One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

品揃え豊富な大手セレクトショップよりも個人経営の小さなお店に魅力を感じる理由

f:id:footmuji:20180324151414j:plain

http://tokyosamplesale.com/index.html/?p=5475

こんにちは。ヒロシです。

このブログのメインテーマになっている「ファッション」。僕はドメスティックブランドの洋服が大好きです。

また、僕は洋服のみならず、革製品や雑貨など、ファッション全体が好きなので、買う買わないは別として、色々なお店を見に行きます。

規模の大きな大手セレクトショップは勿論、個人で経営されている小さなセレクトショップにも足を運びます。

もちろん大手セレクトショップにも良さはあるのですが、僕は小さなお店の方に魅力を感じるんですよね。

大手セレクトショップの良さ 

都市圏に多くある大手セレクトショップ。代表的なところだとビームスやユナイテッドアローズ、エディフィス等でしょうか。

豊富な品揃え

やはり品揃えは豊富です。カジュアルスタイルからスーツスタイルまで、オンオフを問わず1つのお店で揃いますし、洋服のみならず、靴や小物、雑貨も含めて幅広く取り揃えてあります。

お洒落な雑貨類が多いのでプレゼント選びにも最適。

また、小さなお店よりも仕入れることのできる数も多い印象ですね。

品揃えが豊富なので、僕も結構な頻度で足を運ぶことが多いです。実際に、僕が超気に入っているテアトラのデバイスコートは、大手セレクトショップのエディフィスで買いました。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

手頃なオリジナル品

セレクトされた品から着想を得て作られたセレクトショップのオリジナル品(通称セレオリ)は、手頃な価格ながらデザインの良いものが多いです。

今はファストファッション全盛のこの時代に、ファストファッションブランドとドメスティックブランドの間に位置する価格帯のセレオリは、少しだけ良いものを着たいという消費者のニーズにもぴったり。

僕も大学生のころは、よくセレオリを着ていました。

 

それでも個人経営のお店に惹かれる理由

上に書いたように、大手セレクトショップには良さがあると思います。

品揃えが豊富だから、幅広い選択肢が用意されている。

手頃な値段の商品もある。

それに比べて、個人経営のセレクトショップは、大手よりも品揃えはよくないし、セレクトしたブランドの品物を売っているから、セレオリに比べると値段も高い。

それでも僕は、個人経営の小さなセレクトショップに惹かれてしまうんです。

販売員=バイヤー だから話が面白い

セレクト品に関して、大手セレクトショップの場合は、店のバイヤーが商品をセレクトし、それを店舗で販売員が売るという流れになっています。

それに対して、個人経営の場合は店のオーナーが商品のバイイングから販売までこなしているんですよね。

つまり、オーナーが展示会等で実際に見たり試着したりして、本当に良いと思ったものを仕入れて、その時の感想等を踏まえて接客してくれるんです。

ブランドのこだわりやデザイナーのバックグラウンドは勿論、オーナーがその商品に惹かれたポイント等を教えてくれるので、服が好きな僕としてはそういう話を聞くのが本当に面白い。

今では通販サイトで、商品の特徴について記載されていますが、それ以上の情報を消費者に伝えてくれるんです。

知らなかったブランドに出会える

前述の通り、個人経営のお店の場合は、オーナーさんが自分で本当に良いと思ったブランドの商品をお店に置いています。

その中には、決して有名ではないブランドの商品が含まれることも多数。

大手セレクトショップには、ある程度知名度のあるブランドの商品が並んでいる印象を受けますね。大手で取り扱ってもらうためには、ロットの問題も絡んでくるのかもしれません。

知名度はないながらも、良いモノづくりをしているブランドってあります。オーナーさんの独自のコネクションによって、そういうブランドに出会う機会をくれるのも、個人経営の小さなお店の強みだと思います。

買い物にストーリー性が付与される

これは上の二つにも関連しますね。

ふらっと訪れた小さなセレクトショップで、自分の知らなかったブランドの商品に出会って、その商品の良さをオーナーさんが丁寧に教えてくれて、結果としてその商品を心から気に入って購入に至る…

なんか素敵な話だと思いませんか?ストーリーがあると思いませんか?

僕の体験上、こういうストーリーの末に購入に至った服って結果としてずっとクローゼットに残り続けるんですよね。

ネット通販全盛の今の時代だからこそ、こういうストーリー性を付与できるというのが実店舗の利点だと思います。

あとがき

今はファストファッション全盛で、服が売れない時代と言われており、個人でセレクトショップをやるって本当に厳しいことだと思います。

でも、服の良さを伝えてくれる小売店ってブランドと消費者をつなぐ重要な存在だと僕は思っています。

その中でも、独自のセンスでセレクトされた商品を並べている、個人経営のセレクトショップって本当に貴重で、素敵な場所だと僕は思っています。

個人経営の小さなお店って、大手に比べるとお店にいるお客さんも少ないですし、独特な雰囲気を放っている場合もあるので、なかなか入りにくい場合もありますが、少し勇気を出して入ってみると、素敵な空間が広がっています!!