スニーカー・サンダル

【サイズ感】チャコのサンダル・Z1クラシックをレビュー【Chaco Z1 Classic】

こんにちは。ヒロシです。

サンダルは、春夏の定番アイテムの1つ。

中でもチャコの「Z1クラシック」は定番で、長く愛されるロングセラーモデルです。

毎シーズン人気なので、気になっている方も多いはず。

 

ただ購入の際には、たくさん不安があって迷いますよね。

  • 本当に良いサンダルか・買って後悔することはないか
  • 悪い面やデメリットはないのか
  • サイズ感はどんな感じか

僕も買い物の際には本当に悩むので、お気持ちはよくわかります…

そこで今回は「Chaco Z1クラシック」を徹底レビューしていきます。

 

この記事を読めば、履き心地・合わせやすさ・サイズ感など全部分かります。

結果的に、後悔のない判断につながるはずです。

ただ先に言うと、チャコのZ1はマジで完成度の高い最強のサンダルですよ。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

チャコのサンダル・Z1クラシックの概要

Chaco(チャコ)は、1989年にアメリカで創業したブランド。

快適なフィット感・履き心地に加え、高いデザイン性が世界的に評価されています。

「Chaco=スポーツサンダルの代名詞的」と言えますね。

 

中でも「Z1クラシック」は、ブランドを代表する名作サンダル。

優れたグリップ力・耐久性等から、アウトドアや登山でも活躍する定番モデルです。

機能性のみならずデザイン性も非常に高いので、街履き用としても人気。

汎用性の広さから、男女問わず感度の高い人から支持されています。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

【レビュー】チャコ・Z1クラシックの魅力

僕が実際に履いて感じる、チャコ・Z1の魅力は以下です。

  • 履き心地・フィット感がとにかく良好
  • 着脱しやすく、本当に楽
  • 頑丈なソールで長持ち
  • 合わせやすいデザイン【デニムと相性が良い】

僕は正直、アウトドア用途はあまり考えていません。

ただ、街履き・普段用としても文句がない、素晴らしいサンダルだと感じます。

①:履き心地・フィット感がとにかく良好

実際歩いてみると分かりますが、履き心地がかなり良いです。

その最大の理由は「立体的なフットヘッド」ですね。

写真の黄色い線のように、足の形状に合わせた自然なアーチ状の形になっています。

着用感が本当に良く、長時間歩いても疲れません。

 

また、フィット感も抜群に良いですね。

その秘密は「1本のストラップ」です。

ストラップはデザイン的な良さはもちろん、ソール内部でつながった構造。

引っ張る・バックルで調整する等によって、自分に合ったフィット感で履けるんです。

Hiroshi
Hiroshi
ゆるめ・きつめ等、好みやシーンに応じて簡単にフィット感を変えられますよ。

足の甲・つま先・かかとの全てを自分好みに調整できるのは、本当に快適です。

 

総じて、ソールの形状・ストラップの構造の2点で、履き心地は文句なし。

どんな方でも快適に履けること間違いなしです。

②:着脱しやすく、本当に楽

Chacoのサンダルは、着脱のストレスがほとんどありません。

片手でバックルを一瞬操作するだけで終わるので、マジで数秒で完了します。

 

サンダルを履くとき

足を入れたら、ストラップをつまみます。

あとはストラップを引っ張るだけです。

これだけでしっかりフィットします。

1秒で終わりますが、普通に履いていてゆるくなったりは全くしません。

 

サンダルを脱ぐとき

脱ぐときは、赤で囲ったバックルを少し持ち上げるだけ。

履き口がゆるむので、簡単にサンダルを脱げます。

片手でパッと脱げるので、めちゃくちゃ楽です。

 

総じて、Chacoは「履き心地」と「楽さ」のバランスが素晴らしいなと。

  • 一般的なスポーツサンダル
    →履き心地は良いが、マジックテープ等で着脱がやや面倒
  • シャワーサンダル
    →着脱は一瞬だが、パカパカするので履き心地は劣る

一方でチャコは、ホールド感・フィット感はもちろん良好。

着脱も片手で一瞬でできるので、ストレスが全然ありません。

履き心地と着脱のスムーズさを両立した、非常に完成度の高い逸品だと思います。

③:頑丈なソールで耐久性も抜群

ソールには、自社オリジナルの「チャコグリップ」を使用。

グリップ力が高く、非常に滑りにくくなっています。

Hiroshi
Hiroshi
川や海などのアウトドアに対応したソールなので、日常使い〜レジャーまで幅広く対応可能です。

 

また、ソールはかなり厚みがあり、非常に頑丈な作り。

耐久性も高いと評判で、なかなか擦り減らないと言われます。

(普通に5〜10年スパンで履いているとの口コミもよく見ますね)

 

丈夫で長く履けるのは、コスパの観点でかなり嬉しいところ。

チャコのサンダルは約1万円ですが、5年履いたら2,000円/年です。
安物のサンダルを買ってすぐダメにするより、明らかに安上がりです。

1万円のサンダルは、冷静に考えたら高いですよね。

でも高い耐久性・普遍的なデザインで長く愛用できること間違いなし。

トータルで見ると、非常にコスパが良いと思いますよ。

④:使いやすいデザイン【デニムと相性が良い】

カジュアルな服装に合うデザイン性の高さも、本当に魅力です。

(特に僕は街履きメインで考えていたので、まずデザイン面に惹かれました)

 

個人的な考えですが、スポーツサンダルって割と服装を選ぶものが多いんですよね。

  • ベルクロ(マジックテープ)が多い見た目
  • 比較的角ばった形

上記の特徴ゆえに、スポーツテイストが結構強い印象があります。

(例えばTevaが当てはまりますね)

テバのハリケーンXLT

Tevaの定番サンダル・ハリケーンXLT

この類のスポーツサンダルも、スラックス等のきれいなアイテムとはかなり合います。

ただ、デニム・チノ・カーゴ等のカジュアルなパンツとは相性が良くない印象です。

 

一方でチャコは、本当にボトムスを選びません。

特にデニムパンツとの相性がかなり良いなと。

  • マジックテープなし・バックルで留める形
    →スポーツ感が強くなく、汎用性が高い
  • やや丸みのあるシルエット
    →カジュアルなボトムスともよく合う

もちろん相応のスポーツ感はあるので、上品なパンツとも相性は良いです。

(うまい具合にハズせます)

つまり、カジュアル・きれいめ・アウトドア等、色々なアイテムと合わせやすいんです。

Hiroshi
Hiroshi
特に僕は太めのデニムをよく履くので、デニムとの相性の良さは購入の決め手でした。
チノパンに合わせても良い感じです。

僕のようにデニムや軍パンをよく履く方には、チャコはマジでおすすめです。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

チャコのサンダル・Z1のデメリットと注意点

これまで書いた通り、チャコのZ1は非常に完成度の高いサンダルです。

ただ、履いてみて気になった点・デメリットもありました。

良い面だけでなく、悪い面や注意点も正直に書いていきます。

①:結構重い

よく言われますが、チャコのサンダルは割と重量があります。

サイズにもよりますが、片足400g強。
両足で900g近くの重さが出ます。

理由としては、ソールが丈夫で堅牢な作りだからです。

実際に店頭で手に持った時も、ズッシリとした重さを感じましたね…

 

ただ正直、履いてしまえば重さはほとんど気にならなかったです。

  • 足にしっかりフィットするため
    →足に「ついてくる」感覚です
  • 重さが振り子の役割を果たす
    →足を前に持っていくのが楽になる

理由は上記の2点です。

実際に長い距離を歩きましたが、歩きづらさや疲れは全然感じませんでしたね。

むしろしっかりホールドされる&重厚さがあるおかげで、安定した歩行ができる印象です。

(登山の際にも使えるサンダルなので、安定感・歩きやすさは間違いないです)

 

「チャコ=重くて履きづらいのでは」と不安な方も少なくないはず。

でも、ただ重いのではなく、重さが履きやすさ・丈夫さ等のメリットを生んでいます。

総じて、手で持ったときの重さ・数字の重量を気にする必要は全くありません。

②:最初はフットヘッドが固い

フットヘッドは、正直やや固いです。

特に履き始めのときは、足が地面についた時に固さを少し感じましたね。

フィット感自体はとても良いので、履き心地は基本的に良好です。
ただ、少しだけ「固いかな」と印象を持ちました。

総じて、ふかふかのクッション性は期待しない方が良いですね。

 

ただ、固いフットヘッドは高い耐久性・長く履けることの裏返しです。

逆にソールが柔らかい・クッション性があると、以下のようになります。

  • アウトドア等で磨耗し、ハードな使用に耐えられない
  • ソースが沈む→薄くなり、足に衝撃が伝わりやすくなる

つまり、使う用途が限られる上に寿命が短くなるんです。

 

また、フットヘッドの固さは割とすぐに慣れます。

僕も最初の数回は気になったのですが、それ以降は気にならなくなりましたね。

(履き心地・フィット感の良い作りなので)

総じて「履き始めはフットヘッドが固い」ことは一応知っておくべき。

ですが、さほど気にする必要はないかなと思います。

Hiroshi
Hiroshi
長く履ける耐久性の高さ・デザインの良さ等のメリットの方が大きいかなと感じますね。
Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

【大きい?】チャコのサンダル・Z1クラシックのサイズ感

近くに取扱店がない・自分のサイズがない場合は、ネット通販で買うことになります。

通販で買う際の最大のポイントが「サイズ感」です。

  • サイズ表の見方
  • チャコのサンダルのサイズ感・サイズ選びのコツ 

快適に履ける適したサイズを選ぶために、上記2点を詳しく解説します。

チャコのサンダルのサイズ表

US(メーカーサイズ) 日本(cm)
7 25cm
8 26cm
9 27cm
10 28cm

サイズ対応表は上記のとおり。

(アメリカのブランドなので、メーカー表記はUSサイズです)

なお「26.5cm」等のハーフサイズは用意がありません。

チャコのサイズ感・サイズ選びのコツ

チャコのサイズ感は大きいとよく言われます。

ただ、基本的には普段のジャストと同じサイズ」を選べば問題ありません。

 

ちなみに僕は、以下の足のサイズでUS9(27cm)をチョイス。

  • 実寸は26.5cmほど
  • 普段のスニーカー類は27cmがジャスト
  • スタンスミスやオールスターは少し大きめに27.5cmを履いている

全体的に程よいゆとりはありつつ、非常に良いフィット感に調整して履けました。

普段27cmでUS9(27cm)を着用

少し余裕はあるので、靴下を合わせることも可能。

といっても全然大きすぎないので、ストラップで調整して心地よく履けています。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに1つ下のUS8(26cm)も試しましたが、全長が少し小さい印象を受けましたね。

タテには少し余裕があった方が良いので、US9(27cm)を選んだ感じです。

総じて「普段履いているスニーカーと同じサイズを選べば良い」と思いますよ。

 

サイズに迷う方へ

そうは言ってもサイズ選びが不安だな
決して安い買い物じゃないから、失敗はしたくないし…

サイズに迷う方は、Amazonで気になるサイズを2つ買うのがおすすめです。

なぜなら、プライム対象品は無料で返品できるからです。

とりあえず2つ購入して自宅で試着→履かない方を返品すればOK。
サイズへの不安を完全に解消できます。

(プライム会員ではない方も、無料体験すればOKです)

返品も箱に詰めて送り返すだけなので、超簡単ですよ。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

チャコのサンダルに関してよくある質問・口コミ

チャコのサンダル・Z1クラシックに関して、よくある質問は以下の2点です。

  • 靴擦れ等で痛くなるのか
  • Z1クラシックとZクラウドの違い 

各質問への回答、および口コミの紹介をしていきます!

①:靴擦れ等で痛いって本当?

結論、僕は履き始めから靴擦れは起こりませんでした。

当然「痛い」と感じたことも全くありません。

 

その理由は、チャコのサンダルのストラップにあるのかなと思います。

ストラップに使われているのは、かなり柔らかい薄手のポリエステル。

足に直接触れても違和感・痛みがなく、かなり快適に履けます。

結果として、長い時間履いていても靴擦れは全然起こりませんでしたね。

 

もちろん、人によっては靴擦れが起こる可能性もゼロではないです。

でもあまり心配する必要はないのかなと。

  • 一度靴擦れすれば、足が慣れるので割と大丈夫
  • 擦れる場所も、ストラップでフィット感を調整すれば防げる
  • 靴下を履いても合う 

つまり、そもそも靴擦れしにくい上に簡単に対応できるんです。

 

靴擦れのリスクが全くないサンダルは絶対ありません。

その点チャコのサンダルは、靴擦れリスクを回避しやすい、非常に快適なサンダルですよ。

②:Z1クラシックとZクラウドの違い

出典:https://www.doo-bop.com/

(↑Chaco・Zクラウド)

Z1クラシックとよく似たモデルが「Zクラウド」です。

見ての通りデザインは同じで、違いは「ソールや履き心地」にあります。

  • 2層のフットヘッドで柔らかい履き心地
    →Z1クラシックは頑丈ゆえに少し固さのある履き心地
  • Z1クラシックに比べて軽く仕上がっている

Zクラウドは「クッション性と軽さを重視したモデル」と言えますね。

 

Z1クラシックとZクラウドはどっちがおすすめ?

どちらが良いかは、完全に好み・用途次第ですね。

  • Z1クラシックがおすすめな人
    →アウトドア含めてガンガン履きたい・長く愛用したい
  • Zクラウドがおすすめな人
    →街履きメイン・クッション性や軽さ重視

Zクラウドはクッション性が良い分、長く履くとソールがへたってくるとのこと。

耐久性や安定感を重視するのか、街履きとしての実用性優先かで決めるのがおすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
僕は安定した履き心地が好み&長く履きたいと思ったので、Z1クラシックにしました。

チャコのサンダルの口コミ

Twitterからチャコの口コミを探してきました。

全体として、履き心地を絶賛する声が多かったです。

(悪い口コミも頑張って探しましたが、マジでなかったですね)

チャコは自分好みのフィット感に調整できるので、かなり快適に履けますよ。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

【レビューまとめ】チャコ・Z1クラシックは最強のサンダル

チャコのZ1クラシックをレビューしました。

トータルで考えて、最強とも言える完成度だなと感じますね。

  • フィット感が抜群に良い
  • 着脱が本当に楽でストレスゼロ
  • 街履きからアウトドアまで対応可能
  • 合わせる服を選ばない
  • 5〜10年スパンで長く履ける耐久性

価格は約1万円ほどと、決して安くはないサンダルだと思います。

しかし、あらゆるシーンで履ける上にデザイン性・耐久性も素晴らしい名作です。

間違いなく価格以上の価値があると思いますよ。

 

正直僕は「なんでもっと早く買わなかったんだろう…」と後悔しました。

在庫切れになる前に、ぜひチェックすることをおすすめします。

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/25 14:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Chaco(チャコ)
¥10,450
(2021/10/24 22:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ記事

【2021年版】20代一人暮らし男子が買ってよかったもの【メンズにおすすめ】本記事では、20代一人暮らし男子の僕が、2020年に買ってよかったものを厳選して紹介しています。ファッション・生活雑貨・ガジェットの3つに分けており、日常生活やビジネスが捗るアイテムばかり。ちなみに男性・女性問わずおすすめのものなので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品