One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【食費節約術】「~のタレ」は買うな!6種類+@の調味料で料理はおいしくできる

f:id:footmuji:20180907225547j:plain

こんにちは。毎日自炊をするヒロシです。

便利でそれなりにおいしい、市販の「~のタレ」や「~の素」。

でもこういうタレ系、素系の調味料って割高ではっきり言って無駄です。

まぁ僕も料理があまりできなかった頃はよく使っていましたが。

でも料理ってこうした既存のタレ等を使わなくても十分おいしくできます。

6種類の調味料があれば料理はOK

僕の考える5種類の調味料とは、

・砂糖

・塩

・醤油

・酒

・みりん

・ほんだし

です。これらの調味料は何を作るにも万能で、この6つさえあれば、一人暮らしに十分なほど料理がおいしくできます。

漬物は砂糖と塩で

個人的に好きな漬物(浅漬け)。

浅漬けの素ってスーパー等で売っていますが無駄です。高すぎます。

砂糖(小さじ1)と塩(小さじ1)でできてしまうのですから。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

炒め物は砂糖と醤油と酒で

醤油ベースのご飯のお供になる炒め物は砂糖と醤油と酒で作れます。

男の一人暮らしだと、肉と野菜をバーッと炒めて焼き肉のタレで豪快に味付け、なんてことをするかもしれません。

でもこれも無駄です。焼肉のタレは割高です。

しかも、そのようなタレ系よりも、砂糖と醤油と酒で味付けした方が圧倒的にうまいという事実。

ちょっと味にアクセントをつけたいと思った時には、にんにくチューブやしょうがチューブを少し足すといいでしょう。

これらは炒め物のみならず、丼もの等にも使えるので+@の調味料に最適です。

煮物は醤油と酒とみりんで

肉と野菜を切って鍋でつっこむだけ。簡単なのにおいしい「煮物」。

お酒のつまみにもご飯のおかずにもなるので僕は大好きです。

煮物もめんつゆ等の調味料を使って作る方も多いかもしれませんが、これも無駄です。

だし汁:醤油:酒:みりん=7:1:1:1

の黄金比にするだけでおいしい煮物が作れます。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

だし汁は水にほんだしを入れれば簡単にできます。

煮物に関連して、僕がよく作る豚丼や親子丼。

これらも砂糖と酒と醤油とほんだしを使えばおいしく作れます。既存のタレも売っていますが買う必要なし。

肉を焼く時も

なんとなく、「今日は生姜焼きを食べたい!」「鶏の照り焼きを食べたい!」という時。

タレを買ってきてしまいがちですが、すべて無駄です。

生姜焼きは醤油と酒とみりんとしょうがチューブ、鶏の照り焼きは醤油と酒と砂糖とみりんでできます。

 

市販のタレは使い勝手が悪い

「~のタレ」は確かに便利と言えば便利です。まずくはなりませんし。

しかし、「値段が高い」「数回使ったらなくなる」「賞味期限が短いものがある」「冷蔵庫の場所をとる」「あまり応用が効かない」等、デメリットが多く使い勝手が悪いです。

その点、いま上にあげた6種類の調味料+@を組み合わせれば、十分応用が効いてお金も節約できます。

また、自分で味を調整しながら料理できるため、料理の腕や舌の精度も上がるのでメリットだらけ。

一人暮らしの食費を節約したいと思う方は、まずは市販の「~タレ」の購入をやめてみてはいかがでしょうか。