One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

セレクトショップのアウトレットで服を買う時に注意すべきたった一つのこと

こんにちは。ヒロシです。

あと1カ月もすれば冬のボーナスの時期ですね。

ボーナスで何を買おうかなと思いを巡らしている方も少なくないのでは?

ボーナスの時期に限らず、服等のファッションアイテムを買う際にアウトレットモールを訪れる方も多いと思います。

服がお得に買えるイメージのあるアウトレット。

でもアウトレットで買い物をする際には注意しないといけないポイントがたった一つあります。

それはアウトレット店舗には、アウトレット専売品が多く売られているということです。

 

セレクトショップのアウトレットにはアウトレット専売品も多い

f:id:footmuji:20181114014801j:plain

www.chibacity-ta.or.jp/spots/outlet-makuhari

アウトレットモールには、ビームスやユナイテッドアローズ、シップス等の大手セレクトショップのアウトレット店舗が並んでいます。

こういった大手セレクトショップは、オリジナル品(セレオリ)でも服の値段としては一般的に考えて高めです。

  • シャツ:10,000円
  • ボトムス:10,000~15,000円
  • アウター:20,000~40,000円

くらいがボリュームゾーン。ファストファッション等からしたらかなり高価と言えますね。

アウトレットというと、こういった価格帯のアイテムが安く買えると思いがちですが、そうではなく、アウトレット専売品が多くを占めているのです。

アウトレット専売品は、通常店舗に売っている商品(一般的なセレオリ)よりも価格を3割~5割程度抑えてありますが、その分だけ品質も落ちます。

 

ブランドの名前で買わない方が良い

アウトレットに来る意味は、良い商品を定価よりもお得に買えることにあります。

それなのに、定価が抑えてある分だけ品質も劣るアウトレット専売品を購入してはあまり意味がありません。

「ビームスってタグが付いてるからおしゃれ」というようなブランド主義のスタンスでいると、アウトレット専売品を購入するというようなことが頻発するでしょう。

アウトレット専売品でも本当に気に入って購入したのならば良いと思うのですが、アウトレットでの買い物における失敗を減らすには、ブランドネームを考えずにフラットな目線で商品を見ることが重要です。

アウトレット専用のレーベルで見分けられる

セレクトショップのアウトレットにおいて、商品がアウトレット専売品かどうかは、商品タグを見れば、レーベルによってある程度見分けることができます。

大手セレクトショップで言うと、

  • BEAMS:BEAMS HERAT
  • UNITED ARROWS:A DAY IN THE LIFE
  • URBAN RESEARCH:ITEMS

といったところですかね。

他にもSHIPSは、アウトレットオリジナルの表記が値札にあるので分かりやすいです。

値札に値下げの形跡があるかでも分かる

でも一方で、アウトレット専用レーベルが無い大手セレクトショップもあります。nano universeなんかはそうですね。アーバンリサーチもITEMSの記載がないアウトレットオリジナル商品があった気がします。

そういった場合は、値札に値下げの形跡(~%OFF等の表記)があるかどうかで判断しましょう。

そういった表記がなく、定価のみ記載の場合はほぼ間違いなくアウトレット専売品です。逆に値下げの形跡があるものは通常店舗でも販売されていた「アウトレット品」ということになります。

 

本当のアウトレット品もある

最近、大手セレクトショップのアウトレット店舗には、アウトレット専売品が多くなっています。

そういった商品は、通常店舗で販売されている商品に比べて価格が安い分、かなり品質的に劣るのは否めません。

ですが一方で、ちゃんとしたアウトレット品(セレオリ品)も販売されてあります。型落ちのセレオリ品の場合はタグを見ればだいたい分かりますし。

  • BEAMS:タグが"BEAMS"、"BEAMS LIGHTS"、"B-MING LIFE STORE"等
  • UNITED ARROWS:タグが"UNITED ARROWS"、"BEAUTY & YOUTH"、"green label relaxing"、"monkey time"、"EN ROUTE"等
  • URBAN RESEARCH:タグが"DOORS"、"ROSSO"等
  • SHIPS:タグが"SHIPS jet blue"等

レーベルがオリジナル商品としても通常店舗で展開している以上のようなものであれば、ほぼ間違いなくセレオリのアウトレット品になるので、こういった商品を選べば、お得に買い物ができるということです。

でも中にはアーバンリサーチやシップスのように、紛らわしいものもあるので、事前にオンラインショップ等で定価のおおよその価格帯を調べておくと安心ですね。

中にはお宝も…

これまでセレクトショップのアウトレットを少し批判的に書いてきましたが、まれに本当のお宝もあります。

今までだと僕は、人気ドメスティックブランド"COMOLI"の名作「タイロッケンコート」や"semoh"(セモー)のウールカシミア素材のステンカラーコートを見たことがあります。

つまり、セレクト品で売れ残ってしまった商品がアウトレットに回ってくることもあるのです。

コモリのタイロッケンにしても、セモーのステンカラーコートにしても定価は10万円ほどしますが、どちらも50%OFFになっていました。(サイズが合わなかったため購入を断念しましたが…)

また、以下の記事でも触れたジャランスリワヤのUチップ。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

こちらの革靴はユナイテッドアローズのアウトレットで購入したものです。

ジャランの革靴は普通はセールにかからないので、お得に買えて超ハッピーでした。 

 

アウトレットはあくまで宝探し的感覚で楽しむのが良い

アウトレットでの買い物の醍醐味は「宝探し」的な感覚にあります。

あれだけ膨大に売っている服の中からいかに価値のある商品を探し出すか…ということです。

僕が見つけたコモリのタイロッケンやセモーのステンカラー、そして購入したジャランの革靴などなど、本来ならば定価で完売してしまうようなアイテムをお得に買えるかもしれないアウトレット。

こういった商品を見つけ出すのが、アウトレット店を見る上での何よりも面白いポイントかなと。

アウトレットで買い物をする際には、妥協して買い物をしないことが何よりも大事です。自分が本当に納得したのならば、アウトレット専売品を購入するのも良いでしょう。

でも、アウトレットには多くを期待するのではなく、あくまで「宝探し」をする感覚で買い物に行くと、より楽しめるかもしれません。