ライフスタイル

【お部屋選び】窓の少ない「中部屋」に住む7つのメリット

こんにちは。一人暮らしのヒロシです。

窓の多い部屋(角部屋)って人気ですよね。

なるべく窓の多い部屋に住みたい!という方って多いでしょう。実際に僕も、昨年一人暮らしを始めるにあたって部屋選びをしていた時に「角部屋が良いな~」と思っていたので。

いま僕が住んでいる部屋も角部屋なのですが、一年間住んでみて「意外と窓の少ない中部屋の方がメリットあるんじゃ…」と感じています。

窓の多い「角部屋」に住むメリット

f:id:footmuji:20181217192605j:plain

人気の角部屋にももちろんメリットがあります。

  • 窓が多いから風通しが良い
  • 窓から光が差し込んで明るい
  • 隣が一部屋だから隣人の騒音があまり気にならない

といったところ。

窓が多い方が開放的でおしゃれな感じもするので、人気なのも分かります。

窓の少ない「中部屋」に住む7つのメリット(≒角部屋のデメリット)

f:id:footmuji:20181217192637j:plain

角部屋に比べて人気のない中部屋ですが、なかなか多くのメリットがあります。

カーテンがいらない

カーテンって結構高いです。モノにもよりますが、窓一つあたり5,000円くらいかかることも珍しくありません。

角部屋は窓が多いので、カーテンを買うだけで結構お金がかかってしまいます。なかなか痛い出費ではないでしょうか?

僕も昨年引っ越した際に、「カーテン高っ!」と思ったのを覚えています。

でも中部屋ならば窓が少ない分、カーテンも少なくて済むので、かなり出費を抑えることができます。

窓の数にもよりますが、同じ間取りの部屋でも、角部屋に比べて1万円くらい節約になるのでは?

掃除が楽

窓が多いとその分掃除の手間もかかります。

f:id:footmuji:20181217190719j:image

窓ふきはもちろんのこと、窓の下の部分も定期的に掃除しないといけません。ここはかなりくせ者で、ほこりが溜まりがちです。

掃除が好きな人は問題ないかと思いますが、忙しくて掃除をする暇がなかなか無い人や、ズボラな人は、中部屋に住んで掃除の手間を減らした方が良いでしょう。

家賃が安い

角部屋の方が資産価値も高くて人気のため、中部屋よりも家賃が高めに設定されています。

数千円から場合によっては1万円くらい、家賃が高いのが相場です。

毎月払うことを考えると、数千円から一万円って結構大きいですよね。

同じ間取りでそれくらい高いのだったら、より立地が良いところや部屋が広いところに住むという選択肢をとる方が良いのではないのでしょうか?

外から生活が見えにくい

窓が多いということは、それだけ外から生活が見えやすいということ。

カーテンやブラインドを閉めておけばさほど問題にはなりませんが、うっかり閉め忘れるということもあるでしょう。

特に裸族の方は要注意です。近所の方や通行人に自分の裸を見られたくないですよね。

ちなみにヒロシは夏は基本的に上半身裸で過ごしていますが、カーテンを閉め忘れて、近所のおばちゃんに鍛え抜かれた美しい上裸を見られたことがあります。

なんとも言えない恥ずかしい気分になりましたね…

窓が少ない方が、外から自分の部屋の様子は見えにくいもの。特に裸族の方には、窓の少ない中部屋をチョイスして、見られるリスクを減らすことをおすすめします。

家具を配置しやすい

窓の多い角部屋に住んでいると、家具を配置するにあたって窓が邪魔に感じることがあります。

窓を隠すように家具を配置することはできないので。

窓が少なければ、その分だけ家具の配置に自由がきくようになるので、インテリアにこだわりのある方・置いている家具が多い方は、窓の少ない中部屋の方がストレスなく過ごせると思います。

外の騒音が気になりにくい

アパート・マンションの前が交通量の多い道路だと、どうしても気になるのが車が通る騒音。

昨年、ヒロシも国道に面した角部屋を内見したのですが、車の騒音が気になりすぎて内見を2分でやめました。

窓というのは音を遮断する力が弱いので、その分だけ外からの音が聞こえやすくなります。

今ヒロシの住んでいる部屋は交通量があまりない道に面しているので、角部屋でも車の騒音が気になりませんが、広い道路に面してる物件も多いです。

隣人の生活音よりも、車の騒音の方が気になる場合も少なくありません。そう考えると、中部屋の方が音に悩まされずに生活できますね。

比較的暑くない&寒くない

窓が多いと外気温の影響を大きく受けてしまうので、その分だけ夏は暑く、冬は寒くなります。

そのため、エアコンも強く稼働するので電気代も食いますね。

一方、窓の少ない中部屋ならば、外気温の影響が小さく、室温が安定します。そのため、エアコンもそこまで強く稼働する必要がないのに加え、比較的夏は涼しく、冬は暖かくなる過ごせるのです。


 

中部屋の方が生活しやすい&コスパ高い

中部屋のメリットを挙げてみました。

ヒロシが思ったのは、中部屋の方が生活しやすいということ。特に若い世代はなおさら。

平日は仕事、休日もどこか出かけることが多いと考えると、基本的に家にいるのって夜だけなんですよね。

となると、あまり窓も開けないでしょうし、カーテンも開けることもないので角部屋のメリットを享受する機会ってあまりないのでは?

むしろ室温が安定して、車の騒音も気になりにくい中部屋の方が生活はしやすいと考えられます。

もちろん換気は必要ですが、朝起きた時に窓を開ければ十分かなと。

中部屋だと角部屋よりも家賃が安く、生活しやすいというメリットがあるので、よりコスパが高いと感じますね。

あとがき

お部屋選びって楽しいですよね。

僕はいつも大手賃貸サイトの物件情報をまとめている「DOOR賃貸」を暇つぶしがてら見ています(笑)。

自分の住んでいるエリアは勿論、まったく関係のない土地の賃貸物件を眺めるのが楽しいんです。

最近だと、出張で訪れた福岡が特に良い感じ!家賃が安くて広い部屋が多い!飯もうまい!最高です。

DOOR賃貸から賃貸物件を見る

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
24歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です