スニーカー・サンダル

アディダス・キャンパスの靴紐交換!700円で生まれ変わります

こんにちは。ヒロシです。

アディダスの「キャンパス」といえば、定番的なスニーカーの1つ。

3本線を施したシンプルなデザイン、ヌバックレザーのレトロな風合いが特徴的で、かなり合わせやすいですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕も長年履いていますが、愛用していらっしゃる方も多いと思います!

 

そのままでも普通にカッコいいのですが、キャンパスの魅力をより増大させるカスタマイズがあります。

それは「靴紐の交換」です。

 

靴紐を交換するだけで、キャンパスがより魅力的な一足になり、さらに他の方との差別感につながります。

本記事では、キャンパスにおすすめの靴紐を紹介しつつ、靴紐カスタマイズを実演していきます!

【前提】アディダスのキャンパスのデフォルト(純正)の靴紐について

【前提】アディダスのキャンパスのデフォルト(純正)の靴紐について

出典:https://shop.adidas.jp/products/

前提となりますが、キャンパスにもともとついている靴紐は「化学繊維」でできています。

Hiroshi
Hiroshi
アディダスに限らず、いまは大半のスニーカーの靴紐が化繊でできていますね。

 

新品の段階、または履き始めてそこまで時間が経っていない頃であれば、化学繊維でも特に問題ありません。

でもキャンパスの場合、しばらく履いていくと化繊の靴紐は正直微妙です。。

 

なぜなら、キャンパスは起毛がかったヌバックレザーを採用していて、履いていくごとに風合いが出るから。

しかし化学繊維の靴紐は、履き込んでも風合いが出る等の経年変化はありません。

アディダスのキャンパスのデフォルトの靴紐状態

こちらは、僕が3年ほど愛用しているキャンパスです。

ご覧のように、靴紐がテカテカして若干浮いてしまい、全体的に少し違和感があります。

 

また、化学繊維の靴紐は単純に劣化もしていきます。

あり得ないくらいゲジゲジになりました。

アディダスのキャンパスのデフォルトの靴紐状態

紐の先から裂けてしまったんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
こんなにゲジゲジの靴紐を見たことがなかったので、どんどん裂けて行った時には1人で笑ってしまいましたよ。
アディダスのキャンパスのデフォルトの靴紐が裂けた

それにしてもヒドいですね…(笑)。

 

キャンパスの元々の靴紐は、履き込んだときに全体から浮いてしまう上、劣化もどんどん進みます。

そのため長く愛用するにあたっては、変えた方が確実に良いでしょう。

Hiroshi
Hiroshi
僕も「靴紐変えたいな」とずっと思っていたものの、なんとなく放置していました。
でも、裂けてしまった以上は履けないので、新しい靴紐を買うことにしました。

アディダスのキャンパスにおすすめの靴紐はコレ

this isのシューレース

キャンパスに合わせるのに、僕が購入したのがコチラ。

This is…の「All Cotton Athletic Shoelace」です。

ちなみにAmazonや楽天で普通に販売されています。

 

出典:http://male.eighthundredships.com/?pid=23420094

この靴紐は、チャックテイラー時代のコンバースのスニーカーに採用されていたシューレースを忠実に再現したもの。

日本製&コットン100%の贅沢な作りで、使い込むごとに味が出てきます。

Hiroshi
Hiroshi
かなりナチュラルな雰囲気があるので、手持ちのスニーカーの靴紐と交換するだけで一気に雰囲気が出ますね。

価格は700円+税

日本製でこの価格は、かなりお買い得感があります。

This is…”Athletic Shoelace” の長さ・ラインナップ

こちらの靴紐は、生成・ホワイト・ブラックの3色展開。

サイズ展開は、長さごとに3つに分かれています。

長さ 穴の数 タイプ
32サイズ 81cm 4〜5 デッキシューズ
45サイズ 114cm 6〜7 ローカット
54サイズ 138cm 8〜 ハイカット

 

キャンパスは穴が7つのローカットスニーカーなので、サイズ45を選べばOKです。

Hiroshi
Hiroshi
僕もサイズ45を選びました。
ただ長い靴紐が好みの方は、サイズ54でも良いかと思います。

【アディダスのキャンパス】靴紐を”This is…”に交換してみた結果

まずは、交換前のキャンパスについて確認しておきます。

アディダスのキャンパスのデフォルトの靴紐状態

こんな感じ。

靴紐が若干テカっている上、アッパーと反して味が出ていないので、全体的に少し浮いている印象です。

 

靴紐を”This is…“に変えてみると…

靴紐を交換したアディダスのキャンパス

かなり良い感じ!

キャンパスのようなヴィンテージらしいスニーカーには、やはりコットン製の靴紐が合いますね。

靴紐を交換したアディダスのキャンパス

写真だと分かりづらいかもですが、変更前と比べて雰囲気が出ている印象。

This is…“の靴紐は、履いていくごとに味も出てくるので、これから履き込むのがさらに楽しみになりました。

 

また、見た目のみならず、結び心地もかなり良好

かなり柔らかさのある質感なので、結ぶときに手になじみやすいですね。

タフさはありつつ、しっとりとした感触なので、結ぶときもストレスフリーです。

Hiroshi
Hiroshi
「結び心地なんて」と思う方もいるかもしれませんが、デフォルトの靴紐と比べると、圧倒的に結んだ時の感覚が違います。

まとめ。アディダスのキャンパスには、コットン100%の靴紐が超おすすめ

まとめ。アディダスのキャンパスには、コットン100%の靴紐が超おすすめ

アディダスのキャンパスの靴紐交換について書きました。

キャンパスの良さは、なんと言っても「ヴィンテージ感」。

レトロなデザイン、ヌバックレザーの風合いによるヴィンテージっぽい雰囲気がカッコいいスニーカーです。

 

履き込んでいくとアッパーがエイジングしてカッコよくなりますが、化繊の靴紐だと劣化していくだけなので、良さが半減してしまいます。

だからこそ、靴紐もエイジングするコットン製のものを選んで、より味のある雰囲気・ヴィンテージ感を楽しみながら履くのがおすすめ。

 

また、単純にデフォルトの靴紐だと、他の方も持っています。

靴紐を変えるだけで差別化が図れて「特別感」が出ますし、雰囲気も一気に良くなりますよ。

 

This is…“の靴紐はかなりカッコよく、値段もお手頃なので、ぜひチェックしてみてください。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です