おすすめブランド

日本が誇るおすすめファクトリーブランド7選【コスパ抜群】

こんにちは。ヒロシです。

手頃な価格で品質の高い服が着たいな。おすすめのブランドはないかな?

こんな方におすすめなのが「ファクトリーブランド」です。

世界の高級ブランドと同等のクオリティのアイテムが、よりお得に手に入るかもしれませんよ。

 

本記事の内容

  • ファクトリーブランドとは何か?
  • 日本製のおすすめファクトリーブランド7選
  • ファクトリーブランドの服をもっとお得に買う方法

ちなみに、僕はこのファッション系ブログを4年ほど運営しており、日々リサーチは欠かしません。

Hiroshi
Hiroshi
ファクトリーブランドは僕も好んで着ており、常に探しています。

 

本記事を読めば、より手頃な価格で長く着られる良質な服が見つかるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

ファクトリーブランドとは

ファクトリーブランドとは

ファクトリーブランドを簡単に説明すると、以下の通り。

ファッションブランドの服を作っていた下請け工場が独自に立ち上げたブランド

通常のファッションブランドとの違いを簡単に説明します。

 

通常のファッションブランド

一般的には、以下の流れで消費者の手にわたります。

  1. ブランドが企画・デザインしたものを工場に発注
  2. 工場がアイテムを生産してブランドに納品
  3. ブランドがセレクトショップや直営店で売る

(超ざっくりとした流れです)

つまり、「デザイン」と「生産」が分かれています

 

ファクトリーブランドの場合

一方で、ファクトリーブランドの場合は以下の感じです。

  1. 工場がアイテムの企画・デザインをして生産
  2. セレクトショップや直営店で販売

つまり、アイテムの企画やデザインを工場自らが行なっているのが、ファクトリーブランドと言えます。

ファクトリーブランドのメリット

ファクトリーブランドの具体的なメリットって何?

ファクトリーブランドのメリットは、大きく分けて2つあります。

  • 高い品質
  • リーズナブルな価格

①:高い品質

ファクトリーブランドは、有名ブランド等の服を作ってきた工場直営のブランド。

有名ブランドの中には、工場に高い技術レベルを要求するところも少なくありません。

Hiroshi
Hiroshi
品質が低いとブランドの評判に傷がつきますからね。
高い価格を設定している分、相応の品質が必要です。

 

ファクトリーブランドは、それに応えられる技術を持った工場が運営しています。

品質が高いことも想像がつくでしょう。

②:リーズナブルな価格

また、リーズナブルな価格も大きな魅力の1つ。

服において最も大きな金額を占めるのは「デザイン料」「ブランドネーム」と言われます。

Hiroshi
Hiroshi
例えば、グッチやルイ・ヴィトンのアイテムは非常に高いですが、あれはデザイン料やブランドイメージの料金が大きいからでしょう。

 

しかし、ファクトリーブランドは自社生産を行うことで、デザイン料・ブランド料が抑えられます。

それが価格にも反映され、手頃な価格で高品質なアイテムをゲットできるのです。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん自社で完結する分、生産コストが抑えられる部分もあると思います。

ファクトリーブランドのデメリット

しかし一方、ファクトリーブランドにもデメリットがあると言われています。

  • デザイン的に劣る場合がある
  • 知名度があまりない

代表例としては上記の2つです。

①:デザイン的に劣る場合がある

前述のとおり、ファクトリーブランドは工場が直営でやっています。

デザインも工場が手がけるため、デザイナーズブランドに比べるとデザイン的に劣る場合があります。

Hiroshi
Hiroshi
生産のノウハウはあっても、デザインのノウハウはないですからね。

 

しかし、今では自社でデザイナーを雇っているファクトリーブランドも多いです。

デザイン面のデメリットも解消されつつあり、あまり心配する必要はありません。

②:知名度があまりない

また、ファクトリーブランドは知名度的にやや劣っているのも否めません。

Hiroshi
Hiroshi
取り扱い店が少なかったりするイメージがあります。

 

ただ、あまり知名度がないブランドだからこそ、「自分だけが知っている・着ている特別感」が生まれます。

また、いろいろ調べないと知ることができない分、良いファクトリーブランドを見つけたときには嬉しいものです

なので、個人的には知名度がやや劣るのは逆にメリットだと感じますね。

おすすめの日本製ファクトリーブランド7選

おすすめのファクトリーブランドを7つご紹介します。

いずれもMADE IN JAPANにこだわりがあり、品質にこだわりのあるブランドばかり。

 

なお、ファクトリーブランドはブランド(工場)によって得意なアイテムが違います。

Hiroshi
Hiroshi
Tシャツの工場、ニットの工場など、アイテムごとに異なりますからね。

特におすすめしたいアイテムと価格もあわせてご紹介していきます。

CURLY(カーリー)

おすすめの日本製ファクトリーブランド_CURLY
得意なアイテム カットソー、パーカー
価格帯 カットソー:6,000円〜9,000円
パーカー:1万5,000円前後
アウター:2万円〜4万円
パンツ:1万5,000円〜2万円

CURLY は、香川県の川北縫製という工場を母体したファクトリーブランドです。

全アイテムをカットソー素材でつくっているので、着心地がとても良いですね。

 

特にシンプルなカットソーやパーカーなどが非常に評判。

服好きの中でも高い人気を誇っています。

CURLYのカットソー

僕もカットソーやパーカーを愛用しているところです。

関連:CURLYのパーカーはファイナルアンサーとも言える傑作

 

CURLYは大手セレクトショップ等で経験を積んだ伊藤裕之さんがデザイナーを務めており、服のシルエットもとても立体的。

Hiroshi
Hiroshi
基本はベーシックですが、ディテールにこだわっていてカッコいいので、ぜひチェックしてほしいですね。

 

なお、CURLYは中目黒に直営店「The Weft」があるほか、全国のセレクトショップにて取り扱いがあります。

ordinary fits(オーディナリーフィッツ)

得意なアイテム ボトムス(デニム)
価格帯 Tシャツ:6,000円〜8,000円
パンツ:1万5,000円前後
アウター:2万円〜4万円

ordinary fits は「10年後も着ていたい服」をコンセプトにしている、岡山県・児島のファクトリーブランドです。

デニムブランドで経験を積んだ児玉真氏がデザイナーを務めています。

 

デニムで名高い児島のブランドのためか、オーディナリーフィッツもやはりデニムを得意としていますね。

出典:https://item.rakuten.co.jp/one-day/10006195/

Hiroshi
Hiroshi
綺麗なウォッシュ加工をした日本製の高品質デニムでも2万円以下。
この水準のコスパは、他のブランドにはなかなかありません…

 

ワークやミリタリー要素のある服も多く、ナチュラルな雰囲気の服や古着好きの方も楽しんでいただけるかと。

「普通だけど少しクセがある」服が好きな方には男女問わずおすすめしたいブランドです。

Jackman(ジャックマン)

ファクトリーブランドのジャックマン
得意なアイテム カットソー、スウェット
価格帯 Tシャツ:4,000円〜1万円
スウェット:1万5,000円前後
アウター:2万円〜4万円

ジャックマン は、福井県のタナベメリヤスという工場発祥のブランド。

アメリカっぽいザラッとしたタフな素材感のカットソーやスウェットを得意としてます。

Hiroshi
Hiroshi
僕もカットソーを愛用していますが、基本的にはスタンダードなデザインながらも、ヴィンテージっぽい雰囲気も感じられますね。

繰り返し洗濯をしていくと、かなり良い雰囲気になります…

 関連:評判は本当?半年着たジャックマンの長袖Tシャツのレビュー

 

ジャックマンは、品質に絶対のこだわりを持っており、糸のほつれ等があった場合には無料で修理してくれます。

ジャックマンの品質保証

品質からは考えられなくらい価格も手頃なので、ぜひチェックしてみてください。

(中でもカットソー類・コットンニットが人気ですよ)

BATONER(バトナー)

出典:https://cotyle.com/

得意なアイテム ニット
価格帯 ニット:2万円〜3万円

BATONER は、山形県の奥山メリヤスという工場のファクトリーブランドです。

奥山メリヤスは超実力派の工場で、実績がすごいです。

  • GUCCI等の世界的なメゾンブランド
  • AURALEE等の人気ドメスティックブランド

上記のようなブランドのニットを手掛けており、品質の高さは折り紙付き。

Hiroshi
Hiroshi
オーラリーだと4〜5万円するニットが、バトナーなら半額で買えるイメージですね。

 

バトナーのニットは、高品質なウール素材をしっかりと編み立てており、耐久性・あたたかさに優れています。

出典:https://store.batoner.com/?pid=154567198

長く使えるニットがほしいという方は、ぜひチェックしてみてください。

YAAH(ヤア)

出典:http://chum2011.com/

得意なアイテム Tシャツ、スウェット
価格帯 Tシャツ:8,000円〜1万円
シャツ:1万5,000円〜2万円
パンツ:1万5,000円〜2万円

YAAH は「物作りの現場から提案する」をコンセプトに、パタンナーと埼玉県の工場がタッグを組んでスタートしたブランド。

Hiroshi
Hiroshi
中目黒のセレクトショップ「1LDK」で取り扱いがあるので、知っている方も結構いると思います。

 

YAAHは素材や着心地、縫製にとことんこだわって作っている、スタンダードなアイテムが特徴的。

特にスウェットやTシャツは評判が良いですね。

 

イメージ的には、グラフペーパーやオーラリーに近いテイストかなと思います(価格は全然違いますが)。

ベーシックで長く着られるようなアイテムを探してる方にとてもおすすめです。

久米繊維

出典:http://www.switch-pub.co.jp/kumeseni-prologue/

得意なアイテム Tシャツ、スウェット
価格帯 Tシャツ:2,000円〜4,000円
スウェット:7,500円〜9,000円

久米繊維 は、1935年に東京都墨田区で創業した「久米繊維工業」によるブランドです。

久米繊維工業は、まだファッションとしてTシャツを着ることがなかった1950年代からTシャツの製造をしている老舗。

Hiroshi
Hiroshi
まさに日本製のTシャツの原点ともいえる工場ですね。

そんな久米繊維の代表的なアイテムが「BIGシリーズ」ですね。

出典:https://t-galaxy.com/shop/item_bighn.html

肩の落ちたリラックスシルエット、日本製のしっかりとした縫製、ハリのある良質な素材が魅力的。

価格的にも7,500円で買えるとあって、かなり人気となっています。

 

久米繊維のアイテムは「日本製なのにこの価格?」と思ってしまうものが多いので、ぜひチェックしてみてください。

CIOTA(シオタ)

出典:https://www.salty-store.com/lookbooks/40

得意なアイテム ・デニム
・シャツ
・アウター類
価格帯 ・デニム:25,000円〜35,000円位
・シャツ:25,000円位
・コート:9〜10万円位

CIOTAは、岡山県の縫製工場・生地会社の「シオタ」が手がけるブランド。

2019年スタートと新しいブランドですが、瞬く間に服好きを虜にしました。

 

シオタの特徴は、やはり「生地」ですね。

出典:https://jackinthenet.jp/2020/07/03/7815/

シオタのアイテムは、独自に開発した生地が使われています。

素材も最高級のスビンコットンにこだわり、一切の妥協がありません。

Hiroshi
Hiroshi
「生地からデザイン考える」点は、オーラリーに近いものを感jますね。

 

価格としては結構高めなので、ファクトリーブランドの価格面の優位性は感じないかもしれません。

しかし、他のブランドが同じものを作ったら、間違いなく価格はもっと上がるはずです。

全工程を自社で行えるからこそ、最高級のアイテムを他のドメブラと同程度の価格でできていると考えられます

 

今後さらに人気が出ることが予想されるので、チェックしておいて損はないかと!

CIOTA/本藍スビンコットン 13.5oz ストレートデニム

ファクトリーブランドのアイテムを、よりコスパ良く買う方法

ファクトリーブランドは、全体的にコスパの良さが大きな魅力。

しかし、それでも一般的な服の値段としては決して安くありません。

デザイナーズブランドに比べると非常に手頃ですが、普通の感覚としては十分高いと思います。

 

品質を考えると手頃なんだろうけど、とはいっても高い…
もう少しお得に買える方法はないの?

こんな方は、ブランド古着がおすすめ。

新品では高いアイテムも、ブランド古着だと半額〜80%OFFくらいで結構手に入ります。

 

また、前述のとおりファクトリーブランドは知名度的に劣る場合が多いです。

必然的にブランド古着だと価格がかなり手頃になるので、より買いやすくなりますよ。

Hiroshi
Hiroshi
それでいて、ファクトリーブランドの服は品質が高いので、ブランド古着でも長く着られると思います!

もちろん状態はまちまちですが、ほぼ未使用のものも少なくありません。

 

ブランド古着屋は、カインドオル等の有名店が楽天に多数あり、見つけやすさも魅力。

宝探しの感覚で、ぜひ色々と探してみてください。

※各ブランドの古着が見られます。状態も詳細に記載されていますよ。

日本発・ファクトリーブランドに関するまとめ

日本のファクトリーブランドを紹介しました。

(以下にまとめておきます)

  • CURLY:カットソーが得意
  • Jackman:Tシャツやコットンニットが非常に評判
  • ordinary fits:デニムを中心にあらゆるアイテムを展開
  • BATONER:日本トップクラスのニットがお得に手に入る
  • YAAH:スウェットやTシャツが有名
  • 久米繊維:カットソー系のアイテムが知られる
  • CIOTA:素材へのこだわりが尋常ではない

 

ファクトリーブランドは手に取りやすい価格で良い服が着られるのが大きな魅力。

Hiroshi
Hiroshi
ドメスティックブランドと同じクオリティのものが、よりお得に買えるのは嬉しいですよね。

 

今回紹介したファクトリーブランドは、いずれも評判が良い実力派。

デザイン的にも使いやすく、確実に長く着られるはずなので、ぜひチェックしてみてください!

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
Amazonセール開催中
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です