One Style depot.

23歳社会人1年目の僕が、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【日々の備忘録】半年続けてみてわかった、毎日日記をつけるメリットと続けるコツ

こんにちは、ヒロシです。

僕はこのブログで自分の考え等の "style"を発信しているわけですが、このブログを書いているのとは別に, 毎日日記をつけています。

日記を書き始めたのはもう半年くらい前でしょうか。

とあるきっかけで日記をつけ始めました。

もともと自分で決めたことを続けることには自信がありましたが、半年間日記を書き続けて、感じたことを書きたいと思います。

僕が日記を書き始めたきっかけ

僕が日記を書き始めたのは昨年の夏です。就職してなんとなく仕事をしていましたが、まぁ怠惰な日々を送っていました。以前の記事にも書いた気がしますが、特にブログもやる気がなかった時期です。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

そんな時期に、僕は友達と、その友達の女の子と飲みに行きました。

その女の子に僕はくそみそに言われたんですよね(笑)。

ちなみに、その女の子と僕はお互い面識はありましたが、僕が人見知りだったせいか、ちゃんと話したことはありませんでした。

その日家に帰ってから、自分の部屋にあった小さいノートに、思うがままにその時の自分の感情を言語化できる範囲で書いていったんです(もちろん酔っぱらていました)。

次の日、自分の正直な思いが綴ってあるそのノートを見てみたら、なんだかおもしろいなと思い、それから習慣になり、約半年が経過しました。

 

半年続けた僕が思う、日記をつけるメリット

さて、半年間日記を続けた僕が思う、日記をつけるメリットについて書いていきます。

日々の備忘録になる

基本的に僕の生活は、日々同じことの繰り返しのように感じていました。

朝起きて準備して職場に行き、仕事をして家に帰って飯を食って寝る。そして朝起きて…みたいな感じです。

でも大局的に見るとそうですが、日々の事象はすべて少しずつ違っています。

日記をつけるとそれを感じられるようになります。後から見返しても、それらの映像がなんとなく浮かんでくるのです。もちろん、思い出したくないこともあるかもしれませんが、その時は、それを日記に書かなければよいだけです。

日々を思い出すことは、今後の自分を考える上で重要なことだと思うので、備忘録として日記をつけることはとても良いことだと思います。

自分の変化を感じられる

基本的に、僕は日記にその日の出来事とそこから自分が感じたことを書いています。

これだけでも自分の感情の整理ができて十分面白いのですが、似たようなことが起こったときはさらに面白いなと思います。

なぜなら、自分の感情の変化を実感できるからです。

同じようなことが起こっても、思うことはその時々によりますよね。登場人物、場所、時間などによって…

客観的な条件の変化によって、自分の感じ方もこう変わるんだな等、自分の変化を感じられるとともに、自分を客観的に見つめられるようになる気がします。

自分の行動を反省し、次に生かすことができる

上二つにも似ていますが、日記を書くということは、自分のその日の出来事や行動を客観的に見つめ直すということです。

つまり、その日の自分と向き合って反省するということなのです。

反省すると新たな気づきが得られ、今後の自分の行動に活かすことができますよね。

ストレス発散になる

生きていると、人間だれしも嫌なことがあってストレスが溜まるものですよね。

そんな時に日記を書くと、かなりストレスが発散されます。

日記なんて自分しか見ないものですから、嫌いな人の悪口を書いたっていいわけです。だから僕は、納得がいかないことがあったときには、その人の悪口を含め、自分の思ったことを自由に書いてストレスを発散しています。

案外汚い言葉で悪口を書くと良い毒抜きになりますよ(笑)。

嫌いな人がいない、汚れのない心を持った人間なんて世の中にいないんですから。

日記を続けるコツ

3日坊主の代名詞ともいわれる日記。これを毎日無理なく続けるコツについて書きます。

たくさん書こうとしないこと

毎日たくさん書こうと思うから続かないんだと個人的に思います。だから無理なく一言二言でいいんです。

僕はちなみに無印良品の小さめのノートを使って書いています。

www.muji.net

このノートは1ページが7つに分かれていて、ちょうど1つの枠に1日分を書き、1週間で1ページ終わるようになっています。

f:id:footmuji:20180114125156j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761909530?searchno=54

こんな感じですね。この枠だと2~3文で1日分が終わるので無理なく続けることができます。

日記をつけるといいことだらけ

日記をつけることについて書いていきましたがいかがでしたでしょうか。

もちろん、疲れて帰ってからすぐに寝てしまったとき等、書けないときもありますが、そんな時は書かなくても良いですし、次の日に書いてもいいと思います。

やはり無理なく、自分に負担のない範囲で書くことが続けるコツかなとも思いますしね。

ブログにも共通していますが、なにかを言語化することは、自分の思考の整理にもなるんですよね。

上に書いたメリットがある日記、無理なく続けることができるので、始めてみてはいかがでしょうか。