One Style depot.

23歳社会人1年目の僕が、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【AURALEEは高いのか?】高い服にはそれなりの理由がある。良いものには相応の値段を払わないといけない

f:id:footmuji:20180513160608j:plain

メンズファッションの雑誌やWebメディアで見ない日はない程の人気を誇る、 “AURALEE”(オーラリー)。

いま最も勢いのあるドメスティックブランドです。

確かにすごく人気なのですが、値段が他のドメスティックブランドに比べて高いんですよね。

おおよその価格設定ですが、

シャツ:2~3万円

カットソー:1~2万円

パンツ:2~4万円

コート:8~10万円

といったところでしょうか。

洋服の値段としてはかなり高い部類に入ると思います。

しかも、オーラリーはデザイン的にはかなりシンプルでベーシック。

なぜ普通の服なのに高いのか、そんな風に思う人もきっと多いはず。

でも、高い服って高いなりの値段がちゃんとあるんですよね。

 

AURALEEとは

オーラリーはフィルメランジェの元デザイナーである岩井良太氏によるブランド。

世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で
本当に良いと思える素材を追求。

その素材の個性を活かし、時代の気分を反映しながら、
上質で洗練された洋服を提案します。

(公式HPより)

auralee.jp

AURALEEの値段が高い理由

奇抜さはなく、シンプルなデザインのオーラリー。

それなのに、値段はかなり高い。

でもそれってちゃんと理由があります。

厳選された素材を惜しげもなく使用

オーラリーは素材づくりからデザインと考えているブランドです。

普通は、まず洋服のデザインを構成して、そのデザインに合う素材をあてはめていきますが、オーラリーはその逆。

素材に合うデザインを構築していくんです。

デザイナーが日本各地、世界各地を回り、厳選した素材を存分に使用する。

素材の良さを最大限に生かすことのできるようにデザインされた洋服が、熟練の職人の手によって作られていく。

そのような過程を経ているのが、オーラリーというブランドの服なのです。

ベーシックだけど他にはない

確かにパッと見ると普通のオーラリーの服。

でも、他にはない服だと感じさせられます。

普通の服は、決められたデザインに基づいて素材が選定されていきますが、先ほども書いたように、オーラリーの服は素材もデザインと考えられて、素材が最も引き立つデザインになっています。

つまりデザインは奇抜ではないけれど、他にはない洋服になっているんですよね。

f:id:footmuji:20180513154748j:plain

https://baycrews.jp/item/detail/edifice/cutsew/18071310008210

これは僕の愛用しているオーラリーのカットソーです。

写真だとあまり分かりませんが、独特のヌメりや光沢があって、カットソーながら非常に上品なんです。

またシームレスなので、ストンとした落ち感があってゆるめに着ると本当にかっこいい。

日本トップレベルの厳選された素材を使っているので、着心地も申し分なく、購入を即決しましたね。

オーラリー以外ではなかなか作るのが難しいのではないかと思います。

オーラリーは値段相応、むしろ安い?

厳選された屈指の素材、妥協のないデザイン。

確かに値段だけ見ると高いと感じるかもしれませんが、実際に着てみると値段分の価値はあるアイテムが揃っていると個人的に思います。

むしろ、他のブランドでこの素材を使ったらいくらになるのか。

オーラリーはブランドの母体が生地屋なので、おそらく他のブランドで同じ生地を使ったら、もっと高くなるのではないでしょうか?

ベーシックなデザインで、洗濯でも型崩れしないから、長持ちもします。

超高品質なオリジナルファブリックを使用して、上品な日常着として長く愛用できる。

そう考えたら、オーラリーは値段相応、むしろ安いと言えるのではないでしょうか。

良いものには相応の値段を払うというのは当然のこと

最近は、ファストファッションの台頭で、それなりのものが安く手に入る時代です。

でも、良いものが欲しいと思ったら、相応のお金を払うのって当然のことなんですよね。

良いものを作ろうとすると、良い素材を使って、熟練の職人の手で作らないといけません。

当然、原材料費や人件費等、作るのにもよりお金がかかります。

「良いものには高いお金を払う」

服づくりのみならず、日本のものづくり産業を支える上で、このことが消費者には求められているのではないでしょうか?

 

良い服はテンションが上がる

南青山にあるオーラリーの旗艦店に行った際、色々とカットソーを試着したのですが、その時に思ったのは、

「良い服を着るとやっぱりテンションが上がる」

ということでした。

パッと見は普通の服なのに、着てみると、着心地が超良くてかっこいい。

オーラリーはそんな感動を与えてくれるブランドです。

だから、今年の秋冬もお金を貯めてオーラリーの服を買おうと思います。