One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【2ステップ】異性(男⇔女)からのしつこいデート・食事の誘いをうまい具合に断る言い訳

f:id:footmuji:20180828221558j:plain

こんにちは。ヒロシです。

女性なら男性から、男性なら女性から食事に誘われることってあります。

誘いに対して乗り気なら良いと思うのですが、直感で「行きたくない」と思う場合もしばしば。

かと言って、相手に興味がない、行きたくない等とダイレクトに言うのは気が引ける。

そんな風に思いますよね。

つまり、誘ってきた相手を否定することなく、やんわりと誘いを断りつつ、自分が相手に興味がないことを示唆し、今後しつこく誘われるのを回避する必要があるのです。

ステップ1:数回断っても誘いが来るとき

「〇〇ちゃん!✕✕日ご飯行かない??」

こんな感じで誘いが来ることってあります。

「その日は先約が…」

「その日は仕事が…」

などの理由で何回か断っていても、しつこく来る場合もありますよね。

「最近忙しいので、時間できたらこっちから連絡します!!」と断る

「時間ができたら自分から連絡する」と相手に伝えることで、相手からの誘いをシャットアウトさせます。

このように言うことで、「今は忙しい=近日中は無理」ということと、「時間ができたら=自分に対する優先度は低い」ということを暗に理解させます。

まぁ何回か断られてこのように言われたら、大抵の場合は自分に興味がないんだなって気づくもんです。

その時点で多くの場合は相手が身を引いてくれるでしょう。

 

ステップ2:ステップ1を経てそれでも誘いが来るとき

「こっちから連絡します」と言っても、さらにしつこく誘いが来る場合があります。

単に頭が悪いのか、そこまで気に入ってくれているのか、状況は様々ですが。

「潔癖症だから外食できない」アピールをする

「私外食って無理なんだよね。どこで採れた食材を使っていて、どんな人口の成分が入ってるかもわからない、どこの誰が作っているかもしれない食事をとるなんて怖くて無理」

「どこの誰が使ったかもわからないフォークやお箸を使っての食事なんて絶対無理」

このように、重度の潔癖症で外食できないということをアピールすれば、食事の誘いを完全シャットアウトできます。

ここまでの潔癖症ってなかなかいないからこそ、相手からしたらかなり衝撃的でしょう。

ただ、これはある意味で諸刃の剣かもしれません。

共通の知人がいる場合は嘘だとバレる可能性もありますし、悪い噂が仲間内で広まる可能性も。

だから、共通の知人がいない間柄の人からしつこく誘われている場合に限るのが無難でしょう。

あとがき

「誘う側のセンス」って僕はすごく大事だと思います。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

相手が逃げられない or 相手が逃げる言い訳を考える必要のあるような誘い方ってセンスがない。

だから、相手が断りやすいような誘い方を心がけることも大事かなと思うんですよね。それも思いやりです。

まぁしつこく誘いが来るということは、相手がそれだけ自分を気に入ってくれていることともいえるので、騙されたつもりで行っても良いのかもしれませんが、直観で行きたくないと思ったら、その直感を信じるのも良いでしょう。

まぁどうするかはその人次第ですが、誘いを断る際の理由を考えるのって結構エネルギーを使うので、その際の参考になれば幸いです。