PR

北欧らしいミニマル感。ガストンルーガのリュック「プローペル 」【PR】

こんにちは。ヒロシです。

ミニマルで洗練された世界観を感じさせる「北欧」。

北欧といえば、シンプルでスタリッシュなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

先日、そんな北欧・スウェーデン発のバッグブランド「GASTON LUGA」様より、素敵なリュック(バッグパック)をご提供いただきました。

そこで今回は、ガストンルーガ様よりご提供いただいたリュック「プローペル」について、そのデザイン・機能性・素材を詳しくレビューしていきます。

良いところはもちろん、「もうちょっとかな…」と感じたところまで包み隠さずに書いていきますので、

  • ガストンルーガのリュックの評判・口コミが知りたい
  • おしゃれなリュックを探している
  • 普段使いできる、使いやすいリュックが欲しい

といった方はぜひ参考にしてみてください。

Hiroshi
Hiroshi
本記事の最後には、ガストンルーガのリュックがお得に買えるクーポンも紹介していますよ!

GASTON LUGA(ガストンルーガ)とは

 

View this post on Instagram

 

Gaston Lugaさん(@gastonluga)がシェアした投稿


ガストンルーガとは、スウェーデンのストックホルムで生まれたバッグブランドです。

北欧らしい洗練されたデザイン性、スタイリッシュなルックから、ジワジワと知名度を上げてきており、いま大きな注目を集めています。

インスタでは非常に人気が高いみたいですね。




ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
ガストンルーガのリュック「プローペル」について、デザイン・素材・機能性の3方向からレビューしていきます。

デザイン【ガストンルーガ プローペル】

装飾が非常に少ない、北欧らしいミニマルなデザインとなっています。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
オールブラックなので、スタイリッシュさが非常に際立っていますよね。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
横(ナナメ)から見るとこんな感じです。

シルエットもきれいなリュックなので、落ち着いた大人っぽい印象があります。

男女問わず使えるおしゃれなデザインに仕上がっていますね。

また、チラッと見えるスウェーデンの国旗も良いアクセントになっています。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
ちょっとした遊び心ですが、シックな雰囲気の中にほんの少しかわいらしさが足されていて、非常に好印象です。

素材【ガストンルーガ プローペル】

素材はコットン100%のキャンバス地と、ビーガンレザーのコンビネーション。

ガシッとした質感のキャンバス地は耐久性も抜群。やや厚手のしっかりとした生地感なので、タフに使うことができます。

 

ビーガンレザーとは、動物性の皮革を使わずに、人工的に革の繊維構造を再現した皮革のこと。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー

ビーガンレザーは水にも強く、また一般的な合皮と違って耐久性にも優れているのに加え、動物愛護の観点からも近年注目されている素材です。

天然皮革のような経年変化は期待できないものの、天然皮革のような風合いや柔らかさが使い始めから感じられ、また通常の合成皮革よりも丈夫で長持ちするという特徴があります。

写真で見ていただくと分かる通り、非常に高級感がありますよね。

 

カジュアルなキャンバス素材と、エレガントなビーガンレザーのコンビネーションが、非常に良いバランス感を保っていて、より一層おしゃれを引き立ててくれています。

機能性・ディテール【ガストンルーガ プローペル】

ガストンルーガの「プローペル」は機能性もしっかりとしており、使いやすくなっています。

ちょうど良いサイズ感

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー

僕がご提供いただいた「プローペル」は18Lという大きさで、日常使いにはちょうど良いサイズ感。

大きすぎず小さすぎないので、男女ともにお使いいただける絶妙なサイズになっています。

また、PCを入れる専用のポケットも完備。

MacBook Proの13インチがすっぽり入ります。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
PC専用ポケットにはクッション性もあるので、安心してPCを持ち運ぶことができます。

高級感のある金属製の留め具

フラップ部分を止める留め具は金属製です。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
マットな色味なので、リュック全体にしっかりと馴染んでエレガントな印象が出ています。

ビーガンレザーとのコンビネーションも良い感じですよね。

フラップタイプのリュックの中には、留め具をプラスチックで作られたものが多いのですが、それだと全体の印象が安っぽくなる可能性があります。

こちらのように金属製の留め具にすることで、全体のおしゃれな印象を損なわずに、さらに大人っぽさが格上げしてくれます。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
留め具は引っ掛けるタイプなので、開閉にかかる手間も少ないでしょう。

巾着構造だから荷物の出し入れがしやすい

フラップ部分を上げると、巾着構造になっています。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー

全体がガバッと開くので、物の出し入れがしやすいですね。

荷物の出し入れが終わったら、紐をぎゅっと絞ればOK。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー

巾着の紐を絞れば荷物が飛び出ることはありませんし、この「プローペル 」の場合はさらにフラップが被さるので安心して荷物を持ち運べます。

ガストンルーガ プローペルのちょっと残念だった点

PRでいただいたものですが、素直な口コミを読者のみなさまに届けたいので、あえて残念だった点も書きます。

こちらのリュックで唯一「うーん」と思ったのが、肩で背負うベルト部分。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
ベルトの肩が当たる部分にクッション性のあるカバー等が施されていれば、さらにポイントが高かったかなというのが正直なところ。

そのため、たくさんの荷物を入れる必要があるシーンで使うと、使っているうちに肩が疲れてきてしまうかもしれません。

まぁクッションを施してしまうと、このプローペルのミニマルな北欧らしい雰囲気が損なわれてしまう可能性があるのですが。。

あまり荷物を詰め込まずに使う分には問題ないと思いますが、その点だけ注意が必要です。




ガストンルーガのプローペルを実際に背負ってみると…

実際に背負ってみました。

ガストンルーガのPraper(プローペル )をレビュー
176cm62kg(やや細身体型)の僕が背負うとこんな感じになります。

かなりちょうど良い大きさですよね。シルエット的にもきれいです。

女性の方が背負うともう少し大き目のイメージになるかと思われますが、女性が少し大き目のリュックを背負うと可愛らしい印象になります。

北欧らしい美しさのある、非常にミニマルなデザインなので、あらゆる服装に合わせやすいでしょう。

とはいえ個人的には、やはり服もテイストを合わせたモノトーン系のシンプルなコーディネートに合わせたいですね。

ガストンルーガのリュック(プローペル)はこんな人におすすめ!

  • スタイリングの一部として使えるような、おしゃれなリュックを探している方
  • デイリーユースできるリュックを探している方
  • モノトーン系のファッションが好きな方 

プローペルは非常にシンプルかつスタイリッシュなデザインなので、「物を持ち運ぶ」という本来の用途を超えて、「ファッションの一部」として使うことができます。

逆にいうと、ガッツリと重い荷物を持ち運ぶときには向きませんが、日常使いにはぴったりのサイズ感ですね。

男女どちらが使ってもおしゃれにキマるリュックなので、ご夫婦やカップルで兼用・お揃いにするのもおすすめですよ!

ガストンルーガのリュックはクーポンコードでお得にお買い物できる!【プローペルももちろん対象】

この記事でご紹介したガストンルーガの「プローペル」の価格(定価)は19,200円です(送料無料)。

しかし今回は、ガストンルーガ様よりクーポンを発行していただきましたので、ガストンルーガのアイテムが15%OFFで購入できます(期限なし)。

公式オンラインストアから購入する際に「HiroshiGL」というクーポンコードをご入力いただくだけで、15%OFFでご購入できるので、ぜひ利用してみてください。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です