おすすめファッションアイテム

【サイズ感】バトナーの名作・シグネチャーニットをレビュー【BATONER】

こんにちは。ヒロシです。

寒い冬の定番アイテムが、ウールのニットですよね。

しかし、ニット選びってかなり難しくないですか?

  • 本当に良いニットは4〜5万円以上して高い
  • 安いニットは寒そうだし、見るからに質が微妙な物が多い
  • ケアが面倒くさそうで高い値段を出すのは気が引ける

ニットは価格と品質がかなり比例しやすいアイテム。

加えてデリケートなので、買うのに本当に迷ってしまいますよね…

 

ニット選びに悩む方におすすめなのが、バトナーのシグネチャーニットです。

最高級の素材を使った、一切の妥協のない日本製のニット。

価格も非常に手頃なので、まず選んで間違いのない逸品です。

そこで今回は、バトナー・シグネチャーニットを徹底レビューします。

 

魅力はもちろん、サイズ感やデメリット等も詳しく紹介。

本記事を読めば、失敗しないニット選びができるはずです。

バトナー・シグネチャーニットの概要

BATONER(バトナー)は、山形県のニットメーカー・奥山メリヤスによるブランド。

ニット工場が直営で手がける「ファクトリーブランド」です。

関連:日本が誇るおすすめファクトリーブランド10選【コスパ抜群】

 

中でもこの「シグネチャーニット」は、バトナーを代表するアイテム。

アイコニックな八の字型の編み地が目を引く、ブランドの定番的なニットです。

立体的な編み地が本当に綺麗ですね…

 

今回僕が購入したのはクルーネックのブラックですが、バリエーションも超豊富。

出典:https://jackinthenet.jp/

選べないほどカラー展開があり、どれも本当に絶妙な色味です。

また、形もたくさん用意されています。

  • クルーネック
  • モックネック
  • タートルネック
  • ドライバーズニット(ジップのあるハイネックタイプ) 
  • カーディガン

品質・デザイン・バリエーションの全てで、非常に高次元なバトナーのニット。

欲しいと思えるものが、必ずや見つかるはずです。

バトナーの名作・シグネチャーニットをレビュー

実際に着てみて分かった、シグネチャーニットの魅力をレビューします。

具体的には、以下の5点ですね。

  • チクチク感ゼロ。ふっくらとやわらかい
  • 本当にあたたかい
  • 肉厚でタフな質感。ガンガン着られる
  • 1枚でも様になるデザイン性
  • 抜群のコストパフォーマンス 

総じて本当にレベルが高く、文句のないニットでした…

①:チクチク感ゼロ。ふっくらとやわらかい

触れてみて驚いたのが、生地の上質さです。

全くと言っていいほどチクチクしません。

 

その秘密は「素材」にあります。

シグネチャーニットは、超高品質なスーパーファインメリノウールを使用。

さらに独自の加工を施すことで、ふっくらとしながらも毛羽立ちを抑えているんです。

サラッと感とモチモチ感の両方を感じる、本当に絶妙な肌触り。
素肌に触れても全然チクチクせず、着心地は抜群です。

「最高峰のニットってこんな感じなんだ…」と感動しましたね。

 

ウールニットのチクチクが苦手で、敬遠している方も結構多いはず。

バトナーのニットはチクチクと無縁なので、本当におすすめですよ。

②:本当にあたたかい

超高品質ウールを100%使っていることもあり、文句なしであたたかいですね。

生地には程よい厚みがあり、冬らしい素材感。

寒い時期に頼れる1着です。

③:タフな質感でガンガン着られる

「ニット=デリケートなアイテム」と思っている人も多いはず。

しかし、シグネチャーニットは非常に劣化しづらいです。

 

実際に着てみるとわかるのですが、かなりタフな印象を受けます。

一般的なニットとは、生地から出る雰囲気・本物感が明らかに違うんですよね。

実際、特殊な機械で目を詰めて、時間をかけて編み立てているのが特徴的。

そのおかげが、本当に型崩れがしにくい・毛玉もできにくく仕上がっています。

 

基本的にニットは、ケアに気を遣わないといけないアイテム。

  • 摩擦によって毛玉ができやすい
  • 着用で生地が伸びやすい 

上記の特徴があるからです。

しかしシグネチャーニットに関しては、その心配は無用。

肌触りの良さも含め、まるでスウェットのような感覚で着られますよ。

④:1枚で様になるデザイン性の高さ

シグネチャーニットは、編み地が本当に立体的で美しく出ています。

加えて、シルエット的にもややリラックス感のある印象。

1枚で着ても物足りなさは全くなく、しっかり主役として存在感を発揮します。

(もちろんコートのインナーとしても優秀です)

⑤:抜群のコストパフォーマンス

シグネチャーニットは、税込24,200円です。

クオリティを考えたら本当に手頃だと思います。

 

もちろんニット1枚に2万円オーバーですから、一般的には高額です。

しかし、国産ブランドのニットは3万円オーバーが普通なんですよね。

実際、奥山メリヤスが作っているAURALEEのニットは、バトナーとほぼ同じもので4万円超です

確実に長く着られると思いますので、買う価値は十二分にあるかなと。

着心地・あたたかさ・デザイン性などは、本当に申し分なく素晴らしいですし。

 

バトナーは中古でもアリ

バトナーのニットが欲しいけど、2万円オーバーはどうしても厳しい…

バトナーのニットに関しては、中古でも普通にアリだと思います。

というのも、上述の通りかなり劣化しにくい生地だからです。

作りが本当に良いために型崩れしづらい・毛玉もできづらいので、中古でも問題なく着られるでしょう。

中古なら半額くらいで買えるので、見てみる価値はありますね。

 

なお楽天市場の各ブランド古着店では、バトナーのニットがたくさんあります。

より安く購入したい方は、ぜひチェックしてみてください。

【楽天】バトナーのブランド古着を探す

バトナー・シグネチャーニットのデメリット

続いてデメリットです。

シグネチャーニットは素晴らしいアイテムですが、気になった点もありました。

正直に書くので参考にどうぞ。

①:重い

手に取ってみると、生地が分厚いためか結構重たかったです…

(良い素材を贅沢に使っている裏返しではありますが)

軽いニットが好きな方だと、結構マイナスポイントかもしれません。

 

ただ、着てしまうとあまり重さは気にならなかったです。

奥山メリヤスの技術のおかげなのか、肩が凝ることも全くなく。

持ったときには重量を感じただけに、かなり驚きましたね。

バトナー直営店の店員さんも「着てみると重くないと言う人が多い」とおっしゃっていました。

ずっしり感よりも、着心地の良さが勝る印象です。

 

もちろんハイゲージの薄手のニットよりは重さはあります。

ただ非常に快適に着られるので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

②:裾のリブが結構しっかり目

シグネチャーニットは、スソのリブの締め付けがしっかり目。

この辺は割と好みが分かれるかなと。

(締め付けがない・ストンと落ちるニットが好きな方も多いはず)

 

ただ正直、リブの締め付けはサイズ調整でなんとかなりますね。

僕もリブは割と苦手ですが、ゆるめのサイズを買ったので問題なかったです。
絶妙なボリュームが出る、良い雰囲気で着られました。

リブが苦手な方は、サイズを上げれば問題ないかなと。

なおサイズ感に関しては、以下で取り上げるのでぜひご覧ください。

バトナー・シグネチャーニットのサイズ感

シグネチャーニットは、1〜4の4サイズ展開。

  • 1:メンズS相当
  • 2:メンズM相当
  • 3:メンズL相当
  • 4:メンズXL相当

※サイズ4は取扱いがないお店も多い

サイズ感としては、ジャスト〜少しだけゆったりめと言ったところ。

上記を目安に普段のサイズを選べば、基本的にちょうど良く着られるはず。

 

ちなみに僕は、177cm59kgのやや細身体型でサイズ3を選びました。

程よいゆるさがあり、袖や裾のボリューム感が本当に絶妙。

今っぽいリラックスした雰囲気で着られます。

 

なおサイズ2も試着したのですが、以下の理由でサイズ3にしました。

  • サイズ2はジャストだった
    →今っぽく少しゆるめに着たかった
  • シグネチャーニットはベーシックなサイズ感
    →サイズを上げてもバランスが取れる
  • サイズ2だとスソのリブの締め付けが少し気になった
    →サイズを上げて解消

ジャストで着るなら「サイズ2」でしたが、気分的にサイズ3を選んだ感じです。

177cm59kg・サイズ3を着用

一番の懸念点だった、リブの締め付けも気にならず。

むしろ絶妙なふくらみが出てくれるので、非常に良い感じですね。

 

総じてシグネチャーニットは、かなりバランスの取れたシルエット。

1サイズアップでもジャストでも問題ないので、お好みで選んでOKだと思います!

バトナー・シグネチャーニットを使ったコーデ

  • Knit:BATONER
  • Pants:STILL BY HAND
  • Shoes:adidas STAN SMITH 

1枚でサラッと合わせた、超シンプルなコーデ。

バトナーは表情が綺麗なニットなので、1枚でも主役になれます。

 

真冬の時期には、もちろん上からコートを羽織ればOK。

シグネチャーニットは合わせるアイテムも選ばないので、非常に使いやすいですね。

【レビューまとめ】バトナー・シグネチャーニットは買って損のない名作

バトナーのシグネチャーニットをレビューしました。

価格・デザイン・着心地など、本当に素晴らしいニットだと感じます。

税込24,200円でこのレベルのニットが手に入るのは、おそらくバトナーだけでしょう…

「1枚持っておいて損はない」と断言できますね。

(買ったばかりですが、他の色や型でリピートしたくなりました)

 

バトナーのニットがあれば、寒い冬も楽しく乗り越えられるはず。

本当におすすめなので、ぜひチェックしてみてください!

(プレゼント等にももちろんおすすめですよ)

 

追伸:おすすめのケアアイテム

ニットは基本的にクリーニングが必須。

しかしランドレス・ウールカシミアシャンプーがあれば、自宅で簡単に手洗いできます。

【使い方解説】ランドレス・ウールカシミアシャンプーのレビュー

 

クリーニング代が浮くので、めちゃくちゃお得ですよ。

ニットとあわせて、ぜひチェックしてみてください!

ザ・ランドレス(THE LAUNDRESS)
¥2,667
(2021/12/03 21:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品