意味でも非常に重宝しています笑)

完全に僕の好みですが、エンダーのブックカバーをした文庫本を一人で読んでいる女の子がいたら……

もう落ちちゃいますね(笑)。

それはそうとして、このブックカバーは僕の日常である読書の時間に彩りを与えてくれる、最高のものなのです。

ちなみに、ネット通販ではいつもsold outとなっていますが、恵比寿の旗艦店に行けばおそらくあります。

ちなみに僕もたまたま恵比寿の旗艦店に行ったときにこれを見つけ一目惚れして購入しました。

henderscheme.com