スタバ

知らなきゃ損?スタバのドリップコーヒーをお得に楽しむ7つの裏ワザ

こんにちは。ヒロシです。

フラペチーノやラテ系の陰に隠れがちではあるものの、スタバの定番メニューとして支持されている「ドリップコーヒー」。

僕もスタバに行くときはほぼ毎回ドリップコーヒーを頼んでいます。

そんなドリップコーヒーですが、実はお得に楽しむための裏ワザがあるのをご存知でしたか?

そこで今回は、年間100回以上スタバに足を運ぶ僕が「ドリップコーヒーをお得に楽しむための7つの裏ワザ」をご紹介していきます!

「知らなきゃ損」といえる裏ワザになっているので、スタバを利用する際にはぜひ参考にしてください!

頼み方いろいろ。スタバのドリップコーヒーの魅力

頼み方いろいろ。スタバのドリップコーヒーの魅力

僕がほぼ100%注文するスタバの「ドリップコーヒー」。

裏ワザを紹介する前に、まずはその魅力について簡単に触れておきますね。

スタバ・ドリップコーヒーの魅力①頼み方の幅が広い

ドリップコーヒーはバリエーションが多いので、頼み方の幅が非常に広いです。

  1. 豆の種類(日によって異なる)
  2. サイズ(ショート〜グランデ)
  3. アイスorホット

この3つを色々と組み合わせて選べるので全く飽きませんし、暑い夏でも寒い冬でも楽しむことができます。

日によって、また店舗によって豆が異なるので、コーヒーパスポートのシールを集めながらお気に入りのコーヒー豆を探していくのもおすすめですよ!

スタバのコーヒーパスポートのもらい方・楽しみ方を解説【御朱印感覚】スタバのコーヒーパスポートをご存知ですか?本記事では、スタバのコーヒーパスポートのもらい方や楽しみ方について、年間150回以上スタバに行く筆者がくわしく解説しています。コーヒーパスポートに興味がある方は必見です。...

スタバ・ドリップコーヒーの魅力②安い

「高い」というイメージをお持ちの方も多いスタバ。

確かにスタバの代表的なドリンクであるフラペチーノ系は500円くらいしますし、フードメニューも割とお高めです。

 

しかし、このドリップコーヒーは280円から楽しめるんです。
もちろんスタバの中では最安値ですよ。

他のカフェやコーヒーチェーンと比べても安い価格帯ですし、おかわりもできる(後述)のでめちゃくちゃお手頃。

スタバの充実したサービスや洗練された雰囲気をここまで安く味わえるのはドリップコーヒーならではですね。

スタバ・ドリップコーヒーの魅力③カロリーが低い

当然ですが、ドリップコーヒーはカロリーが非常に低いです。

サイズやアイスorホットによって一部異なりますが、だいたい1杯あたり10kcal〜30kcalに収まります。

一方、フラペチーノ等の他のスタバのドリンクだと、400kcal以上もあることが珍しくないので、日常的に飲むのをためらってしまいますよね(各ドリンクのカロリーはこちら)。

その点、ドリップコーヒーならばカロリーや体型を気にしている方でも気兼ねなく頼めるので、かなり魅力的です。

 

なお、以下の記事ではスタバのドリップコーヒーの魅力をさらに深掘りしているので、興味のある方はぜひ!

スタバの中でコスパの高い、おすすめ度No.1のドリンクは〇〇!【年に100回通うスタバフリーク的考察】本記事では、スタバに年間100回以上通っている筆者が、スタバを最もコスパよく利用できるおすすめのドリンクメニューについて解説しています。スタバは高いイメージがあってなかなか行けないという方は必見です。...




スタバのドリップコーヒーをもっとお得に楽しむ7つの方法

上で書いたように、普通に頼むだけでも楽しみ方の幅が広く、しかも安くスタバを利用できるのが魅力の「ドリップコーヒー」。

しかし以下で紹介する7つの方法を使えば、ドリップコーヒーをもっとお得に楽しめちゃいます!

この7つの方法は、スタバで年間100杯以上のドリップコーヒーを頼んでいる僕だからこそ分かる方法です。

①ベンティサイズを注文する

ドリップコーヒーって、実は最も大きいベンティサイズがコスパ最強なんです。

サイズ 価格 1mlあたりの価格
ショート
(240ml)
290円 1.2円
トール
(350ml)
330円 0.94円
グランデ
(470ml)
370円 0.79円
ベンティ
(590ml)
410円 0.69円

※価格はいずれも税抜

1mlあたりの価格で見ると、ご覧のようにショートサイズとベンティサイズでは倍近くも差がありますよね。

「たくさんコーヒーを飲みたい!」という方は、ベンティサイズを注文するのが良いでしょう。

②おわかり(ワンモアコーヒー)をする

割と広く知られている王道的な方法ですが、ドリップコーヒーはおかわり(ワンモアコーヒー)が150円でできます。

このワンモアコーヒーが非常に使いやすくてお手頃なんですよね。

ワンモアコーヒーの特徴・条件
  • 1回目に注文したサイズと同じor小さいコーヒーをおかわりできる
    →1杯目のコーヒーのサイズが大きいほどお得
  • アイスorホットも選べる
  • 違うコーヒー豆でももちろんOK
  • 同日中ならば、他の店舗でも利用可能(日本全国どこでも)
  • 1杯目の注文と同時にワンモアコーヒーを注文できる
    →2人でスタバに来たときも超お得

頼み方は、1杯目のレシートを注文カウンターに持っていき、「ワンモアコーヒーをお願いします」と言うだけ。

ワンモアコーヒーはとにかくお得なサービスなので、スタバをお得に楽しむ上では欠かせませんよ。

③スターバックスカードで決済をする

スターバックスカードで決済をすると、ワンモアコーヒーが100円(通常150円)になります。

スターバックスカードとは、SuicaやPASMOのようなプリペイド式のカードのこと。

店頭でカードを発行することもできるのですが、アプリの方が圧倒的に楽ですね。

スタバのアプリ

以下のような3ステップで簡単に利用できます(もちろん無料)。

 

スターバックスカードの利用手順
  1. スターバックスアプリをインストール
  2. スターバックスカードを新規登録
  3. クレジットカードを登録し、オンライン入金

スマホの決済画面のバーコードを掲示するだけで簡単に決済が終わりますし、入金も一瞬です。

「おサイフケータイ」や「Apple Pay」機能のないスマホでも使えるのが嬉しいポイント。

僕のように古いスマホ(僕はiPhone6を使用)を使っている方でも取り入れやすいです。

④タンブラーやマグカップを持参する

スタバのタンブラー

タンブラーを持参してそれにコーヒーを入れてもらうと、20円割引きしてもらえます。

ちなみに、スタバで売られているタンブラー・マグカップでなくても割引対象なので、ご自身がお持ちのものでOK。

なお、ワンモアコーヒーには20円割引は適用されないので要注意です。

⑤ドリップコーヒーを自分好みにカスタマイズする

スタバのレジの近くに、ストローやナプキン、マドラーなどが置かれているカウンターがあるのを見たことがありますよね?

スタバのカスタマイズ

そこは「コンディメントバー」と言うのですが、そこには牛乳・ガムシロップ・シナモン・ココア・ハニーオレンジなどが揃っています。

それらは全て完全無料なので、お好みでコーヒーに入れたりすることでカスタマイズができるんです。

 

「もうちょっと甘くしたい」「カフェオレのようにしたい」「爽やかにコーヒーを楽しみたい」など、あなたの好みや気分に応じてコーヒーを楽しめますよ。

またスタバの店員さんは優しいので、飲みたいコーヒーやあなたの好みを伝えれば、それに合わせたカスタマイズを提案してくれます!

⑥1サイズ大きなカップでドリップコーヒーを頼む

注文する際、スタバは1サイズ大きなカップに変更することができます。

例えば、「ドリップコーヒーのトールサイズを注文したけれど、カップはグランデにしてもらう」という感じです。

カップを大きくするとその分コーヒーの量に余裕ができるので、そこにミルクをたくさん入れれば1サイズ大きなカフェオレができますよね。

上に書いたカスタマイズとも関連しますが、工夫次第では安い値段でたくさんの量のドリンクを楽しめますよ(笑)。

⑦本日のコーヒーの特徴を聞く

これはどこにも載っていない超裏ワザですが、「本日のコーヒーはどういう豆か」を聞いてみましょう。

 

ドリップコーヒーは「本日のコーヒー」という名称で、2〜3種類の豆から選べるようになっています(店舗や日によっては1種類しかありませんが)。

しかし、大半の方が「ドリップコーヒーのホットをトールサイズで下さい」という感じ頼むので、豆を選ぼうとしません。

 

そこで、豆が複数ある中からドリップコーヒーを注文する際に、

  • 「〇〇という豆はどういう味ですか?」
  • 「〇〇という豆と××という豆の違いはなんですか?」

というようなことを店員さんに聞きましょう。

 

そうすると、店員さんが豆の特徴をくわしく教えてくれる上、注文しなかった豆についても、試飲用の小さなカップでコーヒーを無料で提供してくれる可能性が高いんです。

同じ値段で2種類のコーヒーを味わえるのと1種類しか味わえないのとでは、前者の方が良いですよね。

 

これはあくまで僕の経験をふまえた「傾向」にすぎませんし、抽出などの関係から試飲用のコーヒーが提供してくれない場合もあります。

しかし、豆の特徴を聞くと自分の好みにあったコーヒーが選べる上、同じ値段で複数のコーヒーを飲める可能性が出てくるので、試してみる価値は大いにあると思いますよ!




まとめ。ドリップコーヒーならばスタバはかなり安い!

最後に、スタバのドリップコーヒーをお得に楽しむ方法をおさらいしておきます。

  1. ベンティサイズを注文する
  2. おかわり(ワンモアコーヒー)を利用する
  3. スターバックスカードで決済する
  4. タンブラーやマグカップを持参する
  5. 自分好みにカスタマイズする
  6. 1サイズ大きなカップで頼む
  7. 本日のコーヒーの味の特徴を聞く

高級感のあるスタバですが、実はドリップコーヒーならばめちゃくちゃ安く利用できます。

2人で行っても計400円から(1人200円)利用できますし、仕事をするための場所代としても非常に手頃。

コワーキングスペースだと、1日限りのドロップインでも1,000円以上はしますからね。

 

本記事で紹介した7つの方法を組み合わせながら、ぜひお得にスタバのドリップコーヒーを楽しんでください!

今回は以上になります。ありがとうございました。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です