スニーカー・サンダル

【知らないと損】2種類のスタンスミスの違い【オリジナル・ABCマート限定】

こんにちは。ヒロシです。

「世界で最も売れたスニーカー」として愛されている、アディダスのスタンスミス。

それだけに、購入を検討している方も多いと思います。

 

しかし、実はスタンスミスには大きく分けて2種類あるんです。

違いを知っておかないと、お買い物の際の失敗や損につながります

せっかくお金を出して買うんですから、失敗はしたくないですよね。。

そこで本記事は2種類のスタンスミスを取り上げます。

 

本記事の内容

  • 2種類のスタンスミスの具体的な違い
  • ネット通販での見分け方←価格だけでは分からない
  • おすすめのスタンスミス

この記事を書いている僕は、スタンスミスの愛用歴が10年以上。

Hiroshi
Hiroshi
中学時代から履き潰しては買い替えてきました。

もちろん2種類のスタンスミスを両方履いたことがあります。

 

この記事を読むことで、後悔のないスタンスミス選びができるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

スタンスミスは2種類あるって知ってました?【オリジナル・ABCマート限定】

タイトルに書いたとおりですが、スタンスミスには大きく分けて2種類あります。

1つが「高級版」ともいえる、オリジナルを復刻したスタンスミス。

もう1つが「廉価版」の、ABCマート限定スタンスミスです。

①:高級版(復刻版)スタンスミス

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

こちらが、僕も持っている高級版(復刻版)のスタンスミスです。

ちなみに価格は15,000円ほど。

 

高級版のスタンスミスが出たのは2014年の秋冬シーズンから。

実は、スタンスミスは2012年に一度販売が中止されました。

Hiroshi
Hiroshi
1971年に誕生したオリジナルを復刻して2014年にリリースされたのが、この高級版モデルです。

それ以来、高級版スタンスミスは継続的にリリースされ、セレクトショップ等に置かれています。

②廉価版(ABCマート限定)スタンスミス

スタンスミス

出典:https://zozo.jp/shop/abc-mart/

こちらが、ABCマート限定の廉価版スタンスミス。

価格は9,000円程度と手に取りやすく、こちらの方が馴染みがあるかもしれません。

 

もともと日本ではABCマート限定の展開でしたが、2019年からアディダス公式でも取り扱いが始まりました。

Amazonや楽天でも普通に購入できますよ。

ABCマートにも、高級版のスタンスミスは売られています(都市部の店舗が中心ですが)。

なので、ABCマートに売られている=廉価版ではないので、そこだけ要注意です。

【オリジナルとABCマート限定】2つのスタンスミスの具体的な5つの違い

上でご紹介したとおり、オリジナル(高級版)もABCマート限定(廉価版)もかなり似ています。

(どちらも同じスタンスミスなんですから当然ですが)

 

でも実は結構な違いがあります。

いや結構」ではなく「かなり」違います

(そのため「安いからABCマートにしよう!」と決めない方が良いでしょう)

Hiroshi
Hiroshi
正直、オリジナルの方が断然カッコいいです。

スタンスミスの違い①:シュータン

まずはシュータン。スニーカーの顔とも言える部分ですね。

スタンスミスのシュータンは、ご存知の通りおじさんの顔(スタン・スミス氏)の顔がプリントされています。

ただ、オリジナルとABCマート限定では、「シュータンの厚み」が異なります。

 

オリジナル(高級版)

スタンスミスのシュータン スタンスミスのシュータン

ご覧のように、オリジナルのシュータンは一枚革でできているので、比較的薄めのつくり。

また、レザーのシボ感もあって良い雰囲気です。

 

ABCマート限定(廉価版)

スタンスミスのシュータン

出典:https://www.abc-mart.net/shop/

一方、ABCマート限定のスタンスミスのシュータンは厚めです。

高級版のように一枚革ではなく、裏側にメッシュっぽいクッションがつけられています。

スタンスミスの違い②ソール

次に「ソール」です。

オリジナルとABCマート限定版では、ソールの「色」が異なります。

 

オリジナル(高級版)

スタンスミスのサイズ感

オリジナル(高級版)の方は、ご覧のようにオフホワイト・クリーム色っぽい色味です。

ヴィンテージっぽいこなれた雰囲気が出ていますよね。

Hiroshi
Hiroshi
奥行きがあって、仕上がりが良い感じ。

アッパーレザーと色味が異なるので、なかなか良いアクセントになっています。

 

ABCマート限定(廉価版)

スタンスミスのソール

一方でABCマート限定のスタンスミスは、ソールがアッパーと同じ色味です。

Hiroshi
Hiroshi
人によってはのっぺりした印象を持ってしまうかもしれませんね。

また、廉価版スタンスミスには黒もありますが、そのソールもアッパーと同じ黒色です。

スタンスミスの違い③:シルエット

スタイリング全体への影響も大きいシルエット。

この「シルエット」こそが、オリジナルとABCマート限定の非常に大きな違いだと思います。

 

オリジナル(高級版)

スタンスミスのお手入れ

高級版のスタンスミスは、非常にシュッとした細身のシルエット。

スタイリッシュな印象が強いので、「白い革靴」のようなクリーンさが特徴的です。

Hiroshi
Hiroshi
かなり洗練された印象で、ドレスっぽい着こなしの外しにも使えます。

 

ちなみに僕は紐を細いものに変えているので、よりスマートさが強調されています。

関連:スタンスミスのシューレース(靴紐)交換!【1,000円の簡単アレンジ】

 

ABCマート限定(廉価版)

ABCマート限定スタンスミス

出典:https://www.abc-mart.net/shop/r/r0001a1a/

一方でABCマート限定のスタンスミスはシルエットが丸く、ややぼってりした印象。

シュータンも分厚いので、全体的に野暮ったくなってしまうんですよね。

スタンスミスの特徴である、白い革靴のようなクリーンさが十分に味わえません。

スタンスミスの違い④:素材(レザー)

オリジナルもABCマート限定も、天然皮革(牛革)を使っています。

ただ、その質感などに大きな違いがあるんです。

 

オリジナル(高級版)

スタンスミスのお手入れ用ステインリムーバー

オリジナルにはシボ感のある牛革(スムースレザー)のみが使われています。

ナチュラルな表情がありつつも、上品さ・高級感も感じさせますよね。

 

このスタンスミスは僕が3年ほど履いているもの。

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

使い込んでいくごとに、履きジワや風合いなどの「味」も出てきます。

見た目の高級感・カッコ良さに加え、また長く履いていく楽しさも味わえますよ。

 

ABCマート限定(廉価版)

スタンスミス

出典:https://zozo.jp/shop/adidas/

一方でABCマート限定のスタンスミスは、天然皮革(牛革)と人工皮革の両方が使われています。

Hiroshi
Hiroshi
基本的には牛革を使い、強度が求められる部分には人工皮革を使っているという感じですね。

 

ただ、正直「すべて人工皮革かな?」と思ってしまうような質感です。

なぜなら、ABCマート限定版の牛革には、かなり厚めの加工・コーティングが施されているから。

全体的に均一な表情になりすぎていて、天然皮革のナチュラルさを感じられません。

Hiroshi
Hiroshi
履き込んでも味のある経年変化は見られないと思います。

スタンスミスの違い⑤:金色のロゴ

オリジナル(高級版)のスタンスミスにだけ、サイドに金色のロゴがあります。

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

シボ感のあるレザーと「STAN SMITH」のゴールドロゴが高級感を出していますよね。

「ロゴがいらない!」と思う方もいるかもですが、このロゴはスタンスミスのヴィンテージモデル(当初のもの)にありました。

生産された当時の雰囲気を再現していると考えれば、きっと気に入るはずです。

Amazonや楽天でスタンスミスの違いを見分ける3つのポイント

Amazonや楽天でスタンスミスの違いを見分ける3つのポイント

スタンスミスをAmazonや楽天などのネット通販で買おうとする方も多いはず。

Hiroshi
Hiroshi
高級版のスタンスミスは取扱店が限られていて、実際に見られない方も少なくないと思いますし。

 

ただ、ネットで買う際には1つ問題があります。

それは高級版と廉価版の見分けがつきにくい点です。

 

ネット通販には高級版と廉価版が混在している上、写真しか情報がありません。

レザーの質感やシルエットを見極めるのは難しいですし、加えて「高級版と廉価版では違います」的な文言は一切ないです。

高級版だと思って買ったのに、廉価版が来たら最悪でしょう。

そこで「スタンスミスの高級版or廉価版を判断する方法」を書いていきます。

はじめに。価格で判断するのはNG

前提として、価格で判断するのはNGです。

価格で判断するのがNGの理由
  • セール等で高級版が安くなることがある
  • 廉価版を高級版と同じくらいの価格で販売している業者がある

つまり、価格だけでは判断がつきません

 

価格だけで判断すると、高級版を安く買えるチャンスを逃したり、高いお金を出したのに廉価版を購入する可能性があります。

くれぐれも価格オンリーで判断はしないように。

①:金色のロゴ

最も分かりやすいのは「ロゴ」ですね。

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

このロゴがあるのは高級版だけなので、ゴールドロゴがある=100%高級版です。

ただ、シーズンや素材によっては、高級版でもゴールドロゴがないものもあるので要注意。

Hiroshi
Hiroshi
分かりやすい例だと、ハイエンドモデルの「スタンスミスリーコン」にはロゴがありません。

 

ただ、ロゴがある高級版スタンスミスは定番的に出ています。

ロゴを目安にすると、かなり分かりやすいと感じますね。

②:ソールの色

ソールの色も、ネットの写真で分かりやすいポイント。

スタンスミスの牛革のアッパーレザー

オフホワイトならば「高級版」・アッパーと同じホワイトならば「廉価版」です。

 

ただ注意点として、この「ソールの色」は、定番の白のスタンスミスしか見分けられません

Hiroshi
Hiroshi
ソールの色はアッパーの色によって変わる場合もあります。

 

スタンスミスには、シーズンカラーとして白以外のものも出ます。

白以外のスタンスミスを買う際には、下の「シュータン」を参考にしていただけたらと思います。

③:シュータン

スタンスミスのシュータン

この「シュータン」を見れば、一発で高級版・廉価版を見分けることができます。

前述のように、高級版のシュータンは薄い一方、廉価版は分厚いので。

 

シュータンが分厚い高級版はないため、シュータンが薄いスタンスミスは100%高級版です。

シュータンの厚みはネットの写真でも分かりやすいと思いますよ。

ネットで買う際には、普段より「ハーフサイズ上げる」のもポイント。

サイズアップすることで紐をギュッと絞れるので、シルエットにメリハリがつき、よりカッコよく履きこなすことができます。

【サイズ感】adidasのスタンスミスはハーフサイズアップがおすすめ【愛用歴10年が解説】

 

※追記

ABCマート限定の「STAN SMITH J」には、一部シュータンが薄いモデルがあります。

ただ、シュータンの裏側もメッシュ素材になっている上、価格が安い(ABCマートは基本的に全て定価)です。

ソールもアッパーと同じ真っ白なので、見分けはつきやすいですよ。

2種類の違いを知った上でスタンスミスを選ぼう【迷ったら高級版がおすすめ】

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

本記事で紹介したように、スタンスミスには2種類あります。

使っている素材やディテールにまで意識を向けてみると、より満足のいくスタンスミス選びができるかと。

 

ただ、個人的には圧倒的に高級版スタンスミスがおすすめ

カッコよさが全然違いますし、長く履き込んで味を出していくことも楽しめるので。

 

確かに廉価版よりも高級版の方が値段は高いです。

スタンスミスのお手入れ

しかし長く履くことを考えると、高級版の方が満足度が高いのは間違いありません

高級版は長く履けるので、結果的にコスパが高くなりますし。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕は、高級版スタンスミスを4年ほど履いています。
少し高いお金を出して本当によかった…

 

スタンスミスのサイズ選びは、【サイズ感】adidasのスタンスミスはハーフサイズアップがおすすめで詳しく解説しています。

本記事を参考に、ぜひ後悔のないスタンスミス選びをしてください!

 

関連記事

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

POSTED COMMENT

  1. アバター tm より:

    廉価版のスタンススミスはABC-MART限定ではないですよ。今年の秋からアディダス直営店での取り扱いが始まってます。アディダスオンラインで確認できます。
    またレディース限定の定価7000円くらいのスタンスミスはシュータンが薄いものも存在します。そこで判断されるのは間違ってます。これもABC-MARTオンラインで確認できます。
    ネットで確認できるものは確認してから、ブログの記事あげたほうがよろしいと思います。
    間違った情報が広まる前に訂正をお願いします。

    • Hiroshi Hiroshi より:

      tm様

      ご指摘ありがとうございます。
      失念しておりました。

      確認の上、訂正いたしました。