One Style depot.

ミニマルライフを目指す24歳社会人2年目のヒロシが、ファッション・ライフスタイル・考え等の様々な"style"を綴る雑記ブログ。

【喉で味わう】苦くてまずいビールをおいしく飲む方法と、苦手な人におすすめのビール

こんにちは。ヒロシです。

ビールって人気の飲み物ですが、「苦くてまずい」と感じている人も一定数いますよね。

それでも、「乾杯はビール」という暗黙のルールのようなものを感じ、飲み会の時には1杯は我慢してビールを飲まないといけなかったり。

社会人2年目の今でこそビールが大好きな僕ですが、大学生の頃はビールが苦手で、我慢して飲んでいました。

ビールが飲めないことについて、子ども=かっこ悪いと思っていたんですよね。

ビールが苦手だった僕がビールを飲むために実践していたことを踏まえ、ビールが苦くて飲めない方が、少しでもビールをおいしく飲む方法について書いていきます。

苦いビールをおいしく飲む方法

舌ではなく「喉」で味わう

舌で味わうことで、ビールの苦みがダイレクトに伝わってしまいます。

そうなると、ビールが苦手な方にとってはなかなかきついですよね。

だからもう「舌」で味わうのではなく、「喉」で味わいましょう!

具体的に言うと、勢いよくビールを喉にぶつけ、ゴクゴク飲んでビールを身体に流し込んでいくイメージです。

泡を最後まで残す(配分を考える)

ビールの泡は苦み成分を取り込む性質があります。つまり、泡がないと苦みをより強く感じてしまうということです。

飲むときのイメージで言うと、上唇で泡をとらえつつも、口の下半分でビールを飲んでいき、泡自体はあまり口には入れないイメージですね。

こうすることで泡を残すことができるので、最後までさほど苦みを感じずにビールを楽しむことができます。

キンキンに冷やす

ぬるいビールほどまずいものはありません。

ビールをおいしく味わうためには、キンキンに冷えたものであることがマスト。

特に暑い夏のこの時期に、キンキンに冷やして飲むビールは格別。

 

苦くて飲めない人におすすめのビール

ビールって色々種類があります。苦みが控えめのものや、コクの強いものなどなど。

そんな色々な種類のあるビールの中でも、苦手な人でも飲めるものを1つ紹介します。

なお、日本全国のコンビニやスーパーなどでいつでもどこでも買えるビールです。

SUNTORY THE PREMIUM MALT’S〈香る〉エール

f:id:footmuji:20180810231629j:plain

僕のおすすめは、サントリーのプレミアムモルツ 香るエールです。

苦みはさほど強くなく、やや飲み口は軽くてフルーティーさのあるビールなのですごく飲みやすいです。

ビールが苦手だった僕が初めておいしいと思えたビールです。

ビールが苦手な方には上に書いた方法を実践の上、香るエールを飲んでみてはいかがでしょうか。