無印良品

【3年使った】無印良品のシューキーパーのレビュー【Amazonとの比較も】

こんにちは。ヒロシです。

靴を長持ちさせるための必須アイテムである「シューキーパー」。

価格が高いものだと1万円くらいしますが、なるべく手頃な価格で良いものを手に入れたいですよね。

そんな方に人気なのが「無印良品」のシューキーパー。

木製のちゃんとした作りでありながら、2,000円ちょっとで買えてしまうんです。

しかし、「安いのは良いんだけど、実際の評判はどうなんだろう?」と思う方もいますよね。

そこで今回は、無印良品のシューキーパーを3年ほど使っている僕が、

  • 無印良品のシューキーパーの使い方・仕様
  • 3年使ってみてのレビュー(耐久性・サイズ感・フィット感)
  • 同価格帯のAmazonのシューキーパーとの比較 

というテーマで書いていきます。

無印良品のシューキーパーが気になっている方は必見ですよ!

無印良品のシューキーパー(シューツリー)について

無印良品のシューキーパー(シューツリー)について

出典:無印良品 レッドシダーシューキーパー

まずは無印良品のシューツリーについて、軽くご紹介していきますね!(レビュー等は後述しています)

サイズ・価格

23cm〜25cm 1,990円
25cm〜28cm 2,290円

2サイズ展開で、サイズによって価格も異なります。

女性の方も使える23cm〜25cmの方が300円安いですね。

木製のシューキーパーが2,000円程度で買えるんですから、価格は非常に良心的だと思います。Amazon等を含めてもかなり安い部類です。

 

ちなみに、このシューツリーは価格がどんどん見直されて今の値段になりました。

Hiroshi
Hiroshi
僕が買ったときは3,000円近くだった気がします。

このあたりは企業努力のたまものですね。

素材:レッドシダー

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

素材は木製シューキーパー(シューツリー)の中で最もポピュラーなレッドシダーです。

  • 防臭・殺菌効果
  • 型崩れ防止
  • 除湿効果
  • 防虫・防カビ効果

上のような効果が期待できます。

また、レッドシダーの特徴は木の清々しい香り。

この無印のシューキーパーも非常に良いにおいがするので、かなり癒されますよ。

仕様・使い方

無印良品のシューツリーは、靴の形にしたがって横に伸びる仕様になっています。

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

タテは1本のバネで伸縮します。

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

このような仕様のシューツリーのことを「シングルチューブ」と言うみたいです。

 

また、左右が若干わかりにくいのですが、かかと部分にある穴を見れば一発でわかりますよ。

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

この穴が内側にくるようにセットする感じですね。

 

仕様を説明しましたが、まぁ使い方としては非常にシンプルで、ただ入れておくだけでOK。

ジャランスリワヤのプレーントゥ

ヨコとタテが伸び縮みするので、あらゆる靴に使用することができます。

LOHACOから無印良品のシューツリーを見る

 

約3年使った無印良品のシューキーパーのレビュー

僕が無印良品でシューツリーを購入したのは約3年前。

そこから3年間使ってみてのレビューをしていきますね。

耐久性

耐久性に関しては全く問題なしです!

約3年使った今でもレッドシダーの良い香りが漂いますし、木がカケたり割れたりということも一切ありません。

そこまで丁寧に扱っていたわけではなかった(むしろ扱いは適当でした笑)ですが、3年くらいは余裕で持つということでしょう。

また、付属で紙ヤスリがついてくるので、「レッドシダーの香りが弱くなったな」と感じたら、ヤスリで磨いてあげることで香りが復活します。

製品のクオリティという意味で、2,000円のシューキーパーとしては非常にコストパフォーマンスは良好だと思いますよ!

サイズ感・フィット感

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

フィット感はやや劣るかなと思います。

というのも、無印のシューキーパーは全体的に細身のつくりですし、甲が低いから。

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

横から見るとわかりやすいですが、割と並行な形になっていますよね。

そのため、革をピンと伸ばしてくれることはあまり期待できません。

 

無印良品のシューキーパー(シューツリー)

上の写真のように革を押してみると、結構なゆとりを感じますね。

甲の部分も同様で、空間があいているような印象を受けます。

 

無印良品のシューキーパーを入れた靴の中を見てみましょう。

無印良品のシューキーパー(シューツリー)<span class=

このように、甲とサイドの部分でシューキーパーが革にフィットせず、スキマが空いてしまっています。

スキマがある=しっかりと革を伸ばせていないということなので、「履きジワをしっかりと伸ばしたい」というニーズを持つ方々は満足できないかなと思いますね。

 

ただ、入れておくだけでも防臭・殺菌効果などは期待できますし、フィット感は劣るとはいえ、最低限の型崩れ防止は十分にできます。

僕も3年ほど使用していますが、これを使っていることで靴の履き心地が悪くなった等は一切ありませんので。

 

また、僕がこのシューツリーを購入したときは完全な革靴初心者でした。

そう考えると、当時の僕のように「安くてそれなりに良さそうな木製シューツリーを探している」という方には、購入する価値は十分あるんじゃないかなと思います。

良さげな木製シューキーパーは5,000円くらいしますからね…

スニーカーには良い感じにフィット!

無印良品のシューキーパーは、革靴へのフィット感はいまひとつでしたが、スニーカーには良い感じにフィットしますね。

私物のスタンスミスに入れてみたところ、革靴のときとは異なり、押してみてもゆとりはそこまで感じませんでした。

スニーカーは革靴のようにインソールが沈んだりしない分、無印のシューキーパーの甲の低さなどもさほど影響しないのでしょう。

 

スニーカーには、革靴のようにシューキーパーを入れない人が多いですが、レザースニーカーの場合は入れておいた方が確実に長持ちします。

とはいえ、「スニーカーのシューツリーにはお金をかけたくない」という方も多いでしょう。

無印良品のシューキーパーならば2,000円程度で買えますので、そんな方にはぜひおすすめしたいです。

LOHACOから無印良品のシューツリーを見る

 




Amazonと無印良品の木製シューキーパーを比較

Amazonと無印良品のシューキーパー(シューツリー)

Amazonには、無印良品と同じ2,000円台で買える木製のシューキーパーが売られています。

ちなみに素材はレッドシダーなので、これも無印と同様です。

そこで、2,000円台のシューキーパーとしては無印良品とAmazonのどちらが良いのか、比較していきます。

ちなみにAmazonのシューキーパーも使い始めて2年弱経っていますので、ぜひ参考にしてください。

(以下のシューツリーを購入しました)

created by Rinker
Glossychoe(グロッシーシュ)
¥2,180
(2019/11/13 20:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ感・フィット感

サイズ感・フィット感はAmazonの方が上です。

Amazonの方がヨコに広いですし、より作りが立体的になっています。

また、甲も高いので、全体的にしっかりフィットしてくれますよ。

 

Amazon

Amazonの木製シューキーパー

無印良品

無印良品の木製シューキーパー

 

全体的に靴の形にあった大きさなので、無印良品のシューキーパーで生じていた空洞はほぼありません。

Amazonの木製シューキーパー

以上のことから、革靴へのフィット感という面ではAmazonの方が上でしょう。

カカトの大きさに注意

フィット感はAmazonの方が上なのですが、カカトの大きさには要注意です。

Amazonと無印良品のシューツリー

上で見るとわかるように、Amazonの方がカカトがやや大きめで横に広がっています。

そのため、ヒールカップが小さな靴にAmazonのシューツリーを入れると、カカト部分にテンションがかかりすぎて型崩れを起こす可能性があるのです。

無印良品の方がカカトが小さめにつくられていますので、ご自身の靴の形によって使い分ける必要があります。

品質

品質としてはどちらも大差ないかなと思います。

レッドシダーの良い香りが漂いますし、しっかりとニオイや菌を抑えてくれているかなと。

Amazonの方が使用して日が浅いので耐久性については何ともいえない部分がありますが、2年弱使ってみて全く問題ないので、安心して使えるかと。

created by Rinker
Glossychoe(グロッシーシュ)
¥2,180
(2019/11/13 20:56:17時点 Amazon調べ-詳細)




無印良品とAmazonのシューキーパーで迷ったら…

最後に、無印良品とAmazonで、それぞれどんな人がおすすめか書いていきますね。

無印良品がおすすめな人
  1. 無印良品大好きのムジラーの方
  2. 女性の方
  3. スニーカーに入れるシューキーパーを探している方

特に②と③です。

レディースの方でも使える木製シューキーパーってなかなかありません。

無印のものならば、女性でも使えるサイズが展開されていますし、前述のように全体的に細身のつくりで甲も低いので、レディースの靴には良い感じにフィットするかと。

また、スニーカーには使いやすいサイズ感なので、スニーカー用のシューキーパーを探している方にもおすすめですね。

 

 

逆にAmazonのシューキーパーがおすすめの人は…

Amazonがおすすめの人
  1. ムジラーじゃない人
  2. 靴へのフィット感重視の人

基本的には、革靴のシューツリーとしてはAmazonの方がおすすめです。

前述のように、Amazonのシューツリーはしっかりと足にフィットしてくれるので、靴の型崩れ防止の効果は無印よりも圧倒的に高いでしょう。

そのため、同価格帯でどちらもレッドシダーということを考えると、革靴のケアにはAmazonの方が向いていると言えます。

 

本記事があなたのシューツリー選びの参考になれば幸いです。

今回は以上になります。ありがとうございました。

LOHACOから無印良品のシューツリーを見る

 

created by Rinker
Glossychoe(グロッシーシュ)
¥2,180
(2019/11/13 20:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

Amazonでお得に買い物をする方法

「Amazonで少しでもお得に買い物をしたい!」という方にはAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするのがおすすめ。

チャージをするたびに、チャージした金額×最大2.5%のAmazonポイントが貯まりますよ!

Amazonギフト券

買い物をした際にもAmazonポイントは貯まるので、いわば「ポイントの二重取り」ができちゃいます!

もしもあなたがプライム会員ならば、使わないともったいないですよ!

Amazonギフト券にチャージ

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です