バルクオム

バルクオムの洗顔泡立てネットが神だった【泡立て器あわわと比較レビュー】

こんにちは。ヒロシです。

「顔は手ではなく『泡』で洗え」

スキンケアでよく言われることですよね。

これは、顔を手でゴシゴシと洗うと肌に大きな負担がかかるため、結果として肌トラブルにつながってしまうから。

顔を洗う際には洗顔料をしっかり泡立てて、肌の上にその泡を転がしていけば、肌に負担を与えずに皮脂汚れ・毛穴汚れもしっかりと取れます。

 

そこで、洗顔の際には「泡立てネット」が重要になるわけですが、Amazon等の評価が特に高いのが「バルクオム」の洗顔ネットです。

バルクオムの洗顔用泡立てネット

バルクオムの定期便に入っているもので、僕も日々使っているこちら。

口コミ等では高評価の声が大きいですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回はこのバルクオムの泡立てネットの実力を検証するために、テレビでも話題の泡立て器「あわわ」と比較していきます。

created by Rinker
バルクオム (BULK HOMME)
¥660
(2019/11/13 08:01:40時点 Amazon調べ-詳細)

バルクオムの洗顔用泡立てネット「ザ・バブルネット」について【特徴・使い方】

バルクオムの洗顔用泡立てネット

まずは簡単に、バルクオムの泡立てネット「ザ・バブルネット」について触れておきます。

 

この泡立てネットは、200mm大という特大サイズ&網が4層構造になっているのが特徴。

また、編み地も非常に細かいです。

バルクオムの洗顔用泡立てネット

(見づらくてすいません)

濃密な泡がカンタンに作れる上に、破れにくく耐久性にも優れていると評判です。

触っただけでも分かりますが、明らかにその辺に売っている洗顔ネットとは一線を隠していますね。

網の密度や全体の分厚さ、そして包み込まれるような触感。

使い方

使い方は普通の泡立てネットと全く同じです。

  1. 泡立てネットを水でしめらせる
  2. 洗顔フォームをネットにとる
  3. ネットをわしゃわしゃこすって泡立たせる

どれくらいの泡が立つのか、以下では「あわわ」と比較します。

created by Rinker
バルクオム (BULK HOMME)
¥660
(2019/11/13 08:01:40時点 Amazon調べ-詳細)

バルクオムの洗顔泡立てネットとawa-hour(あわわ)の泡立ちを比較

バルクオムの泡立てネットは600円(税抜)と、洗顔用泡立てネットの中では高価格帯。

なので、100均などに売っている普通の泡立てネットと比べても仕方ないわけですよ。

値段が違うんだから、バルクオムの方が泡立つに決まっています。

そこで今回は「泡立てネット」ではなく、東急ハンズ等における超人気商品の泡立て器「あわわ」と比較していきます。

言わば「異種格闘技戦」ですね。

ちなみに公平を期すため、洗顔料は無印良品の「マイルド洗顔フォーム」を使用しました。

バルクオムの洗顔用泡立てネット

同じバルクオムの洗顔料だと、相性の問題があるかもしれませんからね。

①あわわの泡立ち

洗顔料の泡立て器として、僕が長らく使ってきたマイクロバブルウォーマー「あわわ」。

あわわ

ちなみに価格は1,000円ほどになります。

使い方はとてもカンタン。

洗顔料と水を入れて、矢印のスティックを上下に振っていくだけです。

あわわの泡立ち

カップに溢れんばかりの泡ができていますね。

あわわの泡立ち

やはり人気商品だけあって、しっかりとした泡立ちです。

顔につけてみると…

あわわの泡立ち

こんな感じ。

泡立ちとしてはなかなか良い感じですが、泡自体がやや水っぽく、モチモチ感は控えめです。

写真でも、泡にふっくら感があまりないのがお分かりいただけるかと思います。

 

というのも、あわわは使い方自体は簡単なのですが、水を入れる量の調整が結構難しいんですよね。

水が多いとどうしても水っぽい泡になってしまい、十分に泡が立ちません。

今回はそこまで失敗というわけではありませんでしたが、やはり水分量が多いのは気になりました。

②バルクオムの洗顔用泡立てネットの泡立ち

次にバルクオムの洗顔用泡立てネットの泡立ちです。

バルクオムの洗顔用泡立てネット

前述したように、ネットを水でしめらせてから洗顔料をつけ、わしゃわしゃ擦りつけていきます。

すると…

バルクオムの洗顔用泡立てネット

いい感じの泡立ち!

400円ほど高い「あわわ」にも引けを取らないくらい泡が立っています。

泡を顔につけてみると…

バルクオムの洗顔用泡立てネット

こんな感じ。

泡が1つ1つ「立っている」のがお分かりでしょうか??

泡がべちゃべちゃしていることもなく、本当にふっくら&モチモチです。

密度が本当にすごくて、顔を包み込むように洗うことができます。

created by Rinker
バルクオム (BULK HOMME)
¥660
(2019/11/13 08:01:40時点 Amazon調べ-詳細)

バルクオムの洗顔泡立ちネットの実力は「あわわ」以上だった

分かりやすいように、あわわとバルクオムを隣に並べてみましょう。

洗顔料の泡立ち

比較してみると、バルクオムの方が「泡の存在感」が強いのが分かりますね。

これは「バルクオムの勝ち」といって良いでしょう。

 

なお、今回の比較における全体の感想は以下のような感じ。

あわわ VS バルクオム
  • あわわの泡立ちはとても良いが、肌の上を転がすうちに泡のモッチリ感が失われていく
  • あわわは水を入れる量のバランスが難しく、扱いに慣れるまでは上手く泡を作れない可能性あり
  • バルクオムは泡立ちが良い上、肌の上を転がしていてもモチモチ感をキープ。最後まで濃密な泡が顔を包み込んでくれる
  • バルクオムはわしゃわしゃ擦るだけなので、誰でもカンタンに泡立たせることができる

 

バルクオムの泡立てネットは、安い泡立てネットより良いだけでなく、さらに値段の高い&売れている「泡立て器あわわ」よりも素晴らしかったです。

正直なところ、これは大きな驚きでした。

Hiroshi
Hiroshi
「泡立て器」と「泡立てネット」なんだから、いくらなんでも「あわわ」の方が上でしょ

このように思っていたからです。

 

泡立てネットとしては確かに値段はお高めですが、他とは次元の違うキメ・モチモチ感の泡をつくることができます。

また、ネット1枚1枚もしっかりできていて耐久性が高いので、すぐに破れる心配もありません。

バルクオムの洗顔用泡立てネットのデメリット

非常にすばらしい泡立ちのバルクオムの洗顔ネット。

しかし、強いて言うならば「価格が高いこと」はデメリットかと思います。

普通の洗顔用の泡立てネットは100円〜200円で購入できますが、バルクオムは600円します。

ちなみに、どの店舗や通販サイトで購入しても価格は変わりません。

いくらクオリティが高いとはいっても、洗顔ネットに600円は高いと思う方もいますよね。

 

ただ、バルクオムのクオリティの高い洗顔ネットを実質無料で手に入れる方法があります。

それはバルクオムの定期コース」を利用することです。

 

バルクオムは洗顔用の泡立てネットのほかに、洗顔料・化粧水・乳液などのメンズスキンケア用品もリリースしています。

中でも公式サイトから申し込める「2ステップコース」は、この洗顔ネット・洗顔料・化粧水がついてきて初回500円です。

バルクオム

洗顔料は2,000円・化粧水は3,000円・洗顔ネットは600円なので、約91%OFFになります。

色々ついてくるのに洗顔ネット単体の値段よりも安く、実質無料でバルクオムの洗顔ネットが手に入るということです。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん僕も、お得な定期コースでバルクオムの洗顔ネットをゲットしました

 

しかも、到着から23日以内ならば全額返金保障付きなので、ノーリスクで試すことができます。

解約も超カンタンなので安心ですよ。

【超簡単】バルクオムの定期コースの解約方法【○回目で解約がおすすめ】

 

バルクオムのスキンケア用品は評判が非常によい(レビュー記事は以下です)ので、洗顔料や化粧水もあわせて使うのも良いですし、洗顔ネットだけをお得に使うのももちろんおすすめ。

バルクオムをステマなしに正直レビューする

いずれにせよ、洗顔ネットだけを単品購入するのは明らかに損なので、まだバルクオムを使ったことがない方は、実質無料で洗顔ネットが手に入る定期コースを利用すべきです。

Amazonアカウントが使えるので、申し込みも2分くらいで終わりますよ。

※500円はいつ終了するか分からないのでお早めに

【初回は実質無料】バルクオム公式サイト

期間限定で500円からお試しできます

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です