One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

ブログをやっていることを友人・知り合いにカミングアウトするメリット3選

f:id:footmuji:20180925212108j:plain

こんにちは。匿名ブロガーヒロシです。

僕の運営しているこの "One Style depot."ですが、顔や本名を一切出さずにやっています。

このブログを始めた2016年12月から一貫してこの姿勢を貫いており、友人や知り合い、家族等にも一切言っていません。

しかし一切言っていないはずなのに、「このブログお前書いてる?」とリアルな知り合いに聞かれることがあるのです…

なんかたまたま検索でたどり着いたとか。

やはり付き合いの長い友人たちには、このブログと僕のクセのある性格がリンクしていることや、ブログで紹介している僕の持ち物等から分かるみたいです。

友人に書いているか聞かれた場合には大人しく白状していたのですが、最近になってからは、ブログを書いていることをリアルな友人にカミングアウトしても良いかなと思っています。

それには結構なメリットがあると気づいたからです。

 

ブログの存在を友人にカミングアウトするメリット3選

たくさん読んでもらえてモチベーションアップ

友人がブログを読んでくれたらその分だけアクセス数が増えます。

自分の書いた文章がたくさんの人に読んでもらえるというだけで、毎日ブログを書く上でのモチベーションアップにつながりますよね。

また、知り合い・友人というのは自分のブログを何かと気にしてくれる存在で、定期的に自分のブログを覗きに来てくれる固定読者になります。

もちろん、検索に引っかかってきてくれる方も非常に大切ですが、固定読者は言わば自分のブログのファンのようなものなので、安定したアクセス数を得るためには欠かせない存在です。

自分を律することができる

ブログというのは孤独なものです。

基本的には一人パソコンに向かい合って文章を紡いでいく作業を続けているわけですから。

また、誰に強制されているわけでもなければ納期があるわけでもないので、サボろうと思えばいつでもサボれるし、やめるのも自由です。

でも、知り合いや友人が見てくれているというのは、ある意味読者の顔が見えるということで読者を裏切っていけないというような気持ちが芽生えます。

つまり、見てくれている知り合いや友人がいてくれるからこそ、自分を律することができ、ブログに対してより真摯に向き合えるのです。

良質で真っ当な批判をくれる

ブログを始めとしたWebメディアというのは、基本的には「流し読み」です。

そのため、僕の記事を読んでくれた方の大多数はとくに反応することなく、このブログを後にするでしょう。

もちろん僕もネットを見る時はそうです。顔も名前も知らない人が書いたものに対して、本気でコメントするなんてことはほぼありません。

それはつまり、読者からの感想がもらえないということです。

でもリアルな友達ならば率直な感想をくれます。

「あの記事はよかった」「あれはちょっと伝わりづらいよ」

このような生の声を聴くことは、ブログの質を向上させる上では非常に大切ですし、こういった意見を聞けることが、ブログを書く上での励みになります。

また、最近ブログのスマホ版を少しだけカスタマイズしました。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

このカスタマイズも、僕のブログを読んでいる知り合いからの声を反映したものなんです。 

人から言われないと分からないことって多々ありますが、ブログにおける「人」というのはまさに知り合いや友人が当てはまると感じます。

ブログの存在を知人に言うことは、ブログをアップデートするきっかけをくれるということにつながるんですよね。

 

あとがき

僕がブログの存在を誰にも言っていなかったのは、馬鹿にされるのではないか、笑われるのではないかという不安が大きかったから。

でも、僕のブログを発見した友人はみんな、このブログを馬鹿にすることなく読んでくれています。

むしろ「おもしろい」や「文章がうまい」と言ってくれることもあり、うれしい気持ちになることが多いです。

僕は結果として、検索でたどり着くという形で友人にバレてしまいましたが、ブログの存在を自分から積極的に言うのは少し難しいかもしれない一方で、気の置けない関係の友人になら打ち明けるメリットが大きいと感じています。