One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【ミニマリスト】モノよりも人間関係の断捨離が最も効果的である3つの理由

f:id:footmuji:20181023194838j:plain

こんにちは。アマチュアミニマリストのヒロシです。

ストイックなミニマリストにはまだまだ及ばないながら、持つ現金を減らし、服を減らし、その他大勢のモノを減らし…と、断捨離を実行してきたミニマリストの僕。

そんなミニマルライフの心地よさを実感してきた最近ですが、最も効果的なのは「人間関係の断捨離」であると気づいたのです。

人間関係の断捨離が最も効果的である3つの理由

疲れない

人間関係って疲れますよね。

  • 多少の付き合いがあるだけで信頼しているわけでもない人でも、その人の話に合わせて作り笑いをしないといけない。
  • たいして仲良くもないのに共通の知人がいると、その大して仲良くない人ともなんとなく波長を合わせないといけない。
  • グループとしての調和を乱さないために、当たり障りのないことしか言えない。

 

人間関係ってストレスの素になることが多いです。

大学生とかだと、「仲良しグループ」なるものが形成されて、そのグループで多くの時間を行動したりということも少なくないのでは?

こういった持続的でもない人間関係をスパッと断捨離できれば、もっと自由にもっと楽しく生きることができると思います。

お金がかからない

人間関係の持続にはお金がかかります。

職場内での懇親会、大人数での飲み会、付き合いで行く合コン…

自分が大して信頼もしていない人との関係性を持続させるために、出費がかさんでいくのです。

その結果、自分が働いて稼いだお金なのに、本当の意味で自由に使えるお金は少なくなってしまいます。

でも人間関係を断捨離することで、こういった会合等に出ることがなくなるので、自分の好きなようにお金を使うことができるのです。

 

大切な人に多くの時間を費やすことができる

最大のポイントがこれ。

人の時間は共通して1日24時間しかないのです。1年は365日ですし、80年もすればぽっくり死にます。

その限られた時間の中で、浅い付き合いの人に時間を取られてしまったら、それだけ自分が大切な人や、自分のことを大切に思ってくれている人に時間を割けないということです。

なんとなくの付き合いの人間関係しか構築できていない人は、自分が困っている時や苦しんでいる時に親身になってくれたり、助けてくれたりはしません。

自分自身もそうですよね。

浅い付き合いの人から悩みごとや困りごとを相談されても、「え?なんで俺?そんな仲良くないじゃん…」となります。

一方、自分が大切に思っている人や自分のことを大切に思ってくれている人は違います。親身になって話を聞いてくれますし、本気で助けようとしてくれます。

そう考えると、自分の大切な人のために時間を集中的に使ったほうが絶対良いです。。

しょうもない浅い付き合いの人のために時間を割くのって本当に馬鹿らしくなってきませんか?

人間関係の断捨離をする最大のメリットは、自分の大切な人のために多くの時間を割くことができるということなのです。

積極的にまわりの人とお付き合いをした方がいい。そういう価値観もある。

たとえ心がつながっていない便宜上の人間関係でも、いつ誰のお世話になるかわからないからコミュニケーションを絶やすなという考え方だ。

でも無理に明るく振る舞って人に調子を合わせ続けるくらいなら、"付き合いの悪い奴"というレッテルを貼られた方がマシだ。

付き合いを断って確保した貴重な時間を自分や大切な人のために費やした方がいい。

メールが来て、返事をしないのは気が引ける。

電話も応答せずにいるのは難しい。

人とのつながりが生まれると同時に、自分の時間を失う。

つまり人生の一部が他人の持ち物になってしまうんだ。

そもそも"単なる知り合い"はそんなにたくさん必要ない。

広く、浅くの人脈がもたらしてくれるものは、知り合いがたくさんいるという安心感だけ。

集めただけの名刺の束に意味はない。なにも想像してくれない。

変人になると少しだけ孤独になるが、他人に合わせるための仮面から解放され、本当に大切な人が誰かがわかるようになる。

ー自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと(四角大輔)

 

あとがき

ライフスタイルやファッションについて発信しているヒロシですが、仕事や人間関係でのストレスのせいか、朝ベッドから起き上がれず、仕事になかなか行けないという状態に陥りました。

今も回復したとは言えないのですが、信頼している家族や友人等にこのことを包み隠さず話したことで、少しずつ良くなっている気がします。

この経験を経て、上辺だけの浅い人間関係がいかにつまらないものか実感しました。

そしてそのつまらない人間関係を捨てて、自分と自分の大切な人に少しでも多くの時間を割きたいと思ったのです。

今までモノの断捨離をしてミニマリストになった気になっていたヒロシですが、これからは人間関係の断捨離も決行し、本当の意味での「ミニマリスト」を目指します。