One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【定時ダッシュ】残業せずに定時に帰れば、平日でもできることがたくさんある!!

こんにちは。最近残業がやや多めのヒロシです。

サラリーマンをやっている以上、やらなければならない時がある「残業」。

僕の職場はさほど残業が多いわけではありませんが、最近仕事が忙しくて残業がやや多めになっていました。

残業をしていると、家に帰るのがだいたい9時半~10時頃になってしまいます。

そうなってくると、適当に夕食を済ませ、風呂に入ってちょっとゆっくりしていると12時頃になり、次の日に備えて寝なくてはいけない時間になっているのに気づきます。

そしてまた残業…

こんな毎日を繰り返していた中、先日久々に定時に帰ってみたところ、平日でも色々なことができるんだなと実感しました。。。

定時で帰れば平日でもできること

f:id:footmuji:20180808212425j:plain

ちなみに僕は定時で帰った場合、6時過ぎくらいには家に着きます。

ということは、12時に寝るとしても家で6時間弱という時間が使えるということになります。

ご飯をちゃんと作って食べる

結構料理が好きな僕。

このブログでも料理について色々書いています。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

でも、残業をして帰りが遅くなってしまうと、時間もありませんし、疲れで料理をする気が起きず、結果としてスーパーの弁当等で晩ご飯を済ませてしまいがち。

でも、ちゃんと定時帰れば、自分の選んだ食材で、自分の好きな料理をじっくり作って味わうことができます。

少し手の込んだものも作れますし、簡単なものなら3品程度は作れます。

料理ってストレスの解消にもなるのでおすすめです。

映画を見る

家に帰って6時間もあるなら、映画も1本くらい見れちゃいます。

映画館に行くのはちょっと億劫でも、今はAmazonプライムビデオで手軽に映画鑑賞を楽しむことができます。

映画鑑賞って休日にしかできないことのように感じますが、定時で帰ればそんなことありません。

仮に映画鑑賞に2時間使っても、他のことに4時間も使えますね。

ブログを書く

いま僕はブログを書いていますが、この日は定時に職場を出ました。

定時に帰れば余裕を持ってブログを書くことができます。

まぁ残業した日でも書きますが(もうブログがほぼ習慣化しているので)、書いている時のリラックス具合が全然違います。

定時で帰った日に書くブログは残業した日に比べて楽しいですし、キーボードを打つ手も軽いです。

運動をする

定時で帰ることのできた日は、体力的にも時間的にも運動をする余裕ができます。

運動をして汗をかくことは、身体に良いのは勿論のこと、めちゃめちゃすっきりします。

運動をした後に食べるご飯はおいしいですし。

僕も定時で帰れた日には、趣味であるランニングをすることがあります。

www.ponkotsu-hitomishiri.com

 

ほど良い気持ちの良い疲れを感じることでよく眠れ、次の日からの仕事にリフレッシュして臨むことができます。

家族や友人、恋人と過ごす

定時に帰ることができれば、家族や友人、恋人といった親しい人と過ごす時間を作ることができます。

平日でありながらも、誰かに会っておいしいものを食べに行ったりして楽しい時間を過ごすことができるって良いですよね。

まぁ予定を合わせる必要がありますが、休日にどこか出かけるのとはまた違った楽しみがあるのではないでしょうか。

また、平日ならば次の日を考えて夜に数時間会って切り上げられるのもポイント。

ダラダラとせずに効率的に親しい人と過ごす時間を作れるのって、平日ならではです。

 

定時に帰れば平日でも休日と同等のことができる

僕が上に書いたことって、多くの人が休日にすることではないでしょうか(ブログを書くのはブロガーだけですが)。

つまり、定時に帰ることができれば、休日と同様のことができるということです。

なにも自分のやりたいことを休日がくるまで待たなくても良いって最高です。

まぁ残業をすれば残業代は出るでしょうが、平日も楽しく過ごした方がQOLって上がるんじゃないかと思います。

まぁ本来であれば定時で帰るって当然なんですが、日本の労働環境はそうではない場合がほとんどなのが現状。

そんな中でも、平日も好きなことをする時間を作るために、昼間は仕事に集中し、なるべく定時に帰ることを心がけたいと改めて思いました。