One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【福袋の中身】大手セレクトショップ等の洋服屋の福袋を買う時に、注意すべきたった一つのこと

こんにちは。ヒロシです。

2018年も残り1か月。もうすぐ2019年がやってきますね~

年明け恒例の「初売り」や「セール」を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

また、大手セレクトショップ等の多くの洋服屋では、福袋の販売も行われます。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

「限定〇〇個!」と宣伝していたり、公式サイトで予約が始まっていたりして、買いたいな~と思っている方も少なくないのでは?

こうした福袋は1万円~2万円くらいなので、お年玉をもらった高校生でも買えますね。福袋というのも、冬の風物詩の一つのように感じられます。

でもこの福袋、あることに気を付けないと、非常に後悔する買い物になってしまいます…

 

 

洋服屋の福袋を買う時に、注意すべきたった一つのこと

f:id:footmuji:20181130014006p:plain

「福袋」というと、どのようなものが入っているイメージがあるでしょうか?

  • 売れ残ってしまった商品
  • セールに回っているものと同じ商品
  • 昨シーズンの商品
  • サンプル品などのいわゆる"B品"

おそらく、福袋にはこのようなものが入っている印象があると思います。

つまり、「定価では売らない(売れない)商品」を福袋に入れて販売するという感じですね。

でも最近の福袋の中身はちょっと違う傾向にあります…

福袋を買う際には、そのことに注意しないといけません。

福袋には「福袋専売品」が入っている

従来の福袋は、前述のような売れ残り品等が入っており、使える商品もあれば全く使えない商品もあるという、いわば運試しの要素が強いものでした。

しかし最近の福袋には、福袋に入れるために作られた「福袋専売品」が入っていることが多いのです。福袋を買う際には、このことを頭に入れておかないといけません。

アウトレットと同じですね。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

「福袋専売品」による福袋には、コーディネートが一式組めるように考えられた服が入っています。つまり福袋に入っている服は「使える服」であるということ。

入っている服によって何種類かパターンに分かれていることもありますが、基本的にはどの福袋にも同じ商品が入っているので、従来の福袋にあった「ハズレ福袋」がなく、運要素はかなり小さいです。

福袋専売品は品質的に劣る

「使える服が入っているなら良いじゃん!」

そのように思う方もいるでしょう。

でも福袋専売品は、通常販売している商品よりも品質が悪いのです。

1万円程度という価格で、全身コーディネートできるように4~6点程度の商品を入れるのですから当たり前ですね。

その中で店側が利益を出そうとすると当然コストカットが必要になるので、必然的に品質は落ちます。

おしゃれ初心者にはおすすめ

とはいえ、そのような福袋を全く買う価値がないかと言ったら、一概にそうとは言えません。

品質的には劣っていても、デザインが悪いわけではなく、またアウター・インナー・ボトムス+数点が1万円程度という価格で手に入るのですから、おしゃれ初心者の方にとっては買う価値があるかと。

自分のセンスに自信がない方や、どうやって洋服を選べばいいのか分からないという方にとっては、品質には少し目をつぶって、プロのアパレル店員(社員)が選んだコーディネートを一式買えると考えれば、福袋はお得な買い物になります。

服好きにはおすすめしない

逆に服が好きな人には、大手セレクトショップ等での福袋の購入はあまりおすすめできませんね。

やはり品質的に劣るというのと、自分で見たり触わったりして確かめながら買えないということで、結局はあまり着ずに処分することになってしまうので…

 

個人経営のセレクトショップの福袋は一見の価値あり

f:id:footmuji:20181130014326j:plain

出典:https://folk-media.com/7110

これまで書いてきたように、ショッピングモールや駅ビルに入っている大手セレクトショップ等の洋服屋では、福袋の中身が「福袋専売品」であることを理解して、福袋の購入を考えるべきです。

でも一方で、従来のように売れ残り品やセールで販売する商品から、福袋を用意している洋服屋もあります。

それは、「個人経営のセレクトショップ」です。

個人経営のセレクトショップはドメスティックブランドやインポートブランド等の高価格帯の商品を取り扱っている場合がほとんど。

いずれの品もバイヤーが魂を込めてセレクトしたものなので、福袋に入っている商品でも、品質が良くてかっこいい服である可能性が高いでしょう。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

福袋の価格は3万円~5万円程度の場合が多く、手を出しやすい価格ではないかもしれませんが、10万円~15万円以上の服が入ってるので満足度も高いです。単価の高い服が入っているのでもちろん赤字でしょうね(笑)。

運要素は高くなりますが、そもそも福袋というのはそういうものだと個人的には思います。

どのような品が入っているのだろうというワクワク感がたまらないのです。

個人経営のセレクトショップは極少量しか福袋を用意していないところがほとんどなので、ショップのブログ等をチェックしつつ、狙いを定めてゲットしましょう!

あとがき

僕は毎年無印良品の福袋に応募しているんですが、一度も当たったことないんですよねぇ…

去年は計5種類くらい応募したのに…