One Style depot.

23歳社会人1年目の僕が、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【男のスキンケア】肌荒れ・ニキビを治すために僕が実践したスキンケアを紹介します

こんにちは。ヒロシです。

前にブログでも触れた通り、僕は昨年の冬頃に肌が荒れてしまいました。

肌荒れを治すために、ネット等で色々と調べて試行錯誤を繰り返し、今では肌荒れもかなり良くなりました。

その過程で僕が思ったのは、ネットには色々な情報が乱立していて分かりにくいということ。そして、おすすめされているものが値段の高いものだったり、あまり売っていないものだったりすること。

肌荒れやニキビは治したいけれど、なるべく簡単に治したいですよね。

だから今日は、僕が肌荒れを克服したスキンケア用品とその使い方を紹介します。

なお、紹介するものに関しては、

・値段が高くないこと

・比較的簡単に手に入ること

という2つの条件を満たすものになっています。

肌荒れ・ニキビに悩んでいる男性のみなさんに参考にしてもらえたら嬉しいです。

スキンケア用品は無印良品

僕が使っているスキンケア用品はすべて無印良品のものです。

無印良品は日本全国どこにもありますし、値段も高くないので、たっぷり使えます。

f:id:footmuji:20180407114940j:plain

「マイルド洗顔フォーム」で洗顔

f:id:footmuji:20180407115324j:plain

まず、肌の汚れを落とし、清潔にするために、「マイルド洗顔フォーム」で洗顔ですね。

しっかりと泡立てて、泡で洗う感じで洗顔をします。

泡立てる際はもちろん、「あわわ」を使ってキメの細かいもちもち泡を作ります。

「マイルド」という名前の通り、つっぱる感じも全くなく、すっきりと洗えるんですよね。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

化粧水をつける 

f:id:footmuji:20180407120006j:plain洗顔をしたら、「化粧水・敏感肌用 さっぱりタイプ」を顔全体につけていきます。

顔全体に水分を補給&保湿し、肌の調子を整えるためにも化粧水は必須。

僕は別売りの霧吹きを使って、顔全体に直接つけてから、満遍なく手で伸ばしています。

ケチケチせずにたっぷりと使います。無印の価格だからこそなせる業ですね。

乳液でしっかりと肌を保護する

f:id:footmuji:20180407120600j:plain

化粧水を顔全体になじませたら、今度は乳液を顔全体になじませます。

乳液は化粧水で補給した水分が逃げないようにするためにも必須です。化粧水で水分を補給し、乳液で蓋をするイメージですね。

10円玉くらいの量を手に取って顔全体になじませればOKです。

ここでのポイントは化粧水をつけてから1~2分後くらいに乳液をつけること。

化粧水が顔に浸透するまで少し時間がかかるからです。

これで終了です!

なお、僕はこれを朝と夜の2回行っています。

また化粧水・乳液でともに「さっぱりタイプ」なのでべたつかないので、本当に使いやすいですね。

髭剃りは電気シェーバーで

男性は日常的に(毎日)髭を剃らなければなりません。

毎日T字カミソリを使うと、肌をかなり痛めてしまいます。これも僕の肌が荒れてしまった一因でもあったんですよね。

だからやはり、肌へのダメージを減らすという意味でも、電気シェーバーは必須だと思います。中でも僕が使っているフィリップスは本当に肌にやさしいです。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

バランスの良い食事をとる

僕の肌が荒れてしまったのは、一人暮らしを始めて少し経った頃でした。

当初は料理もあまりできなかったので、スーパーでお惣菜を買って食べることが多く、バランスの良い食事ができていませんでした。

実家と比べて食事の質が落ちたことも、肌荒れの原因だと今になって思います。

だからやはり、野菜をたくさん食べてバランスの良い食事をとることが重要だと思いますね。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

それでもニキビができたら薬を塗る 

洗顔・化粧水・乳液の3ステップ、電気シェーバー、バランスの良い食事。

これらをしっかりと行っていても、ストレス等でニキビができてしまうことはあります。

そうなったら薬を塗りましょう(笑)。

あとがき

僕は大学生まで、たいしたスキンケアもやらなかったのに、ニキビはなく肌荒れの悩みもありませんでした。

でも、社会人になってから肌荒れに悩ませられるようになってしまいました。

肌が荒れていると出かけるのも億劫になりますし、なるべく顔を見られたくなくてずっとマスクをしていましたね。

だから、肌荒れで悩んでいる人の気持ちって痛いほどわかるんです。

肌の状態やタイプって人それぞれなので、この方法が一概に良いとは言えないかもしれませんが、是非参考にしていただけたら光栄です。