スニーカー・サンダル

【サイズ感】3年履いたスイコックのサンダルを徹底レビュー【SUICOKE PADRI】

スイコックのサンダルのレビュー

こんにちは。ヒロシです。

SUICOKE(スイコック)のスポーツサンダルは、感度の高い人から支持される名品。

お洒落なあなたは、きっと買おうか迷っているんだと思います。

 

ただ購入に際しては、色々な不安がありますよね。

  • 評判は良いみたいだけど、本当に良いサンダルなのか
  • 合わせやすさ・履きやすさは?
  • サイズ感や選び方が知りたい
  • 他のブランドのサンダルと迷っている 

決して安いものでないので、失敗したくないと思うのは自然なことです。

そこで今回は、スイコックのサンダルを3年履いた感想を徹底レビューします。

 

履き心地や使いやすさはもちろん、失敗しないサイズの選び方を解説。

本記事を読めば、後悔しないサンダル選びができます。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

3年履いたスイコックのサンダルをレビュー【SUICOKE PADRI】

スイコックのパドリ

スイコックは2006年にスタートした日本のブランドです。

「本当に自分たちが欲しい物、所有したい物だけを作っていく、挑戦的創造開発」がブランドコンセプト

ABCマート等では見かけませんが、感度の高いセレクトショップで取り扱われ、おしゃれな人から支持されています。

一般的な知名度は低めですが、履き心地・デザインともに非常に高水準です。

 

僕が3年履いた「PADRI」は、足の甲に1本のストラップがついたシンプルなサンダル。

価格は8,800円(税込)です。

デザイン性・履き心地・耐久性などの面から、詳しくレビューしていきます。

スタイリッシュで洗練されたデザイン

スイコックのpadriサンダル

PADRIは、シャワーサンダルの形ながらもかなり上品な印象。

洗練されたオールブラックの配色、ミニマルなデザインが特徴的。

 

ディテールは、ナイロン素材のストラップ・メッシュ素材のアッパーの組み合わせ。

スイコックのサンダルpadri

同じ黒でも色合いや素材感が異なるので、シンプル過ぎない絶妙なバランスです。

ロゴも良いアクセントになっています。

 

360度で見るとこんな感じ。

スイコックのサンダルpadri

シャワーサンダルでありながら、非常にスタイリッシュに仕上がっている印象です。

安っぽさは皆無で、都会的な雰囲気も感じます。

Hiroshi
Hiroshi
「エレガントなシャワーサンダル」は他のブランドにはなかなかないので、本当に気に入っています。

脱ぎ履きが非常にラク

PADRIは、足の甲にストラップがついているだけのシャワーサンダル。

脱ぎ履きがめちゃくちゃラクです。

サラッと履いてパッと脱げて最高ですね。

街履きはもちろん、近所のコンビニに行くときにも重宝します。

履き心地は最高。1日中履いても疲れない

履き心地は本当にすばらしく良いです。

理由は、スイコックのサンダルには以下の2つの特徴があるから。

  • 立体的なフッドヘッド
  • クッション性の高いダブルソール

フッドヘッドとソールは、世界的なソールメーカー「ビブラム社」と共同開発しています。

Hiroshi
Hiroshi
「ビブラム社と共同開発したソールを使用」ってだけで、かなり好奇心をくすぐられます。笑

 

スイコックのサンダルは、フッドヘッド(足を乗せる部分)がかなり特徴的。

ご覧のとおり、立体的なデコボコがあります。

スイコックのサンダルのフッドヘッド

足の指のつけ根・土踏まず・かかとの3か所がボコッと突き出ていますよね。

人間の足の形状は平らではありません。

スイコックのサンダルでは、このデコボコが足の形にしっかりフィット。

おかげで歩くときの負担がかなり軽減されるんです。

Hiroshi
Hiroshi
本当にクセになる履き心地で、履いていて気持ちが良いですよ。

 

ソールもビブラム社が独自開発した「モアフレックス」を採用。

スイコックのソール

(汚くて申し訳ないです)

モアフレックスは、高いクッション性・耐久性を兼ね備えた独自素材。

通常は、ソールのクッション性が良い=潰れやすくて劣化も早いです。
モアフレックスは、クッション性・軽快さはありつつも、 劣化しにくい特徴を持ちます。

また、ソールの形状はギザギザでグリップ力も高め。

濡れた地面の上を歩いてもすべりません。

 

クッション性の高さは、フッドヘッドとアウトソールが重なった作りからも折り紙付き。

スイコックのソール

(ソールが二重なので「ダブルソール」と言います)

地面についた感じは本当にフカフカで、また軽さも十分。

1日中歩いていても、本当に疲れにくいです。

 

「サンダルは足が疲れる」と思っている方も多いはず。

そんな方にこそ、ぜひスイコックのサンダルを履いてほしいです。

圧倒的な機能性・履き心地の良さにきっと驚きますよ。

本当に合わせやすく、汎用性が高い

スイコックのサンダルは、かなり合わせやすいデザイン。

ロゴ等の主張はありますが、あらゆるコーデ・服装になじみます。

Tシャツとデニムを合わせたベーシックなコーデ。

スイコックのサンダルはラフな雰囲気になりすぎず、程よく上品な印象になります。

 

ショーツとも合わせやすいです。

軽さは出ますが、長袖シャツ等でバランスを取るとかなり良い感じ。

シャワーサンダルでありながら、レザーサンダルにも近い上品さを感じます。

本当に使いやすいので、夏は気づくとスイコックばかり履いちゃいますね…

耐久性も十分。ソールの減りも少ない

↑3年履いた段階でのソールのすり減り具合

前述の通り、ビブラム社の「モアフレックス」ソールは耐久性もかなり高いです。 

めちゃくちゃヘビーに履いていますが、ソールの減りは非常に少ないですね。

特に春夏は履く機会が多く、普通に5km以上歩くこともよくあります。
加えて近所を出歩くときも、だいたいスイコックを履いていますね。

さすがに多少はすり減っていますが、まだまだ履けるレベル。

ガンガン履いても長く使える耐久性も、非常に素晴らしいポイントです。

スイコックのサンダルのデメリット・気になる点

スイコックのpadriサンダル

続いてデメリットです。

基本的には文句なしで良いサンダルですが、どんな物にもマイナスな点はあります。

あまり良くない点を知りたい方も多いと思うので、正直に書きます。

①:アウトドアには向かない

スイコックのサンダルは、あくまで街履き用がメインです。

ソールは柔らかめなので、山や川でハードに使用すると壊れてしまう恐れがあると思います。

必然的に、アウトドア用途も考えている人には向きません

(ビーチに履いていく程度なら問題ないと思いますが)

 

アウトドアでもガッツリ使いたい方には、Chaco(チャコ)がおすすめ。

チャコのサンダルは、元々アウトドア用途を考えて作られています。

ソールも非常に頑丈なので、街から山まで非常に幅広く使えますよ。

関連:【サイズ感】チャコのサンダル・Z1クラシックをレビュー

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/21 13:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/20 22:04:12時点 Amazon調べ-詳細)

②:価格が高い

スイコックのサンダルの値段は、比較的高めです。

他のブランドのサンダルは1万円あれば大体買えます。
一方でスイコックのサンダルは「1万円から」買える感じです。

PADRIは8,800円なので、スイコックの中ではお手頃。

しかしシャワーサンダルで8,800円ですから、客観的に考えて高額だと思います。

(2〜3,000円で買えるシャワーサンダルも多いので)

 

ただ「コストパフォーマンス」で見ると、スイコックはかなり高いと思います。

安いサンダルは、基本的に物持ちが良くない・デザインが微妙等の欠点があります。

一方スイコックは、非常にこだわった品質・合わせやすいデザイン性が特徴的。

  • 服装を選ばない=履く機会が多くなる
  • たくさん履いてもダメにならない:僕は3年以上履いている

多少高くてもたくさん履けるので、コスパが非常に良いんです。

個人的には、安いサンダルをすぐに買い換えるより、スイコックの方が良いなと思います。

(見た目もカッコいい上に長く履けるので)

スイコックのサンダルのサイズ感とサイズ選び

スイコックのソール

通販等で買い物する際、最も気になるのは「サイズ感」です。

サイズ選びに失敗すると、快適に履けなくなりますからね…

以下にて、スイコックのサイズ表記・サイズ感を解説していきます!

ただ結論を言うと、スイコックはいつものサイズを選べばOKです。

スイコックのサイズ表記

スイコックのサイズは、USサイズ・CMサイズの2つ表記があります。

それぞれの対応は以下の通りです。

USサイズ cmサイズ
5 23cm
6 24cm
7 25cm
8 26cm
9 27cm
10 28cm

注意点として、ハーフサイズの展開はありません。

(ハーフサイズの例:25.5cm・26.5cmなど)

スイコックのサイズ感とサイズ選び

サイズ感としては標準的です。

スイコックは日本のブランドなので、日本人の足にあった形・サイズ感になっています。

海外ブランドのような難しさは基本的にありません。

 

サイズ選びも、いつものサイズ=普段履いているスニーカーと同じサイズでOK。

  • 日本人の足にあった形・シルエット
  • ストラップで幅や甲の調整が可能

理由は上記の2点です。

特にスイコックのサンダルは、大半がストラップやベルクロでサイズ調整できます。

スイコックのサンダル

(僕が愛用しているPADRIは、2つのベルクロで調整するタイプ)

人によって幅の広さ・甲の高さは違いますが、どんな人でも好みのフィット感を実現。

基本的にいつものサイズを選べば問題ありません。

総じてスイコックは、さほどシビアにサイズを考えなくて大丈夫ですよ。

Hiroshi
Hiroshi
多くのスニーカーで27.0cmがジャストの僕は、スイコックも27cmを選びました。

迷ったら大きなサイズを選ぶべき

26.5cmの僕は、26cmと27cmのどっちを選べばいいの?

スイコックは1サイズ刻みなので、普段「ハーフサイズ」を選ぶ方はサイズに迷うはず。

結論、迷ったらサイズアップがおすすめです。

幅が大きい分にはストラップで調整できる一方、タテが足りないと調整できないからです。

 

スイコックのサンダルは、タテの長さはさほど大きくありません。

僕は多くのスニーカーで27cmがジャストサイズで、スイコックも27cmです。

スイコックのサンダルのサイズ感 スイコックのサンダルのサイズ感

上の2枚の写真を見ると分かるように、タテはかなりジャストですよね。

つまり、小さめを選ぶ→タテが収まりきらなくなる可能性があるんです。

いつも「〜.5cm」のサイズの靴を選ぶ方は、ハーフサイズ大きめを選ぶべきです。

 

実際、ショップの店員さんも同じことを言っていました。

僕が「ジャーナルスタンダード」で購入した際のやりとりが以下です。

Hiroshi
Hiroshi
いつもは27cmなのですが、フィット感重視でサイズダウンさせようかなと思っています
店員さん
店員さん
スポーツサンダルは、タテの長さが足りないと履き心地が悪くなりますよ。
幅はストラップで調整できるので、サイズダウンはおすすめしません。

迷ったら「サイズアップ」を選ぶのがおすすめです。

Suicoke(スイコック)
¥15,400
(2021/10/20 23:16:52時点 Amazon調べ-詳細)

スイコックのサンダルに関するよくある質問

スイコックのパドリ

スイコックのサンダルに関してよくある質問に答えます。

3年履いた感想をもとに回答するので、ぜひ参考にどうぞ。

①:テバとスイコックはどっちが良い?

テバのハリケーンXLT

特にストラップ型のサンダルで、テバとスイコックで迷っている方も多いはず。

(僕はテバのサンダルも持っています)

【サイズ感も解説】Tevaのサンダル・ハリケーンXLT2のレビュー

 

どちらがおすすめかは、用途・価格・好みによります。

  • テバがおすすめ
    →アウトドア用途も考えている・安めが良い・定番的なものが好き
  • スイコックがおすすめ
    →街履きメイン・ある程度高くてもOK・周りと被りたくない

テバもスイコックも両方良いので、一概には言えないところ。

街履きとしての完成度はスイコックが上、価格と用途の広さはテバが上かなと。

(周りに差をつけたい人は断然スイコックがおすすめですが)

お財布・用途・趣味から考えて決めるのが良いかなと思います。

TEVA(テバ)
¥5,577
(2021/10/20 21:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

②:スイコックのサンダルは痛い?

結論、全然痛くないです。

僕は3年以上履いていますが、痛いと思ったことは全くないですね。

 

前述のとおり、ソールの機能性が高いので歩きやすさは抜群。

加えて、素材自体もかなり柔らかいんですよね。

スイコックのサンダルのサイズ感

足に直接触れる部分が、肌触りの良いクッション素材になっています。

擦れたりすることが一切なく、本当に優しい履き心地です。

 

スポーツサンダルは、ストラップ部分が固くて靴擦れするものも結構多いです。

その点、スイコックはかなり履きやすい・痛みがない設計になっていますよ。

スイコックの人気モデルを紹介

僕が履いているPADRIの他にも、スイコックには人気モデルがたくさんあります。

定番のタイプを中心に、スイコックのおすすめサンダルを紹介します!

DEPA

出典:https://jp.suicoke.com/

DEPA(デパ)は、スイコックの中でも大定番のサンダル。

ベーシックなストラップ型で、フィット感・合わせやすさが特徴的ですね。

KISSE

出典:https://jp.suicoke.com/

KISSE(キシー)もスイコック定番の形。

非常にボリューミーな形で、特にモードなスタイリングに合いそうです。

Suicoke(スイコック)
¥16,500
(2021/10/20 23:16:53時点 Amazon調べ-詳細)

MOTO VS

出典:https://jp.suicoke.com/

MOTO(モト)は、2本のストラップが特徴のシャワー型のサンダル。

PADRIに比べてボリューム・存在感があり、ソックスに合わせてもカッコ良さそう。

スウェードレザーを使っているので、大人っぽさも感じます。

Suicoke(スイコック)
¥15,400
(2021/10/20 23:16:52時点 Amazon調べ-詳細)

スイコックのサンダルは履き心地とデザインが最高

スイコックのサンダルpadri

3年履いたスイコックのサンダル・PADRIをレビューしました。

スイコックのサンダルは、合わせやすさ・履き心地ともにかなり良いです。

スポーツサンダルながら、軽さ・ラフさが出過ぎません。
程よく大人っぽいので、本当に何にでも合います。

履き心地の良さも相まって、夏は気づくとスイコックばかり履いちゃいますね…

(人と被りにくいのもポイント高いです)

 

価格は高めですが、長く履けるので値段以上の価値はあります。

この夏のサンダルに、スイコックは非常におすすめです!

TEVA(テバ)
¥5,577
(2021/10/20 21:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品