One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

コンビニ等のレジでは「ありがとう」と言っている3つの理由

こんにちは。ヒロシです。

Amazonや楽天でのネット通販を利用する機会が増えているとはいえ、コンビニやスーパー等で買い物をする機会って日常生活の中でかなり多いですよね。

買い物をする際、スーパー等ではセルフレジを導入する店舗が増えてきているとはいえ、店員さんにレジを打ってもらって会計をすることも少なくないでしょう。

そんな日常にありふれたレジでの会計の時、一人の客として僕は必ず「ありがとう」と言うようにしています。

コンビニ等での会計時に「ありがとう」と言う3つの理由

f:id:footmuji:20181116012912p:plain

店員さんのおかげで便利な生活を享受できているから

スーパーが朝早くから夜遅くまで営業している、またコンビニが24時間営業しているおかげで、僕たちはいつでも欲しいものを手に入れることができるのです。

またそれだけに留まらず、コンビニで出来ることってたくさんありますよね。

ATMでお金を下ろしたり、公共料金の支払いをしたり、チケットを発券したり、宅配便の配達先になってくれたり…

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

そういったお店を支えてくれているのは他ならぬ店員さんです。これはコンビニに限らず、頻繁に行くスーパーやカフェ等のお店すべてにあてはまります。

レジ打ちも店員さんの業務の一環ですが、彼らのおかげでコンビニ等の店舗が利用でき、便利な生活が享受できているのですから、それに対して労いの言葉の意味で「ありがとう」と言っているのです。

 

純粋に感謝しているから

レジ打ちをしてくれたことに対して純粋に感謝しているから、自然と「ありがとう」という言葉が出ます。

僕が購入したいものをピッとスキャンし、支払いの額を教えてくれる。そしてお金を出した後におつりをくれる。

たったそれだけのことですが、「いま僕のために仕事をしてくれた」ということに対して自然と「ありがとう」という言葉が出るのです。

言った方も言われた方も気持ちが良い言葉だから

「ありがとう」と言って不快に思う方っていますか?逆に「ありがとう」と言われて不快に思う方っていますか?

おそらくあまりいないですよね。

僕も以前に仕事関連で接客・販売の業務をやったことがあるのですが、お客さんから「ありがとう」と言われた時にすごく嬉しかったのを覚えています。モチベーションも上がりました。

「ありがとう」という言葉は言う僕も気持ちが良いですし、もしも僕の「ありがとう」によってその店員さんが嬉しい気持ちになったり、仕事のモチベーションが少しでも上がってくれたら、ほんの少しでも社会貢献になりますしね。

店員は対価として給料をもらっているから言う必要がない?

店員のレジ打ちは労働であり、その対価として給料をもらっているのだから「ありがとう」という必要なんてない。

このような意見もあるでしょう。

「レジ打ちは労働であり、その対価に給料がある」というのは全くその通りです。

でもそんなドライなスタンスでいると疲れませんか?

「対価として金銭を得ているかどうか」というポイントが「ありがとう」を言うか否かの判断基準になったら、日常の中で「ありがとう」という場面ってかなり減ります。

前述のように「ありがとう」という言葉は言う方も言われた方も気持ちが良い(少なくとも不快にはならない)のですから、たくさん言ったほうが得じゃないですかね。

「ありがとう」という言葉を通じたコミュニケーションによって、社会が少しでも良い方向に向かうのなら、めっちゃコスパ良いですよ。

 

「すいません」ではなく「ありがとう」と言おう!

日本人は感謝を伝える時でも「すいません」と言う人が多いです。

ついつい「すいません」と口走ってしまいがちですが、「すいません」だと「謝罪」や「申し訳ない」のニュアンスが強くなるように感じられます。

でも僕が販売・接客関係の仕事をした時の実体験から、「すいません」と言われるよりも「ありがとう」と言われる方が圧倒的に嬉しいんですよね。

これはきっと僕だけではないはず。

どうせ同じ「感謝」を相手に伝えるのならば、良い気持ちになったり、笑顔になれたりする可能性が高い方が良いに決まっています。

だから感謝を伝える時には、「すいません」よりも「ありがとう」と言いましょう!