おすすめアイテム

JINSの12,000円メガネがコスパ抜群。ミニマルなオールチタンでデザイン性◎

こんにちは。ヒロシです。

僕はここ最近まで、クレイトンフランクリンに続く、2本目のメガネを探していました。

CLAYTON FRANKLIN CF-622はクラシックで洗練された雰囲気の最高のメガネどうも、ヒロシです。 以前から良いメガネが欲しいと思っていた僕。 https://www.ponkotsu-hitomish...

鯖江メイドのメガネブランドを中心に色々と検討していたのですが…

【第2弾】高品質の鯖江メイド!おしゃれな国産メガネブランド5選こんにちは。ヒロシです。 しばらく前に「良いメガネがほしい!」ということで、日本製のメガネブランドについて書きました。 ht...

しっくりくるものが意外とない!

時期的に春夏コレクションと秋冬コレクションが入れ替えの時期にあったこともあり、狙っていたものが完売なんてことも。

ブランドのメガネはレンズ代込みで50,000円くらいするので、自分が心から良いと思ったものを買いたい。ということで購入を見送っていました。

しかし、ふら〜っと訪れたJINSでビビッとくるメガネに出会ってしまったのです!

レビュー:JINS CLASSIC – ALL Titanium –

f:id:footmuji:20190209151040j:plain

こちらが僕が購入したJINSのメガネです。

色は「ガンメタル」というもの。チャコールグレー(濃いグレー)に少し光沢感を持たせたような色味です。

価格は、JINSで通常売られているメガネの中では最も高い12,000円

(ちなみにJINSのメガネは、5,000円・8,000円・12,000円という3種の価格設定)

www.jins.com

僕が購入した理由や惹かれたポイントについて書いていきます。

無駄を削ぎ落としたミニマルで華奢なデザイン

f:id:footmuji:20190209152324j:plain

まず何より、形が美しい。

一切の装飾を排除したミニマルなデザイン。

ラウンド型のクラシックなシェイプ。

まるで一筆書きをしたかのように、全体的に細身で華奢な印象を抱かせるメガネで、非常にデザイン性が高いです。

「3万円のメガネです」と言われても特に疑わないくらい、非常に洗練された美しい印象を持たせます。

高級感のあるオールチタンフレーム

f:id:footmuji:20190209153104j:plain

こちらのメガネは、リムやテンプルから鼻パッドに至るまで、フレーム全てにチタンを採用しています。

チタンは強度に優れ、またバネのような柔らかさもある素材です。高級なメガネにもよく使われています。

また、チタンは錆びにくいため長く使えますし、アレルギーを起こしにくいため金属アレルギーの方でも安心して使える素材です。

オールチタン(オールメタル)フレームといえば、ayame の”MANRAY”というモデルが有名です。

f:id:footmuji:20190209154224j:plain

出典:https://www.neuve-a.net/POKERFACE/shop/g/g2700000440056/

若干形は違いますが、それを連想させるようなJINSのオールチタンメガネ。

細部の作り込みや美しさ、醸し出す雰囲気はayameに軍配が上がりますが(価格的に当然ですね)、JINSのメガネも光沢感がしっかりしており、12,000円には見えないほどの高級感も漂わせています。

安っぽさを感じさせない鼻パッド

f:id:footmuji:20190209155002j:plain

僕の中で購入の決め手となったのが、この「鼻パッド」。

JINSやZoffのような量販店のメガネは、この鼻パッドがどうしてもチープなんですよね。

人からは見えない小さなところでも、気に入らないポイントがあると、それだけで僕は購入しようと思えなくなってしまいます。

でもこちらのメガネは、前述のようにオールチタン製。鼻パッドももちろんチタンでできています。

チタン製で、なおかつフレームよりもやや濃いめのマットな色味なので、ここにチープさは全く感じられません。

軽いかけ心地

オールチタンフレームということで、やはり軽いかけ心地です。

柔らかさも感じられるので、かけていてストレスは感じません。

正直なところフィット感やしっくり感は「クレイトンフランクリン」のものの方が上ですが、それでも十分及第点かと。

12,000円と考えれば非常に良い感じです。クレイトンはレンズ代込みで4倍ですからね。

レンズ代込みで12,000円。家でも気軽に使えるコスパ最高のメガネ

こちらは前述の通り12,000円(+税)でした。

しかもレンズ代込みの価格です。

僕は度が結構強いため薄型レンズにする必要があるのですが、レンズをどんなに薄いものにしても追加料金はゼロ。

ちなみに僕がクレイトンのメガネを作った際は、 レンズ代だけで15,000円以上しました。

JINSで12,000円って高いようにも感じますが、他のメガネ屋さんのレンズ代よりも安いということです。

これだけ低価格なので、今までかけたことのなかった形のものにも挑戦しやすいですし、また家用としても気軽に使えます。

デザイン性も非常に高いので、もちろん家用のみならずコーディネートの一部としても使えますね。

でも正直、まさか自分がJINSでメガネをつくるとは思っていませんでした…

12,000円とは思えないレベルのクオリティーとデザイン性。

JINSのオールチタンメガネはコスパ最強です。

 

あとがき

実は最近、家用に使っていたメガネ(3年くらい前に買ったJINSのもの)を失くしていました…

コンタクトを入れるのが面倒という理由でメガネのままランニングをしていた時のこと。

走り終わってメガネをハーフパンツのポケットに入れておいたら、いつの間にか消えていたのです…

走った道を中心に探しに行きましたが結局見つからず。

という理由もあり、今回は家でもかけられる価格帯で、かつおしゃれなメガネがないかなと思っていたところに、ドンピシャのものを見つけたのです!

手頃な値段でおしゃれなメガネをかけたい方、今までかけたことのない丸メガネに挑戦してみたいという方には本当におすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です