おすすめファッションアイテム

【一生モノ】20代メンズが人生で買ってよかった高級品5選

こんにちは。ヒロシです。

僕はミニマリスト気質がある20代の男性。

本当に気に入ったものだけを買い、永く愛用するタイプです。

Hiroshi
Hiroshi
このブログでは、そんな僕のおすすめアイテムを中心に紹介しており、月に20万回以上見ていただいています!

今回は、僕が「買ってよかった」と心から思う、一生モノを5つ紹介します。

 

正直、値段的には結構高いものが多いです。

しかし、間違いなく永く愛用できる名作ばかり。

安いものを買うより、満足度もコスパも高くなります。

(20代・30代・40代・50代と、年齢問わず使えますよ)

 

「長く使い続けられる一生モノの何かが欲しい」

こんな方は、ぜひ参考にしてみてください。

【前提】一生モノの定義

よく言われる「一生モノ」という言葉。

本記事では、以下のいずれかを満たすものと定義します。

  • 文字通り「一生使える」品質を持つ良品
  • 「買い換えても使い続けたい」と思える定番アイテム
    →一生使えるかは分からないが、同じものが買える

いずれにせよ「末長く使いたい」と本気で思える名品です。

Hiroshi
Hiroshi
実際に一生使うかは別の話ですが、ずっと使い続けたいと思えるレベルの名作=一生モノと理解してください。

【一生モノ】20代メンズが買ってよかった高級品5選

僕が「買ってよかった」と心から思う、一生モノは以下の5つです。

  • 【ワークチェア】オカムラ・シルフィー
  • 【革靴】サンダース・ミリタリーダービーシューズ
  • 【コート】CIOTA・バルマカンコート
  • 【ニット】BATONER・シグネチャーニット
  • 【ストール】イノウエブラザーズ・アルパカストール

いずれも10年以上は愛用できるであろう、名作中の名作アイテム。

Hiroshi
Hiroshi
「壊れるまで使い続けたい」「一生モノレベルで愛用したい」と本気で思える良品です。

【ワークチェア】オカムラ・シルフィー

オカムラの名作ワークチェア・シルフィー。

10万円以上しますが、間違いなく買ってよかったと本気で思えます。

 

理由としては、何より腰痛や首痛の悩みが解消したから。

シルフィーは、前傾・直立・後傾の3つのリクライニングが可能。

(写真は前傾です)

常に正しい姿勢で作業できるので、体が痛くならないんです。

Hiroshi
Hiroshi
後傾にすればリラックスもできます。長時間の作業や仕事をしても、体に疲れが溜まりくいです。

 

また、座面のクッションにも一工夫あります。

お尻が当たる後方は、硬めの作り。

一方で太ももを支える前の方は、比較的柔らかめです。

そのためか、長時間座っていてもお尻が全然痛くなりません。

Hiroshi
Hiroshi
安い椅子を使っていた頃は、首・腰・お尻の痛みでかなり悩んでいましたが、シルフィーにしてからは体が本当にラクです…

オカムラ・シルフィーをレビュー。大人気チェアを1年間使った感想

 

オカムラのワークチェアは、多くが10万円以上と高額。

しかし8年も保証があるので、割と買いやすいです。

10年程度は使えるので安心ですし、むしろその長期保証は、一生使える水準の品質がある裏返しとも言えますね。

僕自身「人生変わるレベルで買ってよかった」「ずっと使いたい」と思う名作。

特に在宅ワークをしている方には、本気でおすすめしたいです。

【革靴】サンダース・ミリタリーダービーシューズ

サンダースは、イギリスの名門ブランド。

定番のミリタリーダービーシューズは、一生モノになり得る名作です。

 

まず目を引くのは、やはりデザイン性。

やや丸みの帯びた、外羽根の形。

普遍的なデザインであり、あらゆるスタイルに合う汎用性があります。

Hiroshi
Hiroshi
デニムからスーツまで何でも合います。無骨さと上品さのバランスが素晴らしい…

私服の時はもちろん、ジャケパンの際もガンガン履いています。

(友達の結婚式にも履いていきました)

 

非常に屈強な作りも、一生モノである理由です。

グッドイヤーウェルト製法という、伝統的な方法で作られたこちら。

何回もソール交換ができるので、何十年と愛用できます。

Hiroshi
Hiroshi
加えてサンダースはソール自体も屈強で、すり減りも非常に遅いです。ソールを交換する頻度も抑えられるので、より長く履ける&お財布にも優しいですよ。

【サイズ感】サンダース・ミリタリーダービーシューズをレビュー

 

価格は5万円程度と、一般的には高額な部類。

(他ブランドに比べるとコスパは超高いですが)

ですが、デザイン・品質の両面で一生モノになり得る革靴です。

これからもずっと愛用していきたいと思っています。

【コート】CIOTA・バルマカンコート

「一生モノのコートが欲しい」

そう思って購入したのが、CIOTAのバルマカンコートです。

超普遍的で美しい、最高のコートだと思っています。

Hiroshi
Hiroshi
CIOTAは岡山県の工場が手がけるブランド。厳選された素材と良質な作りが魅力で、玄人から大きな支持を得ています。

 

まず素晴らしいのが、何よりシルエットです。

モチーフは、80年代のヴィンテージのステンカラーコート。

特に綺麗なのが肩周りで、肩の流れに沿って落ちてくれるんですよね…

Hiroshi
Hiroshi
流行りのオーバーサイズではなく、程よく余裕がある程度。トレンドに関係なく永く愛用できます。

 

また、生地もなめらかな超高級コットン。

光沢があって上品なのに加え、ハリ感もあります。

おかげで綺麗に広がってくれるので、本当に美しく見えます…

 

価格は約10万円。

確かに高額ですが、その価値は間違いなくあります。

  • 超希少&高級な「スビンコットン」を採用
  • 世界一の工場と言われる「サンヨーソーイング」製
  • 普遍的なコットンギャバジン生地のコート
    →春や秋に加え、中に着込めば冬も着られる

(他のブランドで作ったら、おそらく全然高くなるでしょう)

一生モノのコートを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

【ストール】イノウエブラザーズ・アルパカストール

「ストールは一生コレでいい」「コレしか買わない」

イノウエブラザーズのアルパカストールは、そう思うくらいの名品です。

 

アルパカ素材は、保温性と耐久性に優れた素材。

あたたかい上に、全然毛玉ができません。

肌触りも超なめらかで、チクチク感もゼロです。

Hiroshi
Hiroshi
4年前に買ってガンガン使っているストールにも、毛玉は全然できません。

 

ちなみに僕が愛用しているのは、「200cm×70cm」の大判タイプ。

(気に入りすぎて2本持っています)

ボリューム感が絶妙で、本当に使いやすいんですよね…

【レビュー】イノウエブラザーズのストールは極上の逸品

 

価格は1本1万円くらいから買えます。

(大判のストールは17,600円です)

値段と品質のどちらの面でも、一生使いたい・他はいらないと思える名品です。

【ニット】バトナー・シグネチャーニット

バトナーは、高級ブランドのニットを作ってきた工場によるブランド。

とにかくクオリティが高すぎる、一生モノのニットです。

 

魅力は、あたたかさと耐久性です。

超高品質なウールを採用した、やや厚手のニット。

超あたたかくて、薄手のコートでも寒くないんですよね。

(何ならこれ1枚でも寒さを感じないレベルです)

そして、ガンガン着ても全然毛玉ができません。

Hiroshi
Hiroshi
型崩れもしにくいですし、チクチク感もなし。本当にタフな作りです。

 

シルエット的には、程よいゆるさのあるベーシックな印象。

トレンド関係なく着られる、普遍的なシルエットと言えますね。

畦編みなので程よく存在感があり、1枚でも様になりますよ。

バトナーの名作・シグネチャーニットをレビュー

 

ニットはデリケートなアイテムのため、一生モノにするのは難しいです。

(良質なニットでも、結構毛玉ができます)

一方で耐久性の高いバトナーなら、間違いなく永く愛用できます。

僕もこの先ずっと着ていくつもりです。

20代メンズが買ってよかった一生モノ・まとめ

高級だけど買ってよかったものを紹介しました。

いずれも「一生使いたい」と思えるクオリティを誇る、名作中の名作です。

値段は張りますが、長く使うと考えたら、コスパはかなり高いはず。

Hiroshi
Hiroshi
愛着も湧いてきますし、長く愛用する・一緒に時を過ごすというストーリーにも価値があるように感じます。

 

特に定番品は、長く愛せる良品を選んだ方が満足度も上がるでしょう。

(安いものを買い替えるのはもったいないですし)

本記事が、あなたの買い物の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品