ファッション

ニットはウール素材ではなくコットン素材を選ぶべき5つの理由

こんにちは。ヒロシです。

本格的な秋、そして冬になると活躍するのが「ニット」ですよね。

ニットを買う際、おそらく「ウール素材」のものを選ぶ方が多いはず。

しかし、実はコットン素材の方が使いやすいのを知っていますか?

扱いやすさ・着られる幅の広さ・コストパフォーマンスなど、あらゆる点でコットン素材の方が優っています。

事実、僕は実用性重視でコットンニットを買うことが多いです。

そこで本記事ではコットンニットを選ぶべき理由を書いていきます。

 

ちなみに僕は服が好きで、このファッションブログを5年ほど運営しています。

今では月に30万回も見られるようになりました。

 

この記事を読むことで、良いニット選びにつながるはずです。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

ウール素材ではなくコットン素材のニットを選ぶべき5つの理由

UNUSED_アンユーズドのコットンニット

秋や冬に着るニットと言えば、ウールが代表的な素材です。

でも使いやすさ等の点では、コットンニットの方が優っています。

理由は以下の5点。

  • コットンニットは通年着られる
  • 自宅で洗濯できる
  • 虫食いリスクが低い
  • 着心地が良い
  • 価格が手頃

それぞれ詳しく見ていきます。

①:ウールは冬しか着られない、コットンは通年着られる

ウールのニットは、当然寒いときに着るアイテムです。

つまり着られるのは、秋の終わりから真冬の約4ヶ月くらい。

それ以外の季節だと暑い上に、季節外れ感が出るので着られません。

 

一方、コットンニットは夏以外着られます。

コットンは幅広い気温に対応できる上、どの時期に着ても違和感はありません。

生地の厚さにもよりますが、着られない時期は夏の数ヶ月間だけ。

つまり、1年のうち8ヶ月ほどは着られるんです。

 

お気に入りのアイテムは、やはりたくさん着たいと思いますよね。

コットンニットの方が汎用性が高く、多くの機会で活躍しますよ。

②:コットンニットなら洗濯機で洗える

基本的に、ウールのニットは洗濯機で洗えません。

ウールはデリケートな素材です。
洗濯機で洗うと、大きく縮んだり、型崩れしたりするリスクがあります。

特殊な加工がされている物以外、クリーニングを行う必要があります。

 

一方、コットンニットならば自宅で洗えます。

洗濯機の手洗いモードで洗って、基本的に問題ありません。

(乾燥機はNG・伸びないように干し方には要注意ですが)

関連:コットンニットの洗い方を解説

 

クリーニング代は、意外と馬鹿にならないお金ですよね。

ニット1枚のクリーニングには、500〜1,000円ほどはかかります。
何度もクリーニングするとなると、かなりのお金が必要です…

洗濯機で洗えるコットンニットは、本当にお財布にもやさしい。

定期的に洗えるので、清潔を保つことにもつながります。

③:ウールの方が虫食いされやすい

ウール(羊毛)は動物性繊維であり、虫食いされるリスクがあります。

実際、僕は何回もウールニットで虫食いの被害に遭ってきました。

ちゃんと防虫ケアをしていなかった自分が悪いのですが、気に入っていたニットが虫に食われて超ショックでした…

虫食いされると、その時点でもう着られませんよね…

 

一方で植物性繊維のコットン(綿)は、虫食いリスクがかなり低いです。

もちろん、コットン素材なら絶対に虫食いされない訳ではないです。

でも、ウールよりは圧倒的に被害に遭いません

(僕自身、コットン素材の服を虫食いされた経験はありません)

つまり、コットンニットなら虫食いケアの手間を省ける+長く愛用できるんです。

 

高品質なウールやカシミアほど、虫にとっても美味しい=食われやすいと言われます。

せっかく良いウールニットを高いお金を出して買っても、ケアを怠ったらすぐ着られなくなるんです。

そう考えると、コットンニットを買うのってかなり合理的だと思いませんか??

④:コットンニットの方が安い

ウールニットよりもコットンニットの方が安いことが多いです。

(収穫できる素材の量・加工の手間などの問題だと思われます)

実際、以下のような価格が設定されていることもザラです。

  • コットンニット:1万円台で買える
  • ウールニット:2万円台後半〜3万円くらいから

(同じブランドでの話です)

 

良いニットが欲しいけれど、価格はちょっと抑えたいな…

誰でも予算はありますから、上記の悩みを持つ方も多いはず。

コスパ重視なら、コットンニットを選ぶのがおすすめです。

(メンテナンス費も圧倒的に抑えられますし)

⑤:着心地が良い

ウールのニットは、着心地的にピンキリです。

  • 安いウールニット:質の低いウールや化学繊維を多く使用
    →チクチクする可能性が高い
  • 高いウールニット:質の高いウールを惜しげもなく使用
    →着心地が良くて気持ちが良い 

加工方法にもよりますが、上記が当てはまることが多いです。

でももちろん、みんながみんな高いウールニットを買える訳ではありません。

必然的に「チクチクして着心地が悪い」と感じる可能性も高いんですよね。

 

一方、コットンニットはチクチクしません。

そもそもコットンは、刺激が少なく肌にやさしい天然素材。

肌触りが良く、ストレスフリーで着られますよ。

手頃なものでも着心地が良いのは、コットンニットの魅力ですね。




コットンニットのデメリット

上記の通り、コットンニットは実用性が高い魅力的なアイテム。

しかし、ウールニットと比べた時にデメリットも存在します。

①:冬はやや寒い

コットンは、ウールに比べて保温性は劣ります。

必然的に、コットンニットだと真冬はやや寒いかもしれません

(特に雪の多い地域に住んでいる方の場合)

 

でも正直、関東や関西なら真冬でも全然着られますね。

冬の時期はあたたかいインナーと合わせて着ているのですが、全く問題なし。

(無印良品の「綿であったかインナー」を愛用しています)

 

外に出るときには、コートやマフラーも当然着ます。

(コートの下にコットンニットを着ています)

「コットンニットだから寒い」と感じたことは、正直ありません。

むしろ冬の室内は暖房が効いているので、ちょうど良い感じもしますね。

(ちなみに関東に住んでいます)

 

東北・北海道・北陸等の地域だと、真冬にコットンニットは寒いかもしれません。

でもそれ以外の地域に住んでいる方なら、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

②:季節感はウールニットに比べて劣る

ウールニットは、冬らしいほっこり感・温かみが特徴的。

着られる時期が限られている分、季節感は味わえます。

 

一方でコットンニットは、通年着られるアイテム。

肌触りとしても、ややサラッとしています。

長く着られる分、どうしても冬らしさ・季節感は劣りますね…

 

しかし季節感があまりないだけで、特段違和感はありません。

冬にコットンニットを着ている人を見て、あの人変だな・おかしいなと思った記憶ありますか?

ニット自体がやわらかいアイテムなので、全く問題なく着られるはず。

 

また「季節感があまりない=どの季節でも着られる」のと同じ意味です。

コットンニットをフル活用すれば、服を減らすことができます。

服を厳選したい=ミニマリスト的思考の人にはかなりおすすめですよ。

【コスパ最強】コットンニットのおすすめブランド3選

コットンニットのおすすめブランドは?

コットンニットのおすすめブランドは、以下の3つです。

いずれも定番的にコットンニットを出しているブランドです。

価格も1万円台で買えるので、ぜひ見て欲しいですね。

(ジョンスメは定価は3万円ほどですが、並行輸入品なら1〜2万円台です)

クレプスキュール Moss stitch L/S sweat
crepuscule [クレプスキュール]

【まとめ】ウールのニットを買う前にコットンニットも見ておこう

コットンニットを選ぶべき理由について書きました。

「ニットと言えばウール」のイメージを持っている方が多いと思います。

しかし、コットンニットは汎用性が高く、極めて優秀なアイテムです。

  • ケアの手間をなるべく省きたい
  • お気に入りのニットをたくさん着たい
  • できるだけ手頃な価格で良いニットを着たい 

上記のように感じる方には、ぜひコットンニットを選んで欲しいですね。

Hiroshi
Hiroshi
実際、僕もコットンニットを1年を通じてたくさん着ています!

 

実用的なコットンニットは、本当に便利なアイテム。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのコットンニットを選んでください!

クレプスキュール Moss stitch L/S sweat
crepuscule [クレプスキュール]

 

おすすめ記事

【2022年版】20代一人暮らし男子が本当に買ってよかったもの【メンズにおすすめ】本記事では、20代一人暮らし男子の僕が買ってよかったものを厳選して紹介しています。ファッション・ガジェット・日用品とメンズ美容の3つに分けており、日常生活やビジネスが捗るアイテムばかり。買ったことで本当に人生が豊かになります。ちなみに男性・女性問わずおすすめのものなので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品