一人暮らし

【経験談】一人暮らしにベッドはいらない。ベッドなし生活が超快適な話

こんにちは。ヒロシです。

一人暮らしでベッドは必要?いらない?
ベッドなし生活ってどうなんだろう?
実際にベッドを手放した人の体験談が知りたい。

 

一人暮らしで「ベッドは必要か」は悩むポイントです。

僕は長らくベッドを使っていましたが、引越しを機にベッドを手放すことに。

しばらくベッドなし生活を送り、今では「ベッドはいらない」との結論に至りました。

 

本記事の内容

  • 一人暮らしでベッドはいらないと感じた理由
  • ベッドなし生活のデメリットと対処法
  • 一人暮らしにおすすめの布団・マットレス

僕はベッドと布団の両方の一人暮らしを経験しました。

双方のメリット・デメリットを踏まえて「布団の方が良い」と思っています。

 

この記事によって、一人暮らしを快適に過ごす・費用を抑えることができるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥14,886
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

一人暮らしにベッドはいらない理由【デメリット】

実際にベッドなし生活をして感じた、一人暮らしにベッドはいらない理由は以下です。

  • ベッドはスペースを取って邪魔になる
  • ダラダラしてしまう
  • かなりのお金がかかる
  • 引越しの際の手間 

「ベッドのデメリット」とも言えますね。

①:ベッドはスペースを取って邪魔になる

一人暮らしの部屋は、6〜8畳ほどの広さの方が多いはず。

その中にベッドを置くと、部屋がかなり狭くなるんですよね。

6畳ほどの部屋だと、部屋の3分の1くらいがベッドで埋まります。
生活スペース・他の家具を置く場所が限られますね

ベッドは高さもある家具なので、結構圧迫されます…

 

布団なら省スペース

一方、ベッドなし生活=布団ならば省スペースで部屋を広く使えます

畳んで部屋の隅におけば、3分の1ほどの大きさまでコンパクトに。

Hiroshi
Hiroshi
僕の部屋は1K8畳ですが、ベッドがないおかげで割と広々しています。

部屋を広く使えると、開放感があって気持ち良いですよ。

②:ベッドがあるとダラダラしがち

ベッドのメリットの1つが「毎日畳まなくて良い」こと。

しかし、そのメリットは「すぐに横になれる環境」があるのとイコールです。

確かに寝る際・起きる際の手間はかなり省けますが、ベッドがあるとすぐに横になって、昼間でもダラダラしがち。

少なくても僕は、結構ベッドでダラダラしていました。笑

Hiroshi
Hiroshi
リビングと寝室を分けられれば良いかもですが、一人暮らしだと1Kやワンルームですからね。。

 

一方、ベッドなしの布団生活なら全然ダラダラしません。

  • 横になるには布団を敷く必要がある
    →ダラダラまでの障害
  • 布団を敷くこと自体が面倒くさい
    →結果的に横にならない

結果的に、生活にメリハリが出るんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
昼間にだらけて時間を無駄にすることは本当になくなった。

 

このご時世、自宅で過ごす時間が多いと思います。

布団生活は、自宅で有意義に時間を使うことにつながりますよ。

③:ベッドは価格が高い

ベッド生活と布団生活を比べた場合、ベッドの方が明らかにお金がかかります。

シングル用のベッドフレームも、3万円くらいしますよね。

もちろん安いベッドフレームも売っていますが、寝心地・長く使うことを考えると、数万円はかかるのかなと感じます。

加えてマットレス等の寝具も買う必要があり、非常に大きな出費です…

 

一方、ベッドがなければ一気にお金を抑えられます。

寝心地を追求して良い布団を買っても、確実にベッドを買うより安いです。

Hiroshi
Hiroshi
一人暮らしの費用を抑えたい方には、布団の方が金銭的メリットが大きい。

④:引越しや処分の手間

ベッドは大型家具なので、購入時のみならず引越し・処分の時も手間です。

  • 引越し:一般的なベッドは引越し業者の「単身パック」に非対応
    →追加料金がかかる
  • 処分:解体の必要性or料金がかかる

上記の通り、もう本当に面倒くさい…

 

僕も以前、引越しでベッドを運んだことがあります。

家族に手伝ってもらったのですが、めちゃ大変だった…

  • 玄関から出せなかったので窓から搬出(1階だったからよかった)
  • 普通に重すぎる
  • 引越し先の家にもなかなか入らず、運び込むのに苦労
    →ギリギリ入ったからよかったけど

この経験から「ベッドって本当に面倒くさいな」と感じたわけです。

Hiroshi
Hiroshi
「出口」も考えて購入する必要がありますね。

 

一方で布団ならば、処分も引越しも非常に楽です。

一人暮らしの人は引越しをする機会もあると思うので、後先を見据えて考えるべきかと。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥14,886
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

一人暮らし・ベッドなし生活のデメリットと対処法

「ベッドはいらない」と言いましたが、布団生活には一般にデメリットもあります。

  • 毎日畳むのが面倒
  • 布団を敷くと湿気でフローリングにカビが生える可能性
  • 床冷え

しかし正直、すべて対処可能です。

①:毎日布団を畳むのが面倒

そのままにできるベッドは、寝る際・片付けの際の手間がかかりません。

一方で布団の場合、畳んだり敷いたりする必要があります。

Hiroshi
Hiroshi
布団の敷きっぱなしは「万年床」と言われます。
衛生的にマジでやめた方がいいです。

必然的に「布団は面倒くさい」と感じる人も多いはず。

 

でも大丈夫。習慣の問題です。

  • 布団を畳む時間は1分くらい
  • 面倒なのは最初だけ:1週間くらいで慣れる

僕もベッドなし生活を始める前は「面倒くさいかな」と思っていました。

でも時間は全然かかりませんし、習慣がつけば何も感じなくなります。

 

「たたむ面倒さ」と「広く使える・ダラダラしない」メリット。

面倒さは習慣化で消えるので、少し時間が経てば、メリットが圧倒的に上回ります。

②:布団を敷くと湿気でフローリングにカビが生える可能性

「人は寝ている間にコップ1杯の汗をかく」と言われます。

フローリングに布団を直敷きすると、湿気の逃げ場がなくなる→カビが生える原因に。

Hiroshi
Hiroshi
ベッドはフローリングとの間に空間があるので、カビの心配がありません。

 

しかし、湿気によるカビもちょっとした工夫で防げます

  • 毎日ちゃんと畳む
  • すのこや除湿シートを布団の上に敷く
  • 通気性の良いマットレスを使う

カビは僕も懸念点だったので、事前にいろいろ調べて実践しました。

もう半年以上ベッドなし生活ですが、カビが生えることもなく、普通に寝ていますよ。

タンスのゲン
¥4,999
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

③:床冷え

布団は床との距離が近いので、冬はフローリングの冷気を感じやすくなります。

いわゆる「床冷え」です。

Hiroshi
Hiroshi
ベッドはフローリングとの間に距離があるので、床冷えを回避できます。

 

ただ、床冷えも普通に対処できますよ

  • 布団を2枚重ねる
    →僕は布団+エアリーマットレスを使っています
  • 無印良品の敷きパッドを導入
    →あたたかいと評判です 

普通に布団1枚だけだったら、床冷えも生じるでしょう。

でもちょっとした工夫で寝心地良く・暖かく眠れるので、全く問題ありません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥14,886
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

一人暮らし・ベッドなし生活におすすめのマットレス

「ベッドはいらない」と言っても、寝具にはこだわるべきです。

「布団の上で人生の3分の1を過ごす」と言われます。
質の悪い・安い布団は寝心地が悪くなり、疲れが取れません。

財布と相談しながらも、良い布団・マットレスを買った方が幸福度が高いでしょう。

Hiroshi
Hiroshi
僕も一時期ニトリの布団セットだけで寝ていましたが、マジで腰が痛くなって後悔しました。

 

そこで、僕が使っている&おすすめなのが「エアリーマットレス」です。

コスパが良いのはもちろん、実用性も本当に高いです。

  • エアリーの名前のとおり、超軽い(5kgほど)
  • 三つ折りタイプなので畳みやすい
  • 洗えるので清潔を保てる
  • 特殊なエアロキューブを使用:通気性が高くてムレにくい
    →半年以上使っていますが、全くカビは生えてません 

加えて、寝心地・使い勝手も抜群ですよ。

寝心地もとても良い

出典:https://www.irisohyama.co.jp/airy/itemlist/mattress/

エアリーマットレスは、程よい反発力。

沈みすぎず硬すぎずで寝心地が良く、起きた後の腰痛から解放されました。

 

なお、スタンダードタイプは厚さ5cmなので、床に直置きすると固さを感じる可能性はあります。

その場合は、敷布団の上にエアリーマットレスを重ねればOKです。

(僕はニトリの敷布団の上にエアリーマットレスを重ねています)

起きた後に疲れを感じることもなく、かなり熟睡できるようになりました。

 

エアリーマットレスは15,000円ほどですし、ニトリの布団セットも数千円。

ベッドよりも明らかに安い価格で、良質な睡眠環境を確保できます。

1年中快適に使える

エアリーマットレスは、メッシュ素材とニット素材のリバーシブル仕様。

夏はメッシュで涼しく、冬はニットで暖かく寝られます。

 

ただ、髪が絡まりやすい等の口コミもあるのが気になるところ。

そのため僕は、無印良品の「敷布団シーツ・ゴム付き」を使っています。

髪の毛も絡まらない上、サラサラした優しい肌触りで夏も冬も使えます。

サイズ感もエアリーマットレスにぴったり。

定期的に洗って清潔も保てるので、あわせて揃えるのがおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥14,886
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】一人暮らしにベッドはいらない

「一人暮らしにベッドはいらない」旨を書きました。

部屋がかなり広い・寝室とリビングを分けられる等の場合は別かもしれません。

しかし一般的な一人暮らしでは、ベッドがない方が快適に過ごせるはずです。

Hiroshi
Hiroshi
お財布にもやさしいし、部屋も広々使えます。
ダラダラしないので、怠惰な人にもおすすめ。笑

 

布団にもデメリットはありますが、ちょっとの工夫で対処可能

同じ予算ならば、安いベッドと寝具を買うよりも、良いマットレス・敷布団を買った方が確実に寝心地や満足度が高いです。

ベッドは定番的な家具なので、買って当然と思う人も多いはず(過去の僕も)。

しかし常識を疑ってみることで、より生活の快適さが増すと思いますよ。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥14,886
(2021/07/26 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

【2021年版】20代一人暮らし男子が買ってよかったもの【メンズにおすすめ】本記事では、20代一人暮らし男子の僕が、2020年に買ってよかったものを厳選して紹介しています。ファッション・生活雑貨・ガジェットの3つに分けており、日常生活やビジネスが捗るアイテムばかり。ちなみに男性・女性問わずおすすめのものなので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品