おすすめアイテム

新たな息吹。エンダースキーマのブックカバー “toco book cover”が素敵【レビュー】

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

こんにちは。ヒロシです。

最近はKindleなどの電子書籍を使って読書をすることが増えました。

でも、とあるブックカバーを使いたいがために、紙の小説も捨てがたい…

ということで、今日は僕が2年ほど愛用しているブックカバーである、HenderSchemeのtoco book coverについてご紹介していきます!

新たに吹き込まれた息吹。エンダースキーマのブックカバー「toco book cover」

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

浅草発のレザーブランド “HenderScheme(エンダースキーマ)”。

 

こちらは、旗艦店の「スキマ」にて僕が2年前に一目惚れして購入したブックカバー(toco bookcover)です。

素朴でシンプルな印象のブックカバーですが、こちらの最大の特徴が、「床革」を使っていること。

革は本来、なめしや染色などの加工を施したあとに、余計な部分を削り落として一定の厚みに仕上げていきます。

その過程でそぎ落とされた革が「床革」です。

つまり、床革は通常ならば捨ててしまう革になります。

 

 

そんな床革を再利用し、新たな息吹が吹き込まれているというストーリー性。

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

綺麗に整えられた革ももちろん素敵ですが、そんな背景を含めて魅力的に思えます。

 

ただ、そのようなストーリー性はあくまで後からついてくるもの。

どんなに美しいストーリーや生産背景があっても、モノ自体が魅力的でなければ購入しようとも思いませんし、まして使い続けることもないでしょう。

つまり、このエンダーのブックカバーにはストーリー性だけではない魅力がつまっているということです。

created by Rinker
¥4,950
(2019/11/13 20:42:40時点 楽天市場調べ-詳細)

【2年使用レビュー】エンダースキーマのブックカバー”toco book cover”

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover) エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

まず全体像はこんな感じ。

特に表面加工などは施していないので、自然なキズや色ムラがあります。

床革ならではのキズや色ムラ、そこに使用を続けたことによる経年変化が合わさって、より愛したくなるような、独特の雰囲気を醸していますね。

ナチュラルな空気感がたまらない…

 

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

触り心地としてはツルツルしているのですが、ニスやワックスなどによる人口的にすべすべさせた感じではなく、あくまで自然なツルツル感。

場所やなで方(触り方)によっては、ややザラっとしています。

触った時の違和感などは一切なく、やわらかさのある床革素材なので、本もかなり持ちやすいですね。床革といえども質が良いのが伝わります。

 

また、革にはある程度の厚みがあり、本をしっかりと守ってくれる印象。

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

 

デザインとしては、おもて面にブランドが小さく刻印されているだけです。

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

(革と同化していて若干見にくいですが)

白のステッチもデザイン的に良いアクセントになっています。

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

細かいピッチで一定に縫われているので、耐久性の面でも嬉しいですね。

toco book coverのサイズ感

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

サイズ感としては、文庫本がすっぽりと収まるサイズ(=A6サイズ)。

持ち運びしやすいメモ帳や手帳の多くはA6サイズなので、文庫本のみならず手帳カバー的に使っても良さそうですね。

 

ちなみに僕は、王道の文庫本カバーとして使っています。

写真にある「深夜特急」は僕の大好きな本。もう3回ほど読んでいます。

大好きな本を、大好きなブックカバーを使って読む。

なんとも贅沢な時間です…

created by Rinker
¥539
(2019/11/13 20:42:40時点 Amazon調べ-詳細)

カラー展開も豊富

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

toco book coverはカラー展開も豊富。

シーズンによって展開色は一部異なりますが、だいたい10色くらいから気に入った色味のものを選べます。

 

また、このブックカバーの面白いところは「個体差」。

自然に仕上げているので、1つ1つ色ムラの出方やキズが異なっているんです。

旗艦店のスキマに行けば、ストックしてあるブックカバーをじっくり吟味して選ぶことができますよ。(在庫状況にもよりますが)

created by Rinker
¥4,950
(2019/11/13 20:42:40時点 楽天市場調べ-詳細)




エンダースキーマのブックカバーで日常に彩りを

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

個人的に、他の人から自分が何を読んでいるか知られてしまうのが嫌なので(というか恥ずかしい)紙の本を読む際にブックカバーは必須。

だからこそ、ブックカバー1つでもしっかりとこだわりたい。

このエンダースキーマのブックカバーならば、日々の読書の時間にちょっとした彩りをもたらしてくれますよ。

使い込んでいくごとに経年変化もするので、自分だけのブックカバーに育てていくのも楽しいです。

 

個人的に、最近はKindleで本を読むことが増えましたが、このブックカバーを使いたいがために、紙の本もたまに手に取ってしまいますね。

紙の本は電子書籍にくらべて確かに不便ですが、その不便さも我慢したいと思えるほど素晴らしい、エンダースキーマの「toco book cover」。

 

床革を使っていることで、価格は4,500円とかなりお手頃になっています。

※エンダーの床革でない「本革のブックカバー」は1万円ほど。

ぜひあなたも、エンダースキーマのブックカバーで日常にちょっとした彩りを添えてみてはいかがでしょうか?

Hiroshi
Hiroshi
かなり人気なので、結構早く売り切れてしまいます。購入をお考えの方はお早めに!
created by Rinker
¥4,950
(2019/11/13 20:42:40時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です