おすすめファッションアイテム

【注目ブランド】YUJI KAKIMOTOの吊り編みスウェットをレビュー[PR]

こんにちは。ヒロシです。

2021年にスタートした、気鋭ブランドの「YUJI KAKIMOTO」。

日本の技術力を結集させた、独自のアイテムを展開しています。

Hiroshi
Hiroshi
以前にレビューした「汚れない白シャツ」は、まさに革新的なシャツでした。

YUJI KAKIMOTOのシャツをレビュー。全く汚れない驚愕の1枚

 

そんなYUJI KAKIMOTOから、新たなアイテムが発売されました。

それが「吊り編みのスウェット」です。

出典:https://yujikakimoto.com/

着心地・耐久性・シルエット。

すべてにこだわり抜いており、長く愛用できます。

 

この度ブランド様より、スウェットをご提供いただきました。

そこで本記事では、詳しくレビューしていきます。

YUJI KAKIMOTO|SWEAT

【ブランド紹介】YUJI KAKIMOTOの概要

まずは「YUJI KAKIMOTO」について。

立ち上がってから日が浅いのもあり、どんなブランドかあまり知られていません。

設立の経緯や特徴などを紹介していきます。

Hiroshi
Hiroshi
一般的なブランドとは全然違った、非常に珍しいバックグラウンドを持っています。

飽くなき情熱から生まれたブランド

ブランドを手掛けるのは、柿元祐二氏。

柿元氏は元々アパレル業界未経験で、服作りに関しては素人でした。

多くのブランドは、服飾学校を卒業した方や、アパレル会社でデザイナー等の経験をした方が手掛けていることが大半です。

未経験の柿元氏が、どうやってブランドを立ち上げたのか。

それは「飽くなき情熱」です。

 

柿元氏はブランド立ち上げを目指して、次のような行動に出ました。

  • デザインと企画書を持って、国内の服飾製造工場にコンタクト
    →日本の職人の生地を縫製する技術に感銘を受ける
  • 今度は生地に興味を持ち、生地から選ぶために生地工場へ
    →生地の違いは糸から来ることを知る
  • 糸の工場へコンタクト
    →そして最終的には原料である綿花の生産地へ

情熱を原動力に、全国の工場やショップを粘り強く訪問。

その中で、日本のアパレルの問題点に気づきます。

Hiroshi
Hiroshi
具体的には、日本で売られている洋服の98%が海外製であり、日本製は2%しかないこと等です。

 

柿元氏は「日本の素晴らしい技術力を発信したい」と強く思うように。

そして「YUJI KAKIMOTO」を立ち上げました。

日本製ながら高いコストパフォーマンスを誇る

YUJI KAKIMOTOのアイテムは、当然日本製にこだわっています。

そしてその中で、高いコストパフォーマンスを誇るのも魅力です。

 

その秘密は、SPA(製造小売業)という形態にあります。

  • 商品の企画・デザイン
  • 生産
  • 販売
  • サイト制作
  • クリエイティブの構成

SPAとは、上記の工程すべてを自社で担う形態のこと。

中間マージンが発生しないので、価格を抑えて提供できるんです。

(多くのブランドには中間業者が入っています)

Hiroshi
Hiroshi
ユニクロやZARA等がSPAのアパレルとしては有名どころですね。

 

YUJI KAKIMOTOは小規模なブランドながら、SPAの業態をとっています。

これもひとえに柿元氏の情熱によるものだと思います。

YUJI KAKIMOTO|SWEAT

YUJI KAKIMOTOのスウェットをレビュー

YUJI KAKIMOTOのスウェットをレビューしていきます。

色は黒とグレーの2色展開。

ちなみに、スウェットの他にパーカーもあります。

上質な吊り編み生地による柔らかな着心地

生地には、希少な吊り編み機で編まれた生地を使用しています。

(↓吊り編み機)

出典:https://www.e-begin.jp/article/151237/

特徴としては、糸にストレスを与えずゆっくり編んでいく点。

空気をたっぷり含むために軽くて柔らかく、さらに非常に丈夫です。

Hiroshi
Hiroshi
その分生産効率が極めて悪いため、吊り編みは時代とともに数が激減していきました。

(吊り編み機は、和歌山県に数台しか現存していません)

 

それ故に、吊り編み生地は今や高級スウェットの代名詞的存在に。

そんな希少な生地を、このスウェットでは採用しています。

生地感としては、さほど分厚くはなく軽さも感じます。

それなのにふっくらと温かく、全くストレスのない着心地です。

Hiroshi
Hiroshi
生地が厚くないので夏以外着られますし、温かさもあるので冬にはインナー使いできますよ。

着やすさ・使いやすさに配慮したディテール

生地の良さだけではなく、ディテールも凝っています。

すごく良いなと思ったのが、タグがない点です。

ブランドタグや洗濯表示を襟口にプリントした仕様。

チクチク感や不快感が一切ありません。

Hiroshi
Hiroshi
特に首のブランドタグは、素肌に当たると結構気になります。これがないのは地味に嬉しいです。

(V字のガゼットもヴィンテージ感があって良いですね)

 

また裾や袖のリブも長くなく、締め付け感もゆるめ。

このバランスが絶妙で、ものすごく着やすいですね。

スウェットやニット選びでポイントになるのが、リブの締め付け感。

裾のリブの締め付けが強いと、着ているうちに裾が上がってきてしまい、見た目的にも着心地的にも微妙です。

YUJI KAKIMOTOのスウェットは、締め付けが比較的ゆるめ。

生地が適度に落ちてくれるので、今っぽく見えますよ。

絶妙なゆとりのあるシルエット

シルエットは絶妙なゆとりがあります。

ジャストすぎず大きすぎないので、今っぽさと使いやすさを両立していますね。

 

吊り編みスウェット自体は、他のブランドからも結構出ています。

ただ、シルエット的には大体2つに分かれるんですよね。

  • かなりジャスト・細身のシルエット
    →ヴィンテージ感重視・アメカジ系のブランド
  • ビッグサイズのシルエット
    →勢いのあるドメスティックブランド

YUJI KAKIMOTOは、その中間のイメージ。

ほんのりゆるいので、1枚でも非常に着やすいですよ。

 

なお、インナーとしても非常に使えます。

大きすぎないので、アウターにも変に干渉しません。

違和感なく着られるので、本当に重宝しますよ。

【注意点】最初は糸くずがつく

新品状態では裏毛に糸くずがついています。

そのため、最初は下着に細かい糸がつくので要注意です。

Hiroshi
Hiroshi
吊り編み生地あるあるですね。他のブランドのものでも同じです。

 

とはいえ、特に心配しなくてOK。

裏返して洗濯すれば、糸くずは自然に取れます。

(着用前に一度洗うのが良いでしょう)

YUJI KAKIMOTO|SWEAT

YUJI KAKIMOTOのスウェットのサイズ感

サイズはS〜Lの3サイズ展開。

詳しい寸法は以下のとおりです。

着丈 身幅 肩幅 袖丈
S 62 55 45 59
M 65 58 47 61
L 68 61 49 62

ーブランド公式サイトより引用

ちなみに洗濯をしても、大きく縮むことはないとのこと。

安心して選べるかなと思います。

Hiroshi
Hiroshi
ブランド側に確認したところ、ドラム式洗濯乾燥機にかけても大きく縮む・着られなくなることはなく、大丈夫だったとのことです。

 

身長別の目安としては以下の通り。

  • Sサイズ:〜165cm
  • Mサイズ:〜173cm
  • Lサイズ:〜180cm台前半

寸法だとイメージが難しい場合は、こちらを参考にしてください。

 

僕は177cm60kgでLサイズを選びました。

全体として程よいゆるさのある、ちょうど良いサイズ感。

前述のとおり、大きすぎない&ジャストすぎません。

あらゆる方にとって、綺麗に映えるサイズ感のアイテムかなと思います。

Hiroshi
Hiroshi
サイズに迷う場合は、ブランド側に問い合わせれば相談に乗ってくれるはずです!

YUJI KAKIMOTO|SWEAT

YUJI KAKIMOTOのスウェット・レビューまとめ

ちなみに価格は、16,000円(税込)です。

(パーカーは税込17,500円)

吊り編みスウェットとしては手頃な金額だと思います。

Hiroshi
Hiroshi
多くのブランドの吊り編みスウェットは、2万円くらいは普通です。もっと高いブランドも全然めずらしくありません。

生地の厚さやシルエット的に非常に使いやすい上、確実に長持ちします。

 

なお柿元氏は、今後世界への展開も視野に入れているとのこと。

たくさんの生産現場を実際に見たことで、「日本の素晴らしい技術を世界に発信したい」と強く思ったそうです。

良いものを作るのはもちろん、常識に囚われずに行動し、突き進んでいく。

業界未経験ながら高い志で立ち上げたからこそ、できることなのかもしれません。

 

生地の良さ・シルエットのバランス・使いやすさ。

率直にすごく良いアイテムなので、ぜひチェックしてみてください!

YUJI KAKIMOTO|SWEAT

 

関連記事

【最強の白シャツ】YUJI KAKIMOTOのシャツをレビュー。全く汚れない驚愕の1枚[PR]本記事では、最強の白シャツとしてYUJI KAKIMOTO・Urban×Outdoor Shirtを紹介しています。油汚れも弾く圧倒的な機能性とオンオフ問わず使えるシルエットの綺麗さが特徴的な1枚。特殊なポリエステル素材を使っているので、劣化もしにくいです。白シャツを探している方は必見です。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品