One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

ブログを毎日更新する3つのメリット・2つのデメリット

f:id:footmuji:20181105013702j:plain

こんにちは。ヒロシです。

今年の夏頃からほぼ毎日更新しているこのブログ。特に9月は1日も休むことなく記事を書き続けました。

2016年12月に始めた当ブログですが、ぶっちゃけ本当にやる気になったのはつい最近のことです。

1か月に片手で数えられるくらいしか書かなかった期間も長かったのですが、ここ数か月ほぼ毎日更新してみて感じた、毎日更新のメリット・デメリットを書きたいと思います。

毎日更新のメリット

文章力・質の向上

「質より量」か「量より質」かって何かと議論になりますよね。

でも何をするにもそうですが、質をあげるためには量をこなす必要があります。

例えば勉強。量をこなしていない人が質の高い勉強なんて出来るわけがないのです。

ブログに関しても同じことが言えるでしょう。

毎日更新を続けていることで、少しずつ文章力や記事の質が向上します。

これは僕も実際に感じているところで、更新頻度の低かった時に比べると文章もうまくなりましたし、また記事の構成力等の質も上がっていると断言できます。

ネタがたくさん思いつく

たくさん書いているとネタが無くなると思われるかもしれませんが、実は逆。

書けば書くほどネタが湧いてきます。

ここ数か月(ほぼ)毎日更新を続けているヒロシですが、ネタがないと悩んだことはほぼありませんでした。

逆に、更新頻度が少なかった昨年の方が「書くネタが無い…」と悩んだことが多かったですね。

たくさん書いているうちに、ネタ探しや物事の考え方の視点が身についてくるからでしょうかね。

アクセス数・収益の増加

ブログというものは書けば書くほどたくさんの人に読んでもらえるようになります。

実際に僕も毎日更新を始めてからというもの、それ以前(7月頃まで)と比べてアクセス数は数倍になりました。

また、それに伴って収益も増えましたね。

毎日書く→結果が出る→モチベーションが上がる→さらに書く…

という好循環に入ることができます。

まぁでも、ブログ運営報告なんて読者の方に1ミリも価値を提供しないと思っているのであえて具体的な数字には触れませんが。

 

毎日更新のデメリット

たまにしんどい

たまにかなりしんどいです。

仕事で遅くまで残業したとき、プライベートで出かけたり飲みに行ったりしたとき等、ブログを書くモチベーションがなかなか出ない時があります。

毎日更新するとなると、そういう時ですら記事を書かないといけません。これって結構しんどいです。

9月はブログを書く気が起きない時、忙しくて体力的に厳しい時でも無理して更新しましたが、先月は残業と体調不良で2日ほどお休みしました。

体調面等を考えると、毎日ブログを更新するのがしんどい時があるのは否めませんね。

書かないと罪悪感・気持ち悪さを感じる

自分の中で「毎日更新するぞ」と意気込み、毎日ブログを書いている現在。

でも体調や気分の問題で書けない日も中にはあります。

そういう日は罪悪感に苛まれながら、日課を完遂できなかった気持ち悪さとともにベッドに入るのです…

人間は習慣の生き物

毎日ブログを書くことにはメリットもデメリットもありますが、往々にしてブログは本当に楽しいです。

Webでの発信がここまで面白いとは本気でやるまでは知らなかった…

毎日更新するのは確かに大変な部分がありますが、それに見合うだけのリターンが得られますし。

また、毎日更新をして思うのは「人間は習慣の生き物である」ということ。

やる前は「無理っしょ…」と思っていた毎日更新も、続けているうちにブログを書かないと気持ちが悪くなります。

寝る前に歯みがきをしないと気持ちが悪いのと同じですね。

だからブログに限らず、何か継続したいことがある場合には、最初は少しだけ頑張ってみてそれを習慣化してしまうのが非常に有効です。

 

あとがき

これからもなるべく毎日更新を目指して頑張ります。

まだまだペーペーブロガーなので、更新しない日は結構アクセス数少ないんですよね。。。