One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【購入記】Jalan Sriwijaya 98651 EDWARD LAST(プレーントゥ)

僕は今年の4月からは新社会人となって毎日スーツを着るようになる。つまり毎日革靴を履くということで、以前から革靴を探していた。

僕はスコッチグレインのストレートチップしかちゃんとした革靴を持っていなかったから、革靴のローテーションを考えるとあと最低でも一足、できれば二足必要だ。

でも僕はそんなにお金があるわけじゃないから、とりあえず一足だ。

そこで、今回買う革靴の条件を自分なりに考えてみた。

①3万円前後のグッドイヤーウェルト製法

②外羽根プレーントゥであること

③ラバーソールであること

この3つが今回買う革靴の条件だ。

①について、グッドイヤーウェルト製法は履いていくうちににインソールが自分の足の形に合うように沈んでいくため、履き心地がとても良くなるというもの。ソール交換も可能だから長い間愛用できる。この製法のものは最低でも3万円くらいからだから、予算もこのくらいにした。 

②について、今持っているスコッチグレインは内羽根ストレートチップだから、今度はプレーントゥにしようと思った。プレーントゥならばON-OFF兼用で履けるところもポイントだ。

③については、これは単純に今持ってる革靴がレザーソールだからだ。レザーソールだと雨の日や地面がぬかるんでいる時は履けない。だから、雨で地面が濡れている時でも気にせずに履けるラバーソールにしようと思った。

 

これらの条件を満たすものとして何個か候補があった。

 

候補① REGAL 2504

f:id:footmuji:20170220154119j:image

http://item.rakuten.co.jp/essendo/re2504-b/

リーガルの定番モデルで、グッドイヤー製法でありながら価格も25000円ほど。

値段もこなれているし、デザインも良い。かなりいい感じだった。

でも試着した結果、このモデルは日本人向けに甲高・幅広で作られており、店員さん曰く僕の足には残念ながら合わないとのこと。

 

 

候補② Lloyd footwear Vシリーズ

f:id:footmuji:20170220154811j:image

http://item.rakuten.co.jp/eton/rcm-v1214-ew10/?s-id=shop_recommend

ロイドフットウェアは、イギリスのメーカーに外注しているブランド。

確かVシリーズは33000円ほどで、バーカー製だった気がする。

もっと上のグレードだと、チーニーとかクロケット&ジョーンズとかに外注していて、しかもそれらのブランドよりもかなり安く買える。本格的な英国靴でありながらリーズナブルだ。

ロイドを実際に見たところ、かなりかっこよかった。でも、少しシュッとし過ぎているように感じた。確かにスーツスタイルには抜群にハマると思ったけど、僕はカジュアルでも使いたいなと思っていたから、今回は見送ることにした。

 

候補③ Jalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)98651

f:id:footmuji:20170220160135j:image

値段は税込36000円ほど。

いつもadidas originals のスタンスミスの27.5を少し大きめに履いている僕でサイズはUK7.5だ。

通常のグッドイヤー製法は機械縫いだけど、これは手縫いのハンドソーンウェルテッド製法で仕上げられている

なんとも言えない色気もあり、形としてはシュッとしているけど程よく丸みもあってカジュアルにも使えそうだ。

革質もいい感じで、店員さん曰く6〜7万円レベルの品質だとか。でも関税が無くて欧米に比べて人件費も安いインドネシアで生産しているから、コスパがめちゃくちゃ良いらしい。足にも合ったからコレに決めた!

f:id:footmuji:20170220161155j:image

ソールもイギリス製のダイナイトソールでいい感じ。雨の日も気にせずに履けて滑らないから、かなり実用的だ。

f:id:footmuji:20170220161232j:image

僕の愛用しているA.P.C.のニュースタンダードと合わせてみた。デニムにもよく合うからスーツスタイルだけでなく、カジュアルにもいけそうだ。

包み込まれるような感じはしたものの、今は履き始めだからまだ固くて、時間が経つと若干痛くなってくる時もあるから、履き心地はあまり良いとは言えない。でもこれから履いていけば、いずれ僕の足に馴染んでぴったりの靴になるだろう。手入れをしっかりして、長く愛用したいと思っている。この靴が馴染むころには、僕がしっかりした立派な大人になっていることを祈って。

 

追記:1年履いた感想

購入してから1年と数カ月、ジャランの革靴を僕は履きまくりました。

仕事で週二回、休日にも履くことがあったので、おそらく100日以上は履きましたね。

どんどん足に馴染んでいます。愛着もかなり湧いてすごく気に入っています。

一度ヒール交換をしましたが、ソールはまだまだいけそうですね。

これからも長く愛用したいですね。