おすすめアイテム

【最高】オカムラ・シルフィーをレビュー!座り心地とコスパが神すぎるワークチェア

こんにちは。ヒロシです。

  • 在宅ワークで長時間座っているから、腰や肩がかなり痛い…
  • なかなか自分に合う椅子が見つからない…
  • 高級オフィスチェアが欲しいけど、どれも高すぎる…

在宅でデスクワークをする人も増えてきた昨今。

長時間座って作業するのは体に大きな負担がかかります。

必然的に、上記のような悩みを持つ人も多いはず…

 

そんな方におすすめのオフィスチェアが、オカムラのシルフィーです。

体への負担を軽減してくれる椅子で、かつ自分好みに調整も可能。

僕自身、シルフィーに変えてから腰痛や肩こりで悩むことがマジで無くなりました。

僕は在宅でPC作業をしているのですが、以前はいつも体が痛かったです。
でもシルフィーにしてから毎日めちゃくちゃ楽になりました。

そこで今回は、オカムラ・シルフィーを徹底レビューしていきます。

 

記事の中では、良い面・悪い面はもちろん、安く買う方法等にも触れています。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラのオフィスチェア・シルフィーの概要

オカムラは、オフィス家具を中心に展開する日本のメーカー。

たくさんの高級オフィスチェアを出しています。

シルフィーは、2014年に登場したオカムラの定番モデルの1つです。

 

シルフィーの特徴が、ラインナップの豊富さです。

出典:https://item.rakuten.co.jp/okamura-is/

カラー・ヘッドレストの有無・アーム・素材などをカスタム可能。

自分好みに選べるので、男女問わず非常に人気を得ています。

またグッドデザイン賞を受賞するなど、非常に評価も高いモデルです。

 

ちなみに価格はオプションによりますが、だいたい7〜10万円前後

重さは20kgほどあります。

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラ・シルフィーのレビュー。魅力やメリットを語る

僕はシルフィーを購入後、毎日使ってきました。

ちなみに、僕が購入したシルフィーのスペックは以下です。

  • カラー:背面・座面ともにブラック
  • 素材:背面はメッシュ・座面はクッション
  • ヘッドレスト:あり(エクストラハイバック)
  • アーム:可動肘(アジャストアーム)
  • ランバーサポート:なし

(シルフィーの前は1万円くらいの安い椅子を使っていました)

 

今から、シルフィーを使って感じたことを徹底レビューしていきます。

先に結論を言うと、人生変わったと思うくらい良かったです。

①:前傾姿勢に対応。腰が全然痛くならない

シルフィーにしてから、マジで腰痛の悩みがなくなりました。

(安い椅子を使っていたときはいつも腰が痛かった…)

その秘密は「シンクロリクライニング」です。

レバーをひねるだけで、前傾・直立・後傾の3つに調整可能。

作業をする際にベストな状態で姿勢を支えてくれるんです。

 

前傾リクライニング

最も目玉となるのが、こちらの「前傾リクライニング」です。

PC作業や勉強で前かがみになった場合に、背もたれが姿勢をサポート。

猫背になる時も正しい姿勢で作業できるので、腰がめちゃくちゃ楽。
ずり落ちる感じはなく、本当に絶妙な具合ですね。

何か書き物をする際・集中して作業したいときに重宝します。

(前傾リクライニング目当てでシルフィーを買う人も多いそう)

 

直立モード

直立モードは基本となる形。

背筋がしっかり伸びるので、本当に疲れにくいです。

通常の作業の際には、基本的に直立モードで座っています。

 

後傾モード

後傾モードなら、背もたれはしっかり目に倒れます。

少し休憩したい時・本を読みたい時によく使っていますね。

リラックスできるので、かなり良い感じです。

 

前傾・直立・後傾の3つを調整することで、シルフィーはその都度姿勢を整えてくれます。

腰の負担が圧倒的に減って、本当に楽になりますよ。

②:アーム(肘掛け)が本当に楽

(肘掛けの高さや角度を調整できる)

僕はアクティブアーム(可動肘)を選んだのですが、これがマジで良かったです。

理由は、作業中の腕を支えてくれるから。

シルフィーの肘掛けは、高さ・位置・向きを自分好みに調整可能。

ベストな位置で肘を乗せて作業ができるので、肩〜腕がマジで疲れにくいです。

僕は今まで肘掛けのない椅子で作業していたので、あまりの快適さに驚きました…

 

肘掛けはオプションですが、ぜひ「可動肘」のタイプを選んでほしいです。

可動肘あり・なしで、1日の疲労感が全然変わると思いますので。

(肩こりも解消されますよ)

③:自分好みに調整できる

シルフィーは、自分で調整できる幅が本当に広いのが特徴的。

体型・性別に関係なく、誰でも絶妙なフィット感で座れます

 

座面の奥行き

座面を前に出した状態

座面を後ろに調整した状態

写真のとおり、シルフィーは座面の奥行きを前後に調整可能です。

座面はフィット感に大きく関わる部分。

男性はもちろん、小柄な女性であってもベストな座面の位置で座れます。

 

背もたれのフィット感

背もたれを調整できる「バックカーブアジャスト機能」も魅力の1つ。

赤丸のレバーを上下させると、背もたれのカーブをゆるめる・きつくすることが可能です。

出典:https://www.okamura.co.jp/

自分にぴったりの背中のフィット感を実現できます。

背中に「ついてくる」感覚を実感でき、当初は本当に感動しました。

 

シルフィーは座り心地・フィット感の面でも、あらゆる人に合う椅子です。

アレンジの幅が広いので、どんな方でも快適に座れますよ。

④:お尻が全然痛くならない

僕はやせ型で、以前は椅子に数時間座っているとお尻が痛くなっていました。

しかし、シルフィーにしてから「お尻が痛い」と感じることがマジでなくなりました

 

その理由は、オカムラの「異硬度クッション」です。

出典:https://www.office-com.jp/

オカムラの座面は、硬さの異なる3つのクッション材を使用。

  • 後方(お尻の部分):硬めのクッション
  • 真ん中:中くらいの硬さ
  • 前方(太ももの部分):やわらかめのクッション

お尻から太ももにかけて、それぞれ最適な具合にサポートしてくれます。

おかげで、長時間座っても全然疲れないんです。

(お尻が痛くならないことが本当に嬉しすぎた…)

⑤:組み立て不要。引き取りにも対応

シルフィーは到着した瞬間に使えるので、本当に楽です。

  • 完成品が届く=組み立て不要
  • 配送業者の方が段ボールを持ち帰ってくれる
  • 不要になった椅子があれば無料で回収してくれる 

後半2つは購入店舗によるかもしれませんが、全く手間がないので最高でした。

(ちなみに僕は楽天で買いました)

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラ・シルフィーのデメリット

個人的に、オカムラのシルフィーは最高のオフィスチェアでした。

でも「人によっては気になるかも」と思うポイントがあったのも事実。

以下にてデメリットを正直に書きますので、参考にどうぞ。

①:価格が高い

オプションによりますが、シルフィーの価格は10万円弱ほど。

椅子はピンキリで安いものも多いので、間違いなく高級品です。

実際に僕も、購入前は「高いな…」と思っていました。

 

でも、実はシルフィーはコスパが超優秀です。

高級オフィスチェアって、15〜20万円は普通の世界なんですよね。

オカムラの他モデル・エルゴヒューマン・ハーマンミラー等々、大半の高級オフィスチェアはシルフィーよりも全然高いです

その点、シルフィーは10万円以下で買える価格設定。

それで座り心地等はパーフェクトに良いので、コスパは本当に優秀です。

 

また、シルフィーには8年間の保証がついています。

シルフィーが10万円弱とすると、8年使えば年間12,000円ほど。

椅子は毎日使うものなので、1日あたり30円くらいです。

1日30円で腰痛や肩こりの悩みから解放され、快適に作業できます。
そう考えると、投資する価値は十分あるかなと。

(僕は椅子をケチって体がバキバキになる方が嫌だった…)

 

総じてシルフィーは確かに高額ですが、値段以上の価値は間違いなくあります。

デスクワークが本当に楽になるので、本当におすすめ。

②:大柄な人には向かないかも

シルフィーは比較的コンパクトなサイズ感のオフィスチェアです。

身長180cm台後半など、大柄な体型の人だと窮屈に感じる可能性はあるかなと。。

(割とよく言われていますね)

 

ただ、それ以外の体型の人ならほぼ確実に合う椅子だと思います。

(僕は身長177cmですが、かなり良い具合にフィットしました)

理由は前述のとおり、自分で調整できる幅が本当に広いからです。

  • 座面の奥行き
  • 背もたれのカーブ
  • 肘掛けの高さや位置 

自分好みにカスタマイズできるので、どんな方でも好みの座り心地を実現可能。

大半の体型はカバーしており、万人におすすめできる椅子ですよ。

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラ・シルフィーに関してよくある質問

オカムラのシルフィーに関してよくある質問に回答します。

すべて僕自身も購入前に悩んでいたことです。

実際に購入して使ってみた経験から回答するので、ぜひ参考にどうぞ。

①:エクストラハイバック(ヘッドレスト付)を選ぶべき?

シルフィーは、背もたれの高さを3種類から選べます。

  • ローバック
  • ハイバック:+5,000円ほど
  • エクストラハイバック(ヘッドレスト付き):+2万円ほど

(値段も順々に上がっていきます)

結論を言うと、エクストラハイバックを選ぶべきだと思います。

 

理由は、よりリラックスできるからですね。

PC作業・勉強をする際、一息入れたいときもありますよね。

そんな時、エクストラハイバックなら頭を支えてくれます。

これがめちゃくちゃリラックスできるんです。

 

でも一番安いローバックとエクストラハイバックの差額は2万円か…
この価格差は結構大きいな…

2万円の差額は大きいので、気持ちは本当にわかります。

実際、僕もめちゃくちゃ迷ったので。

でも「どうせ良い椅子を買うなら妥協せずに選んだ方が良い」と僕は思いました。

(変にケチると後悔しますので)

 

ただ、ハイバックを選べばヘッドレストは後付けもできます

出典:https://www.offinet.com/

(ローバックだと後付けできません)

どうしても迷って決められない方は、ハイバックもありだとは思いますね。

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

②:ランバーサポートは必要?

出典:https://item.rakuten.co.jp/look-it/56-c6519y/

ランバーサポートは、6,000円程度でつけられるオプションです。

後ろから腰を押してくれるパーツで、姿勢をよく保ってくれるそう。

 

ただ、結論としては「基本的になくても良い」と僕は思います。

(ランバーサポートはつけませんでした)

理由は以下です。

  • 腰が逆に痛くなるとの口コミが結構あった
  • つけたけど外している人も多い
  • シルフィーは通常でも十分姿勢が保たれる 

僕も当初はつけるか迷いましたが、いらないとの声が多くつけませんでした。

結果的になくても全く困っていないので、つけなくて正解だったなと思います。

シルフィーを安く買う方法は?

安く買いたい方は楽天がおすすめ。

オカムラ正規店で安心して買えるのに、定価よりも10〜20%安いです。

しかも楽天ポイントがめちゃ貯まります。

(僕も楽天で買いました)

 

早さ重視の方はAmazonですね。

オフィスチェアは通常、到着まで数週間〜1ヶ月ほどかかります
僕も3週間ほど待ちました

一方でAmazonなら即日発送です。

すぐ欲しい方には超おすすめ。

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

【レビューまとめ】オカムラ・シルフィーは生活が変わる椅子だった

オカムラのシルフィーをレビューしました。

在宅ワーカーにとって、暮らしが変わるワークチェアです。

僕は今まで安い椅子を使っており、肩や腰がずっと痛かったです。
でもシルフィーにしてから本当に楽になりましたね。

心地よさにマジで感動したので、本当に買ってよかったと思っています。

 

価格は10万円と高額ですが、椅子は毎日使うもの。

以下のメリットを考えると、投資する価値は十分あるかなと。

  • 体が圧倒的に楽になる
  • 生産性が上がる
  • 長時間座っても苦にならず、仕事・作業がはかどる

実際に僕自身も、金額以上のリターンを感じています。

 

予算10万円で良い椅子を探している方には、シルフィーは本当におすすめです。

幅広い体型をカバーしているので、男性・女性問わず誰でもフィット。

ぜひチェックしてみてください!

オカムラ(岡村製作所)
¥89,760
(2021/12/03 11:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品