おすすめファッションアイテム

【男性目線】靴下のプレゼントはいらない?←超嬉しい【おすすめも紹介】

こんにちは。ヒロシです。

誕生日やバレンタインデー、また何気ない日常。

身近な男性に「靴下をプレゼントをしよう」と考える人もいるはず。

(彼氏や旦那さん、同僚やご友人など)

しかし、「いらないと思われたらどうしよう」と心配しますよね…

Hiroshi
Hiroshi
「靴下のプレゼントって変かな?」「失礼と思われる?」など、不安も色々あるかもしれません。

 

でもご安心を。

僕が思うに、靴下のプレゼントをいらないと感じる人はほぼいないはずです。

 

本記事の内容

  • 靴下のプレゼントがほぼ確実に喜ばれる理由
  • プレゼントに最適な靴下のブランドを1つだけ紹介

僕は20代後半の男性で、ファッションブログを6年以上運営しています。

(今では月に20万回ほど見られるように)

本記事は「靴下のプレゼント」について男性目線で書いていきます。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん僕自身、靴下をプレゼントをもらったことがあり、めちゃ嬉しかったです。

 

この記事を読めば、男性の方に確実に喜ばれる靴下のプレゼント選びができるはず。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

靴下のプレゼントはいらない?←男性は超嬉しい【理由を話す】

冒頭でも書いた通り、靴下のプレゼントは男性側として超嬉しいはず。

良い靴下は「欲しいと思っているけど自分では買わないもの」だからです。

良い靴下=欲しいとは思うけど自分では買わない

良い靴下はおしゃれな上、コーディネートのアクセントにもなるアイテム。

でもどうしても消耗品ですし、ユニクロ等で安く手に入ります。

となると、お金をかけるポイントにはなりにくいわけです。

Hiroshi
Hiroshi
それゆえに、ユニクロや無印良品で無地の同じような靴下をまとめ買いしている方も多いと思います。

 

もちろん僕自身もそうで、靴下まではなかなかお金をかけられません。

だからこそ、自分では買わない良質な靴下がもらえると、めちゃ嬉しいんです。

プレゼントで喜ばれる肝は、「欲しいけれど自分では買わないもの」です。
欲しいものは自分で買います。

靴下は、まさに当てはまっています。

 

また服や小物にこだわる人も、靴下まではこだわっていないことが多いです。

自分では気が回らない部分に、ピンポイントで良いものをもらえたら、男性目線としては超嬉しいはず…!!

変に気を遣わなくて済むのもメリット

靴下は消耗品です。

またいくら良い靴下といっても、そこまで高額なものではありません。

(1足1〜2,000円で買えます)

 

だからこそ、もらった側としても変に気を遣わなくて済みます。

  • 消耗品・何足あっても良い:重くなりすぎない
  • 値段が抑えめ:申し訳ない気持ちが出づらい

靴下のプレゼントは、お返しを変に気にしなくても良い気軽さもあるんですよね。

つまり、あらゆる面で考えて「ちょうど良い」んです。

Hiroshi
Hiroshi
靴下は恋人へのプレゼントはもちろん、お世話になっている人や友人にプレゼントしやすいですね。

男性への靴下のプレゼントは失礼?【意味を紐解く】

靴下のプレゼントには、「相手を見下す」的な意味があると言われています。

足に身につける=「踏みつけている」とも取れるからでしょう。

でも、気にする必要はないと思いますよ。

 

その意味って昔の話でしょうし、知っている人は多くないはず。

仲の良い人や気心の知れた人なら、意味を知っていても特に気にしないでしょう。

(普通に嬉しさの方が勝りますよ)

Hiroshi
Hiroshi
すべてのモノの意味を気にしていたら、何もプレゼントできなくなってしまいそうです。。。

男性への靴下のプレゼントでおすすめのブランド←いらないと思われない

男性への靴下のプレゼントは、シックストックス一択

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/chicstocks/

前述のとおり、靴下はかなり喜ばれる可能性が高いです。

とはいえ、使いづらいような靴下や微妙なデザイン・品質の靴下だと話は別。

…ありがとう。(この靴下はあまり使えそうないな。正直いらないや)

こんな感じになることもあり得ます。

 

そこで靴下のプレゼントにおすすめなのが、「CHICSTOCKS」というブランドです。

出典:https://irakacom.net/

CHICSTOCKS(シックストックス)は、日本有数の靴下の産地である奈良県発のブランドです。

靴下から「その日のスタイリングを考える」をコンセプトに、2017年にデビュー。

以下の記事で詳しくレビューしています)

他の靴下を履けなくなる!シックストックスの極上の靴下をレビュー【デメリットあり】本記事では、奈良県発の新鋭ソックスブランド、CHICSTOCKSの靴下のレビューしています。シックストックスは非常に評判が良いですが、その実力は本物?サイズ感や店舗なども含めて、2年以上履いた経験をもとに書いているので、ぜひ参考にどうぞ。 ...

 

ちなみに価格は1足2,000円ほど。

靴下としてはもちろんお高めですが、その分「プレゼント」と考えると、かなりちょうど良い値段かと思います。

ちなみに、僕自身もシックストックスの靴下はプレゼントでもらいました。

めちゃくちゃ気に入っている逸品です。

Hiroshi
Hiroshi
「いらない」と思われることは99%ないはずです。

男性へのプレゼントで、シックストックスの靴下がおすすめな理由

なぜシックストックスの靴下が、男性へのプレゼントにおすすめなのか。

それは「喜ばれる靴下の要素がすべて詰まっている」から。

ツイートの通りなのですが、より具体的には以下です。

  • ファッション性が高くておしゃれ
  • 履き心地がめちゃ良い
  • 耐久性が高く、長く履ける
  • サイズ展開が豊富で選びやすい
  • ギフト包装にも対応。箱もおしゃれ

それぞれ詳しく説明します。

①:ファッション性が高くて超おしゃれ

1つ目がファッション性。

可愛らしさがありつつも、上品で洗練された雰囲気があります。

出典:https://senken.co.jp/

デザインが効きすぎていないので、年齢問わず履ける感じ。

 

またパンツの裾からチラッと見えると、良い塩梅のアクセントになります。

まとめ。シックストックスの靴下なら、男性へのプレゼント選びに最適

目立ちすぎずに主張する、絶妙なバランスです。

嫌な感じが全くせず、本当に使いやすいんですよね。

 

シンプルなデザインなので、明るい色でも取り入れやすいです。

出典:https://fudge.jp/

シックストックスの靴下は、どんな靴・パンツとも合います。

(ビジネスに合うものも用意されていますよ)

コーディネート全体をおしゃれに引き立ててくれるので、確実に喜ばれるはず。

Hiroshi
Hiroshi
ラインナップはかなり豊富なので、「良いな」「プレゼントしたいな」と思うものが必ず見つかります!

②:履き心地がめちゃ良い

履き心地はめちゃくちゃ良いです。

他の靴下とは一線を画しています。

 

その秘密は「裏地」にあります。

シックストックスの靴下の裏地

シックストックスの靴下を裏返した写真です。

少し見づらいですが、足底の部分がパイル地(タオルっぽい生地)になっています。

足底は、靴底と足が接触する部分です。

ここにフカフカのパイル地を使っているため、肌触りがめちゃ良いんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
長時間履いていても全然ムレません。履き心地は神レベルだと断言できます。

 

その他の素材にもこだわられており、靴下が靴の中でズレることも皆無。

僕は今まで色々なブランドの靴下を履いてきましたが、ダントツNo.1の履き心地です。

デザイン的にもテンションが上がるのに加え、ここまで履き心地が良いと、もらった側は必ず履きたくなるでしょう。

どうせプレゼントするならたくさん履いてほしいですよね。

その点、履き心地の良さは大きなメリットです。

③:耐久性が高くて、長く履ける

シックストックスの耐久性は超高いです。

僕は1年半くらいガンガン履いていますが、破れや糸のほつれはありません。

↑1年半くらい履いたシックストックスの靴下

 

足底は擦れるので、若干の毛羽立ちはあります。

とはいえ、足底は人から見えない部分。

また他の部分は劣化がかなり少ないので、まだまだ履けそうな感じです。

Hiroshi
Hiroshi
他のハイブランドの靴下(2,000円〜3,000円)も履いたことがありますが、正直半年も履けば破れたり、ケバケバになります。
その点、シックストックスの靴下のクオリティは本当にすごいです。。

 

靴下のプレゼントは手軽さが魅力。

ですが、消耗品ゆえに少し寂しさを感じる方もいるはず。

一方でシックストックスの靴下はかなり長く履けるので、消耗品特有の虚しさはありません。

また、単純に長く使える方がもらった男性も嬉しいです。

耐久性の高さはもらう側・あげる側の両方から魅力だと思います。

④:選びやすいサイズ展開

シックストックスのサイズ展開は、以下の3つ。

  • S:22cm〜24cm
  • M:24cm〜26cm
  • L:26cm〜28cm

多くの靴下のブランドが「25cm〜27cm」だったりします。

ただ、25cm以下・27cm以上の男性も結構いるのが現状。

一方でシックストックスなら、大半の男性をカバーできますよ。

⑤:ギフト包装にも対応していて、箱もおしゃれ

シックストックスのギフト

出典:https://www.chicstocks.com/?pid=148545525

シックストックスは、ギフト用の箱にも対応しています。

箱もミニマルで良い感じですし、リボンもかわいらしいです。

普通にネットから購入しても、プラス数百円で箱が手に入りますよ。

Hiroshi
Hiroshi
ギフトボックスのおしゃれな雰囲気も含めて、もらった方はテンションが上がるんですよね(僕もそうでした)。

シックストックスはどこで買える?【男性へのプレゼントに最適な靴下】

出典:https://www.artwork-shop.jp/

シックストックスの靴下は、全国のセレクトショップ等に取り扱いがあります。

(取り扱い店舗のURLを貼っておきます)

SHOP LIST | CHICSTOCKS

 

ただ、まだ新鋭ブランドということもあり、取り扱い店舗は少なめ。

旗艦店ではない以上、各店舗もフルラインで揃っているわけないですし、在庫切れ・サイズ欠けも結構あります。

「プレゼントしたい」と思えるデザイン・サイズがない可能性も…

 

そこで、シックストックスはオンラインで探すのがおすすめです。

オンラインならラインナップ全てが見られる上、ギフトにも対応。

また、Amazon楽天に公式通販があるので、かなり買いやすいですよ。

Hiroshi
Hiroshi
とはいえ、人気のネイビーやベージュ系はプレゼントシーズンになると在庫が切れる場合もあります。ぜひお早めに!

【まとめ】靴下のプレゼントはいらないと思われない←シックストックスが超おすすめ

まとめ。シックストックスの靴下なら、男性へのプレゼント選びに最適

プレゼントの靴下だと、ラル◯ローレンやポー○スミスが定番です。

しかし僕の経験上、これらの靴下は割とすぐにダメになります…

Hiroshi
Hiroshi
いずれも履いたことがありますが、半年くらいで糸がほつれたり、毛玉だらけになりました。値段は変わらないんですけどね。

靴下専業ブランドではないので、仕方ないのかもしれません。

(他のハイブランドも同じですね)

 

その点、シックストックスは専業なのでクオリティの高さが違います。

消耗品であるはずの靴下が、消耗品ではなくなるレベルです。

そして「有名ブランド」ではない分、じっくり考えてくれたんだなと思ってもらえるはずです。

「いらない」と思われる心配はなく、超喜ばれるでしょう。

 

どうせプレゼントするなら、長く愛用してもらいたいと思うもの。

良い靴下をあげたい方は、ぜひシックストックスをチェックしてみてください。

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品