One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

「スタバは高い」は嘘。全然高くない理由について説明する

こんにちは。ヒロシです。

僕はスタバが大好きで、ほぼ毎週行きます。

スタバでは、コーヒーを飲みながらこのブログを書いたり、本を読んだり、ただボーっとしたり。

でも「スタバ=高い」と思っている人って結構いると思います。実際に僕の周りの人の中にもスタバは高いと言っている人はいます。

でも僕はスタバが高いとは全く思わないんですよね。むしろ安いくらいだと思います。

なぜスタバは高いと思われるのか

まずはスタバのメニューについて確認してみましょう。

www.starbucks.co.jp

スタバのメニューってこんなにあったんですね…僕は普段、ドリップコーヒーしか飲まないので…

あとは人気のフラペチーノ系はおよそ500円~ですね。

フラペチーノ系に限らず、確かにメニューを見る限り決して安いとはいえないかもしれません。むしろ高いと言えるでしょう。

ドトールコーヒーやサンマルクカフェ等、他のチェーンのコーヒーショップはスタバよりも安いです。

ホットドリンク|メニュー|ドトールコーヒーショップ

サンマルクカフェ - Saint Marc Holdings :: ドリンク

つまり、他と比較して、メニュー単体で見るとスタバは高いのです。

 

それでもスタバは全然高くない

上で見た通り、スタバは他のコーヒーチェーンに比べるとやや高めの価格設定になっています。

しかし、それでも僕はスタバは全然高いと思いません。むしろ非常に良心的だと思っています。それはなぜか。

スタバが提供するのはコーヒーだけではない

スタバが提供しているのはコーヒーだけではないと思うのです。

スタバ以外のコーヒーショップで提供してくれるのは、フードやコーヒーなど、メニューに載っているものが大部分を占めると思いますが、スタバはそうではないのです。

スタバが提供してくれるのは、「飲み物+最高のサービス」なのです。

お洒落で洗練された快適な空間

f:id:footmuji:20180207234515j:plain

https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/2607

スタバはどの店舗においてもお洒落で洗練された雰囲気があります。

また、それだけではなく、ゆったりとくつろげるソファーや、集中して作業できそうなテーブル席等、用途に合わせて過ごせる空間が広がっています。

実際に僕も、ゆっくりと読書をする時はソファーに座りますし、ブログを書く時はテーブル席やカウンター席に座ります。

充実したアメニティ

スタバはどの店舗においてもフリーWi-Fiが整備されています。

スマホを使いすぎて通信制限がかかった人でも快適にスマホを使うことができますし、ポケットWi-Fiを持っていない人でもパソコンで作業ができます。

また、客用のコンセントがあって、スマホやパソコンの充電ができるのもなにかと助かりますよね。

素晴らしい店員さん

スタバは本当に店員さんのサービスが良いと感じます。

普通にコーヒーを買う時も、店員さんは非常に感じが良いですし、コーヒーの試飲やケーキの試食も提案してくれます。

僕がいつも飲むドリップコーヒーは、豆が2種類くらいある時があって、僕はいつもそれぞれの豆の特徴を聞くのですが、注文しなかった方のコーヒーをいつも「飲み比べてみてください」と言って試飲させてくれます。

 

コスパよくスタバを利用する方法

ここまで「飲み物+サービス」で考えればスタバは高くないということを書いてきましたが、それでもやっぱり高い!という人も少なからずいるでしょう。

なので、少しだけコスパよくスタバを利用する方法をご紹介します。

ドリップコーヒーを注文しておかわりする

ドリップコーヒー(本日のコーヒー)はいわゆる普通のコーヒーです。

ドリップコーヒーはトールサイズで320円(税抜)となっていますが、150円でおかわりできるのです。

ちなみに1回目と同じサイズでしかおかわりはできませんが、どのサイズで注文してもおかわり(ワンモアコーヒー)は150円です。

ちなみにスタバのカードを作り、そのカードで支払えば100円でおかわりできます。また、ワンモアコーヒーは同日中であれば、異なる店舗でも利用可能です。

タンブラーを持参する

タンブラーを持参すると、資源節約のお礼として20円割り引いてもらえます。

ちなみにこのタンブラーはスタバで売られているものでなくても大丈夫です。

僕はスタバのタンブラーを持っていますが、スタバのタンブラーを購入すると、自分の好きなドリンクと交換できるチケット(カスタマイズ自由)をもらえますので、非常にお得です。

ミルクを大量に入れる

最後はちょっとネタ的な感じですが、ドリップコーヒーにミルクを大量に入れてかさ増しする作戦です(笑)。

スタバはミルクが自由に入れられることが多いです。

そこでドリップコーヒーを途中まで飲み、減ったところにミルクを大量投入すると、カフェラテ的な感じになって楽しめるコーヒーの量が増えて少しだけお得感が味わえます(笑)。 

あとがき

スタバが決して高くない理由について書いていきました。

スタバはコーヒーを提供するのみならず、そのおしゃれな空間でリラックスすることができるのです。

もちろん、コーヒーを楽しむのにもぴったりのスタバ。

コーヒーパスポートをもらってシールを集めれば、少しだけ悦に浸ることができます(笑)。

 

www.ponkotsu-hitomishiri.com