メンズファッション

【白Tほか】コスパ良好。無地Tシャツのおすすめブランド5選

こんにちは。ヒロシです。

春や夏になると出番が増えるアイテムといえば、「Tシャツ」ですよね。

春にはインナーとして、夏には一枚でサラッと。たくさんの人がTシャツを着ています。

普遍的なアイテムである「Tシャツ」。

とはいえ、Tシャツ1枚でもブランドによって価格差がかなりあります。

ユニクロやGUに行けば一枚1,000円くらいで買えますが、高級ブランドになると無地のTシャツ一枚で数万円なんてことも。

そんな感じで価格帯の幅が広いTシャツですが、今日はコストパフォーマンスに優れた無地Tシャツをリリースしているブランドを5つ厳選してご紹介します!

無地TシャツならパックT?

本題に入る前に。

最近だと、安価に手に入れることができる「パックTシャツ」が非常に人気ですよね。

「Hanes」や「Healthknit」、「FLOOT OF THE LOOM」といったアメリカのブランドからたくさんリリースされています。

前述の通り、Tシャツは消耗品的な側面があるので、手頃なパックTを購入してワンシーズンで着倒すというのも良い考えです。

とにかくパックTは安い(1枚あたり1,000円程度)ので、夏は高い服を買わずにお金をためておいて、秋冬にそのお金を使うというのも賢い選択かと思います。

とはいえ、やはり良いTシャツが欲しいという方もいるはず。

良いTシャツはパックTに比べて価格が張る分、着心地的にもシルエット的にも優れていますので。

TシャツをパックTで済ませても、お金をかけて良いものを選んでも、正解はありません。

ただ、僕はTシャツ1枚でも自分でこだわって選んだものを長く着たいので、いろいろなブランドをチェックしています。

しかし一方で僕を含めて、Tシャツにもこだわりたいけれど、そこまで高い金額が出せないという方も多いでしょう。

そこで、価格が手頃で品質やデザインの優れているブランドを選びましたので、そのようなブランドを知りたいという方は、是非以下を参考にしてみてください。

 

ここを選べば間違いなし!無地Tシャツのおすすめブランド5選(男女どちらも◎)

それでは紹介していきます。

いずれも1万円以下で購入できて、かつ品質的にも優れているコストパフォーマンスが高いブランドを選定しました。

内訳的にはドメスティックブランド4つ、インポートブランド1つです。

ちなみになぜ1万円かというと、Tシャツは肌に直接触れる分、洗濯の回数も増えるので消耗品的な色合いが濃いから。

となると、個人的にTシャツ1枚にかける値段は1万円くらいが妥当かなという判断をしました。

Tシャツ1枚に出せる値段は?5,000円以上1万円未満がコスパ高い?【パックT全盛期】こんにちは。ヒロシです。 夏にほとんどの人が着る服といえば、「Tシャツ」。 最近では、白いTシャツ1枚の着こなしが市民権を得...

とはいえ、今から紹介するブランドのTシャツ(カットソー)は評判が高いものばかりなので、数シーズンにわたって活躍してくれること間違いなしです!

CURLY

香川県発のカットソーブランド「CURLY」。僕もよく着ています。

CURLYは全てのアイテムをカットソー素材で作ってしまうほど、カットソーにはこだわりを持っているブランド。

となると、Tシャツにも強いのは想像できますね。

CURLYのカットソーは非常に着心地が良くてデザイン的にもディテールが凝っているのが特徴です。ちなみに僕も3枚持っています。

なめらかで光沢のある黒のカットソー

f:id:footmuji:20190305164629j:plain

(ちなみにこちらは「キレイナ」で修復してもらったもの )

宅配クリーニング「キレイナ」で服が復活する!実際に利用してみたこんにちは。ヒロシです。 所有する服はすべて一軍服で揃えている、ミニマリストの僕。 https://www.ponkotsu...

滑らかな中肉生地の白Tシャツ、

f:id:footmuji:20190225161645j:plain

そして少しガシッとしたオーバーサイズの白Tシャツ。

f:id:footmuji:20190225162134j:plain
服好きミニマリストの私服を全部公開します【合計15着】服好きミニマリストが持っている服を全て公開します! 合計15着で通年着まわしています。...

また、価格も魅力の1つです。

ドメスティックブランドだと無地のTシャツでも1万円以上することもザラなのですが、CURLYの場合は6,000円くらいから買えます。

僕が持っているものは3枚とも6,000円〜7,000円程度でした。

それでいて品質的にかなり高いのが嬉しいポイント。

上の2枚に関してはほぼオールシーズン着ていて3年目になりますが、まだまだ着られる感じ。本当にコスパが良いなと感じますね。

CURLYのTシャツは基本的にはかなりベーシックな形ですが、毎シーズン少しだけデザインや素材を変えてリリースされます。

立体的なシルエットや凝ったディテール等、普通すぎないの特徴的です。

それも複数の型・カラーで発売されるので、自分の好みのものがきっと見つかるはず。

最小サイズの「0」はレディースサイズなので、女性にもおすすめです!

BARNS OUTFITTERS

BARNS OUTFITTERS(バーンズアウトフィッターズ)は1985年にスタートした東京発のブランドです。

1950年代から現代に至るまでのアメリカの空気感が感じられるアイテムを、日本の職人の手で作っています。

バーンスの定番とも言えるのが、「吊り編みTシャツ」です。

f:id:footmuji:20190311164214j:plain

出典:https://shop.barns.tokyo/ja/category/t-shirts/br-1100.html

吊り編み機とは、昔ながらの旧式の編み機のこと。

吊り編み機は糸にテンションをかけないようにゆっくりと編んでいくため、吊り編み機で編まれたアイテムはふっくらとしていて肌触りが抜群です。

でも、吊り編み機では1時間に1mしか生地を編むことができないため、大量生産・大量消費社会の中で徐々に衰退していきました。

今では吊り編み機が現存する工場は非常に少なくなっています。

バーンズでは、そんな希少な吊り編み機を使った極上の着心地のTシャツが4,000円という安さで買えてしまいます。

やや細身のスタンダードなシルエットなので、インナーとしても一枚でも活躍すること間違いなし。

ベーシックで長く愛用できる、かつ手頃な価格のTシャツをお探しの方はバーンズがおすすめです。

Jackman

Jackman(ジャックマン)は福井県にある「田辺メリヤス」という工場を母体にしたファクトリーブランドです。

【コスパ抜群】職人気質のファクトリーブランド「Jackman」の5つの魅力こんにちは。ヒロシです。 最近、「Jackman」というブランドの服を購入しました。 このブランドの服があらゆる点ですばらし...

創業者がアメリカンベースボールに憧れてブランドを立ち上げたためか、どこかアメリカのタフな空気感がありますね。

f:id:footmuji:20190311164836j:plain

出典:https://pridestudy.com/SHOP/JA27.html

ジャックマンの定番のポケットTシャツも約4,000円と非常に手頃な価格。カラー展開も豊富です。

ややガサっとした自然な風合いがあり、やはりアメリカっぽさが感じられます。

フラップのついたポケットも個性的で可愛らしい感じですね。

ジャックマンは他にもコストパフォーマンスに優れたアイテムを多数展開しているので、気になった方は是非チェックしてみてください。

 

hand vaerk

hand vaerk(ハンドバーク)はニューヨークのカットソーブランドです。

元大手投資銀行家であったEsteban Sabaと、プラハの大学にてアートとテキスタイルデザインを専攻した妻 Petraの2人が2013年に創業しました。

f:id:footmuji:20190311165320j:plain

出典:https://www.eureka-jp.com/item/from-u-s/handvaerk-r62-crew-neck-t-shirts.html

ハンドバークのカットソーは光沢感と滑らかさが特徴ですね。

上質なペルーピマコットンを使っているので、強めのツヤがあって肌触りも抜群。

特に「ベージュ」の色味が絶妙です。綺麗な落ち感が出ているので上品に着こなすことができます。

ちなみに価格は8,000円程度。

ニューヨークのブランドなのですが、いわゆる「アメリカっぽさ」は感じられず、非常にエレガントなカットソーがリリースされています。

夏でも上品にまとめたいという方には非常におすすめです。

AURALEE

最後は説明不要、いま最も勢いのあるドメスティックブランドである「AURALEE」です。

素材に非常にこだわるオーラリーだけあって、素材の特徴がモロに出やすいカットソー類はやはり品質が高いですね。

でもオーラリーはTシャツ・カットソーの値段も高め…

かなり上質な素材を使っているので、半袖Tシャツでも1万円を超えてきますね。

【AURALEEは高いのか?】高い服にはそれなりの理由がある。良いものには相応の値段を払わないといけないメンズファッションの雑誌やWebメディアで見ない日はない程の人気を誇る、 “AURALEE”(オーラリー)。 いま最も勢いのあるド...

しかし、オーラリーのTシャツでも7,000円くらいで買えるものがあるのです。

それが、僕も持っている「シームレスカットソー」。

f:id:footmuji:20190225160545j:plain

シームレスカットソーは、オーラリーがブランド立ち上げ時から毎シーズン定番で出しているアイテム。僕が持っている5部袖の他に、半袖や長袖、ノースリーブ(レディース)もあります。

f:id:footmuji:20190311165747j:plain

出典:https://wear.jp/item/21072153/

肌触りが柔らかくてめちゃくちゃ気持ち良いですし、独特のヌメリのある生地感がたまりません…

また、洗濯を繰り返しても型崩れ等しないので、昨年の夏はヘビーユースしていました。今年もたくさん着る予定です。

上品さと丈夫さを兼ね備えているオーラリーのシームレスカットソー。

リラックスしているのに、どこか上品さを感じられるような絶妙なTシャツをお探しの方は、オーラリーをおすすめします。

ちなみにヒロシももう一色の買い足しを検討中です。

 

あとがき

Tシャツやカットソー1枚でも、価格帯も様々ですし、素材やデザインも様々。

パッと見た感じは似ていても、随所にブランドのこだわりが垣間見えるのも面白いポイントですよね。

僕はオールシーズン半袖の無地Tシャツを着ている人間なので、Tシャツ・カットソー系についてはこれからも色々とチェックしようと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です