メンズファッション

セールの買い物は楽しいけど楽しくない。消費者目線から見た、セールのデメリット

僕はよく、服を買いに東京に行く。

僕が東京に買い物に行く時って、だいたい南青山・表参道・中目黒あたりのセレクトショップやブランドの旗艦店を行くことが多いのだけど、先日はちょっと新宿に用があったから、伊勢丹メンズ館も行ってみた。

セールの時に伊勢丹メンズ館に行くのは初めてだったんだけど、「楽しいけど楽しくない」って思った。なんでそんな矛盾した感情を同時に抱いたのか、書いていく。


 

セールの楽しさ

僕は、セールのメリット・楽しさは以下の2つだと考えている。

お手頃価格

やっぱり気になっていたアイテムや少し高いアイテムが安く手に入るってことだと思う。

狙っていたアイテムがより手頃に手に入るのが嬉しいのは勿論、そうではないものに関してもセール価格なら挑戦しやすい。

掘り出し物に出会える

普段あまり行かないお店のセールに行くと、思いがけない出会いもある。

僕は昨日、unused というドメスティックブランドのコットンカシミアのサーマルカットソーを買った。

普段あまり unused を買うことはないし、しかもunusedは普段僕が買うブランドより値段が高めだ。

でも自分の中でデザイン的にかなり気に入ったし、値段もかなりお買い得になっていたから買った。

こういう風に普段あまり行かないお店に行くと、思いがけない出会いをすることがある。

また、セールになると過去のアーカイブものが店頭に並ぶこともある。つまりそれだけ色々なものに出会える可能性が高まるということ。

セールの楽しくないところ

でもセールって楽しいところばかりじゃないと思う。

今まではセールにメリットしか見出せなかったけど…

接客が受けられない

まぁ伊勢丹は百貨店ってこともあるだろうけど、セールになるとめちゃめちゃ人が多くて接客を受けられない。

僕は服を買うとき、そのブランドのこだわりや素材、パターンワークなどのディテールを店員さんに教えてもらうのが好きだ。

中にはそういうのが苦手って人もいると思うけど、買う買わないは別として、そういう話を聞くのはすごく楽しいし、これこそが店舗で買い物をする本質だと思っている。

でも百貨店のセールになるとこれがないから、買い物の面白さが半減してしまう。

もちろん試着はできるけど、店員さんに色々なアドバイスをもらったり、様々な提案をしてもらったりすることは出来ないのだ。

その分の値段がセールで引かれてるって考えればいいのかもしれないけど、僕は少し寂しさを感じてしまうのだ。

服が乱雑になってしまう

あとやっぱり、普段より人が多くて店員さんが対応しきれないってこともあって、客が服を手に取ったあとに適当に置いて、そのまま服が乱雑になっていることも散見された。

そういうのを見ても、少し寂しくなってしまうのだ。


 

買い物に付与されたストーリー性って結構大きい

やっぱり買い物って物語があった方が、買ったものに対して愛着が持てると思う。

ただ単にセールで安かったから買ったというものより、少し高くても店員さんの話なんかを聞きながら、自分の中でこれ!って思ったものの方が愛着も出るし結果として長く使うからコスパも良い。

セールだから買っても結果として使わなければそれは安物買いの銭失いでしかない。

セールだからなんとなく買い物に行くというスタンスから脱却していくことも大事だと思った。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です