就活生が革靴にお金をかけるべき5つの理由【おすすめ革靴も】

こんにちは。ヒロシです。

いま社会人2年目の僕が就活をしていたのはもう3年前のこと。時が経つのは早いですね…

それはそうと、男子大学生が就活をする際は普通スーツを着ます。

そのとき必ず必要になるのが「革靴」ですね。

就活生が革靴にお金をかけるべき5つの理由

毎日スーツを着て動き回り、説明会や面接をたくさんこなす就活生。本当にお疲れ様です。

大学生ということであまりお金はないかもしれませんが、スーツよりも革靴にお金をかけましょう。

良い革靴を履いていると自信を持って面接に臨める

僕も就活を経験しているからこそ分かるのですが、ライバルとなる周りの大学生の中で、良い靴を履いている人はほとんどいません。

かかとが潰れた靴の人…

ギョウザみたいな靴の人…

f:id:footmuji:20190106175640j:plain

出典:http://sea-bird.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e74b.html

スニーカーのようななんちゃって革靴の人…

f:id:footmuji:20190106175408j:plain

出典:http://sea-bird.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e74b.html

などなど、変な靴を履いている人がたくさんいます。

ここまではひどくなくても、汚れている靴、変にとんがっている靴、サイズがガバガバの靴を履いている就活生が本当に多い。

そんな中、自分がしっかりと磨いた良質な革靴を履いていれば、

「良い靴を履いた俺が、こんな靴を履いている奴らに負けるわけがない」

という自信が湧いてくるのです。

面接で大事なことは、自信をもってしっかりと話すこと。

良い靴を履くことで、面接に自信をもって臨めるというメリットがあるのです。

スーツが安くても様になる

全体を見た時に、スーツと足元が占める面積って9:1くらいですが、「おしゃれな足元から」という言葉があるように、靴が全体の印象に及ぼす影響は意外と大きいです。

どんなに良いスーツをピシッと着ていても、靴がボロボロだったら全体の印象が台無しでしょう。

イギリスでは、あまりお金のない若者はスーツを3万円に抑えて、5万円の革靴を履くと言われているほど。

特に就活生はみんな同じような黒や紺のスーツを着るので、靴が与える印象ってかなり大きいのではないでしょうか?

スーツは安いものでも、しっかりとサイズが合っていて清潔感があればそれなりに見えるます。

そこで良い靴を履いて全体の印象を引き締めてあげれば、より好印象になるでしょう。

圧倒的に歩きやすい

足にぴったりと合った良質な革靴は本当に歩きやすいです。

グッドイヤー製法の本格的な革靴は履き始めは固いですが、履いているうちに徐々に足に馴染んでいくので、履き心地がどんどん良くなります。

インソールも自分の足の形に沿う様に沈んでいきますし、革も伸びてくれるので歩きやすさが増していくんですよね。

「ぴったり合った良質な革靴はスニーカーよりも履きやすい」と言われるほど。

就活を進めていくにつれてどんどん履きやすくなるので、内定をもらう頃には自分だけのオンリーワンの靴になっているでしょう。

単純にカッコいいからテンションが上がる

安い靴よりも単純にカッコいいんですよね。

f:id:footmuji:20190106182151j:plain

これは僕が就活を始める前に購入した「スコッチグレイン」のストレートチップの革靴です。

約3万円というリーズナブルな価格帯の革靴ですが、なかなかカッコいいと思いませんか?

もちろん履き込んで手入れを行ってきたというのもありますが、安い革靴と比べて単純に雰囲気があってカッコいいのでテンションが上がります。

決して楽しくはない就活ですから、カッコいいものを身につけてテンションを上げて臨んだ方がお得です!

就職してからも長く愛用できる

良い革靴ってしっかりと手入れをしながら履けば10年くらいは持ちます。

つまり就活の際に良い革靴を買っておけば、就職後も履けるということです。

もちろん僕が就活に際して購入した、上の「スコッチグレイン」の革靴は今でも大事に履いています。

でも安い革靴は基本的に消耗品なので、就職活動で履きつぶしてゴミ箱行きではないでしょうか?

せっかく一緒に就職活動を戦う道具なのですから、良いものを購入して末永く愛用した方が愛着も湧きます。


 

就活生におすすめな革靴

就活生にはどんな革靴がおすすめなのか、具体的に書いていきます。

就活生にぴったりの革靴の製法・形

「就活生は革靴にお金をかけるべき」と書いてきましたが、具体的にはどのような靴がおすすめかというと…

  • グッドイヤーウェルテッド製法の革靴
  • 内羽根ストレートチップか外羽根プレーントゥ

の革靴です。

だいたい3万円から買うことができます。

グッドイヤーウェルテッド製法は、本格的な革靴に用いられる製法で、

  • ソールの張替が可能だから長く履ける
  • インソールが足の形に沿って沈んでくれるので履き心地がどんどん良くなる

という特徴があります。

質実剛健な雰囲気があるので、何よりカッコいいのです。

そして、内羽根ストレートチップ外羽根プレーントゥというのは靴の形です。

内羽根ストレートチップは下の写真のような形。

f:id:footmuji:20190107003241j:image

最もフォーマルな形なので、迷ったらこちらがおすすめ。就職してからのことを考えると、一足持っていると重宝します。

また外羽根プレーントゥは、

f:id:footmuji:20181218184015j:plain

こんな形。ちなみにこれは「ジャランスリウァヤ」というブランドのものです。

【革靴の経年変化】Jalan Sriwijayaの黒プレーントゥ(2年)こんにちは。革靴好きのヒロシです。 大学4年生の頃に購入した"Jalan Sriwijaya"の革靴を履き始めて、気づいたら約2年...

内羽根ストレートチップよりもカジュアルな形ですが、冠婚葬祭や就活でも履けるので、ON-OFF兼用できるものが欲しいという方におすすめ。

就活生(大学生)でも買える3万円代の本格革靴

良いものは10万円を超える革靴ですが、前述のような要件を満たした本格的な革靴は、3万円くらいから買うことができます。

こちらの記事では5つのブランドを紹介していますが、特におすすめなのは、僕が持っている「スコッチグレイン」と「ジャランスリウァヤ」の2つ。

ともに革質が良くて手入れのしがいがありますし、英国靴にも似た雰囲気があるカッコいい靴なので、最初の革靴入門に本当におすすめです。

また、どんなに良い靴でもサイズ感を間違うと台無しなので、しっかりとフィッティングをして、ややタイト目(きついかな?という程度)のものを買いましょう!

革靴のサイズ選びに迷ったら、きつめのタイトなサイズ感のものを選ぶべしこんにちは。革靴好きのヒロシです。 以前に、革靴を買うなら3万円以上のグッドイヤーウェルト製法のものを買うべきだという記事を書きま...

あまりお金がかけられない人には1万円の「KENFORD」がおすすめ

「それでもお金がなくて革靴に3万円もかけられない…」

という就活生もいるでしょう。懐事情はそれぞれですからね。

そういう方には、KENFORDというブランドの革靴がおすすめです。

1万円という低価格にもかかわらず、良い面構えをしている靴です。

ストレートチップなので冠婚葬祭にも対応可能。

また、革靴は1足だけを履いているとすぐにダメになってしまうので、ローテーション用としてもかなり使えます。

あとがき

革靴好きの僕ですが、初めて本格的な革靴を購入したのは大学3年生の冬ごろ。つまり、就活を目前に控えた時期でした。

なぜ自分が良い靴を履こうと考えたのかは覚えていませんが、周りの就活生よりも良い靴を履いていたことで、自信を持って面接に臨むことができましたね。

これからインターンや就活に臨む大学生の方には、是非良い革靴を履いて、自信を持って面接に挑んでほしいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です