One Style depot.

社会人2年目・服好きミニマリストのヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

無印良品の「フォン・ド・ボーのビーフカレー」は、まるでお店で食べる欧風カレー!だけど…【無印カレー批評 vol.4】

こんにちは。ヒロシです。

最近無印良品のカレーにハマっているので、またまた食べたことないカレーに挑戦しました!

今回は、「フォン・ド・ボーのビーフカレー」です。

 

 

フォン・ド・ボー とは

僕は「フォン・ド・ボーってそもそも何ぞや!」というところからでした。

簡単に言うと、仔牛のスジや骨からとった出汁とのこと。フランス料理のソースのベースに使われるようですね。

何でも、フランス料理では出汁(フォン)を使って調理するのが基本だそうで、フォン・ド・ボーはその一種だとか。

フォンは煮込み料理やソースの土台になる出汁ということです。

いやー、勉強になりますねぇ。。

無印良品「フォン・ド・ボーのビーフカレー」を食べてみた

f:id:footmuji:20190110150623j:plain

「フォン・ド・ボー」が何か分かったところで早速食べることにします!

無印良品の説明によると…

仔牛と香味野菜のだし(フォン・ド・ボー)に、たまねぎと果実の甘さを加えたビーフカレーです。

生クリームでまろやかな味わいに仕あげました。

素材を生かした フォン・ド・ボーのビーフカレー180g(1人前) 通販 | 無印良品

とのこと。

価格は他のものと同じく、1人前(180g)で350円です。

いつものように沸騰したお湯で6分温めて、

f:id:footmuji:20190110150620j:plain

ご飯にかけて食べました!

洋食屋さんで食べるような本格的なビーフカレー

f:id:footmuji:20190110150617j:plain

さぁどうでしょう!

一見するとハヤシライスのような見た目ですね~

一口食べてみました…

まろやかで甘い!

生クリームの甘さ・まろやかさと、野菜の旨みや自然な甘みが効いています。

噛んでいると徐々にピリッと来ますが、辛さはかなり控えめかと。これならば辛いのが苦手な方やお子様でも食べられると思います!

お肉や生クリーム、野菜の味がしっかり出ているためか、「ハヤシライス」や「ビーフシチュー」にも似た感じのルーですね。

まさに「ベーシックな欧風カレー」といったところ。洋食屋さんで1,000円くらいの価格で出てきてもおかしくないくらいのクオリティーです。

具がちょっと残念

f:id:footmuji:20190110150626j:plain

ただ一つ残念な点が…

それは「具が少ない」こと。

決して大きいとはいえないサイズの牛肉が3つくらいしか入っていなかった…

欧風カレーなので具は牛肉だけなのですが、1人前350円というレトルトカレーにしてはお高めな価格を考えると、もうちょっと牛肉がゴロゴロ入っているとなお良かったかなと。

栄養成分

  • エネルギー:254kcal
  • たんぱく質:8.3g
  • 脂質:15.1g
  • 炭水化物:21.2g
  • ナトリウム:900㎎
  • 食塩相当量:2.3g

 

総評

全体的にバランスが良い、ベーシックな欧風カレーといったところでした。

ただ、

  • 具が少ないこと
  • 欧風カレーは他の安いレトルトカレーでも種類が豊富なこと

を考えると、他の無印良品のカレー(インドカレー系やタイカレー系)の方が、食べる楽しさや珍しさを考慮すると、全体の満足度は高いかなと。

スーパーで売られている他の欧風レトルトカレーが100円程度、洋食屋さんのカレーが1,000円程度なので…

「少し味は落ちるけど他のレトルトカレーを3つ買った方が良い」と考えるか、「洋食屋さんのレベルのカレーが350円で楽しめる」と考えるかでこのカレーの評価が変わってくるでしょう。

ちなみに僕はケチなので前者よりです…

どうしても他の珍しいカレーの方がそそられるので…

 

あとがき

全種類制覇を目指して無印良品のカレーを食べ続けます!