One Style depot.

23歳社会人1年目の僕が、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

齋藤学の移籍において、選手を責めるのは筋違い。責められるべきはマリノスというクラブだと思う

こんにちは。ヒロシです。

今日は久々にフットボールについて書きたいと思います。

今、Jリーグはオフシーズンですが、今年のストーブリーグもなかなか選手の動きがありましたね。

元セレソンのジョーが移籍金約10億円で名古屋へ移籍。

昨年、川崎からFC東京へ移籍した大久保嘉人が川崎へ出戻り。

中でも、横浜FMのエースでキャプテンの齋藤学が川崎へ移籍したことがいろいろと物議を醸していますね~

齋藤学選手のSNSはマリノスサポーターからの批判でめちゃくちゃ荒れたとか。

でも僕は思ったんですよね。これで齋藤学選手を責めるのってすごく筋違いだなと。

今回の移籍の問題点 

まず今回の移籍でなぜサポーターが怒っているのか。その問題点について整理します。

f:id:footmuji:20180126000651j:plain

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170408/573692.html

齋藤学選手は生え抜きだった

齋藤学選手は小学生時代からマリノスの下部組織で育ってきた生粋のマリノスっ子。

途中J2の愛媛FCに期限付き移籍をしていた時期はあったものの、マリノスに育てられた選手であり、マリノスというクラブへの愛着も人一倍あったでしょう。

マリノスからロンドンオリンピック、ブラジルワールドカップに出場しており、マリノスサポーターとしては、クラブのバンディエラとして、引退までマリノスでプレーしてほしいという思いが強かったのでしょう。

海外移籍が叶わず、2017年は10番を背負ってプレー

齋藤学選手は昨シーズンのオフに海外移籍を模索しましたが、それが叶わず2017年シーズンの始動後に、マリノスと契約更新をしました。

そして主将という重圧に加え、「日本のファンタジスタ」中村俊輔が背負った10番という非常に重い番号を自ら希望して背負うことに。

やはりサポーターにとって、マリノスの10番で主将という、チームの文字通り「顔」ともいえる選手が簡単にチームを離れるということは許しがたい背任行為に映ったのかもしれません。

怪我からの復帰を心待ちにしていた

齋藤学選手は2017シーズンの9月に右膝前十字靭帯損傷という大きな怪我をして全治8か月と診断されていました。

それに対してサポーターはエースにエールを送り続け、復帰を心待ちにしていました。

それにもかかわらず、移籍してしまったので怒りがおさまらないという感じでしょうか。

0円移籍

齋藤学選手は海外移籍が叶わず、2017シーズンもマリノスで戦うことになったのは前述の通りですが、その際に結ばれたのは単年契約でした。

つまり、契約が切れる次のシーズンオフには他クラブは移籍金0円で獲得できるということ。

子どもの頃から育ててもらったクラブに1円も残さずに移籍するとかふざけんな!という感じでしょうか。

 

齋藤学選手を責めるのはどう考えても筋違い

上に4つほど、今回の移籍に関する問題点を書いていきましたが、それでも僕は、齋藤選手を責めて叩くのっておかしいと思うんですよね。

選手がより良い条件を求めるのは当然

サッカー選手は稼働できる期間が短いですから、現役選手でいられる短い時間の中でよりたくさんのお金をもらいたいと思うのは当然です。

そのためには、自分のことをより高く評価してくれるクラブに行くのは当然です。

普通のサラリーマンでも、より給料が高い会社に転職するのって珍しいことではありませんよね。

だからおそらく、マリノスよりのフロンターレの方が条件が良かったんでしょうね。

責められるべきは選手ではなくてマリノスというクラブ

僕は今回の移籍で一番の問題点は0円移籍だと思っています。

普通、齋藤学ほどの日本トップレベルのプレーヤーが国内クラブに0円で移籍するなんてありえません。

つまり2017シーズンに契約を更新した際、結んだのが単年契約だったのが批判されるべきことなんです。

次のシーズンに海外移籍しやすいようにという配慮だったのかもしれません。

でも海外に移籍するとしても、0円移籍で良いわけがないと思うんですよね。

だってクラブにお金が入らないんですから。

国内クラブに移籍する場合は、移籍先のチームの強化と自チームの弱体化が同時に起こり、海外クラブの場合にはそれが当てはまらないからあまり叩かれないのかもしれませんが、ビジネスという側面を考えた場合、クラブにお金が入らないので、クラブにとっては良いことはなにもありません。

批判されるべきは、結果として「裏切者」となった齋藤学選手ではなく、それを許してしまったマリノスというクラブだと思います。

移籍が活発なほうがおもしろい

今回の移籍はかなり物議を醸しましたが、個人的に移籍は活発なほうがリーグとしては面白いと思います。

やっぱりビッグネームが動くと話題性がありますしね。

でもそれでも、やはり移籍金が支払われる、健全な移籍が選手のためにも、クラブのためにも、サポーターのためにも重要だと思います。