ガジェット

【2020最新】EarFun Airのレビュー。高い機能性とデザイン性が魅力のハイコスパイヤホン!

こんにちは。ヒロシです。

コードによる煩わしさを排除したワイヤレスイヤホンは、もはや生活の必需品。

一度でもワイヤレスイヤホンを使ってしまうと、もう有線イヤホンには戻れません…

 

ただ、ワイヤレスイヤホンといっても数が多くて選びきれないのが正直なところ。

  • 見た目がカッコいいイヤホンがいい
  • 音質にもこだわりたい
  • 充電性能や防水性も妥協したくない
  • できれば値段が安いと嬉しい

いろいろ欲張ってしまった結果、なかなか良いものが見つからないなんてことも。

 

ただ、上記すべてを満たしたワイヤレスイヤホンが実はあります。

それが、EarFun Airです。

5,999円という低価格ながら、文句なしのスペック・高いデザイン性を兼ね備えています!

 

この度メーカー様より商品を提供いただきましたので、EarFun Airについて詳しくレビューしていきます。

EarFun
¥5,499
(2020/09/29 18:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Airの本体と付属品の紹介

EarFun Airの本体と付属品の紹介

EarFunは中国・深センに拠点を置くガジェットメーカー。

Hiroshi
Hiroshi
アメリカのCES(世界最大の電子機器の見本市)等の国際コンテストにおいて、多数の賞を受賞している注目のメーカーです!

公式HPや説明書もしっかり日本語に対応しており、安心して使うことができますよ。

外観・大きさ・重さのレビュー

EarFun Airの外観

こちらがケース兼充電器・イヤホン本体になります。

全体的に統一感のあるブラックで、非常にクールな印象です。

 

イヤホン本体は、AppleのAirPods Pro等に似た「カナル型」と言われるもの。

メタル調の質感で、かなりカッコいいですよ。

また、重量は片耳で5.3gと、長時間使っても疲れにくくなっています。

 

イヤホンはケースに内蔵するタイプです。

このケースもマットなブラックなので、高級感がありますね。

 

サイズ感も「5cm × 5cm × 3cm」程度とコンパクト。

指で難なくつまめるので、持ち運びやすさも抜群です。

EarFun Airの付属品

EarFun Airの付属品

付属品は、本体に加えてUSB-Cケーブルとイヤーピースです。

(ACアダブターは付いていないので、スマホの充電用のもの等をご用意ください)

 

イヤーピースは、S/M/L/XLの4サイズ(本体に装着しているものを含む)。

EarFun Airのイヤーピース

ご自分の耳の形や大きさに合わせて、調整することができますよ。

EarFun
¥5,499
(2020/09/29 18:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Airのペアリング・接続方法

EarFun Airをスマホ等に接続する方法を紹介します。

と言っても、超簡単で2秒で終わります

 

①:イヤホンをケースから取り出す

イヤホンをケースから取り出すと、自動的にペアリングモードになって左右が接続されます。

 

②:スマホ側の操作

スマホ等の機器側のBluetoothをONにすると、「EarFun Air」が表示されます。

そして「EarFun Air」をタップ。

すると、すぐに「接続済み」になります。

これでペアリング完了です。

Hiroshi
Hiroshi
2回目以降は、BluetoothがONの状態でイヤホンを取り出すと、その瞬間に接続されます。

なお、EarFun Airは片耳モードも備えているので、左右のいずれかを取り出したときも同様に接続可能です。

接続解除方法

接続解除は、イヤホンをケースに戻すだけでOKです。

スマホ等のBluetooth側との接続が解除され、自動的に充電がスタートします。

EarFun
¥5,499
(2020/09/29 18:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

【高スペックで低価格】EarFun Airのレビュー。メリット・デメリットを語る

【高スペックで低価格】EarFun Airのレビュー。メリット・デメリットを語る

実際にEarFun Airをしばらく使ってみたので、感想を正直に語っていきます。

総じて、低価格にもかかわらず非常に完成度が高い印象でした。

①:装着感

装着感としては、軽くてフィット感も良い感じ。

イヤホンのサイズ感自体もコンパクトなので、かなりスタイリッシュに見えますね。

Hiroshi
Hiroshi
スッキリ見えるので、女性の方でも違和感がないと思います!

 

ただ、密閉性はそれほどでもないので、周囲の音が多少聞こえてしまうことはあります。

とはいえ、周囲の音を完全にシャットアウトするのは危険です(特に外で使う時)。

個人的には完全密閉の方が怖いので、ちょうど良いかなと思いますね。

②:音質と接続【遅延や音飛びはある?】

音質に関しては、かなり良好な印象。

高感度複合ダイナミックドライバーを採用し、歪みの少ないクリアな音質を実現しています

実際に使っていますが、低音から高音までバランス良く響いてくれますね。

Hiroshi
Hiroshi
全く文句のないレベルで、音楽をしっかり楽しめます!

 

接続も非常に良好で、遅延や音飛びなどは全くと言っていいほどありません

  • 最新のBluetooth5.0を採用
  • AACコーデック対応:iOSで使うと、より高音質&低遅延

上記のようにスペックがあり、YouTube等を見ても遅延は特に気になりませんでしたね。

音質・接続ともに、日常的に使う分には文句なしの高品質だと思います。

③:操作性

EarFun Airで秀逸なのが、タッチセンサー式のボタン。

イヤホン側で大半のことができて、かつセンサーの反応も良好です。

 

イヤホン側でできること

再生・停止/受話・終話 右or左を2回押し
曲送り 右を3回押し
音量アップ 右を長押し
音量ダウン 左を長押し
着信拒否 右or左を2秒長押し
音声アシスト起動/解除 左を3回押し

 

また、タッチ式=ボタンを押し込む必要がないので、耳が圧迫されません。

また1回押し」の項目がなく、誤操作を防ぐことができるのも嬉しいです。

Hiroshi
Hiroshi
さらに自動装着検知機能がついているので、イヤホンを耳から外すと音楽が自動停止します。
また、再びイヤホンをつけると音楽が再開されるので、かなり使いやすいです。

 

強いて残念な点を挙げるなら、曲戻しをイヤホン側で操作できないことですかね。

ただ、それを差し引いても、操作性に関しては素晴らしいと思います。

④:充電性能

イヤホン本体の使用可能時間 7時間
ケースを含めた使用可能時間 35時間

1回のフル充電で7時間も連続で使えるので、性能はかなり優秀です。

また、イヤホン本体は1.5時間でフル充電・ケースも2時間でフル充電でき、ヘビーに使う方でも全く問題なし。

 

ちなみに、ケースはUSB-Cポートに対応しています。


USB-CはApple製品との親和性も高く、今後主流になっていくタイプです。

さらに、この値段にもかかわらずワイヤレス充電にも対応していますよ。

Anker
¥2,000
(2020/09/30 01:07:52時点 Amazon調べ-詳細)

↑のようなQi対応のワイヤレス充電器があれば、「置くだけ充電」できます。

 

また、ケース充電の残量はLEDライトの色で確認できます。

  • 緑:電池残量30%以上
  • オレンジ:10%〜30%
  • 赤:10%以下
  • 赤の点滅:1%

ケースのフタの開閉でライトがつくので、確認もしやすいです。

⑤:その他…防水性能・電話の際のマイク性能

防水性能は「IPX7等級」の完全防水仕様。

IPX7等級とは

「一時的に(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というレベルの防水規格

さらに、独自の「SweatShieldテクノロジー」によって、汗や水による劣化を防ぐことができます。

Hiroshi
Hiroshi
急な雨や運動の際にも安心して使えますね。

 

また、1つのイヤホンに2つのノイズキャンセル付きマイクが搭載されており、快適な通話が可能です。

実際に僕もこのイヤホンで電話をしましたが、全く問題なく会話ができましたよ。

ハンズフリーで通話がしたい方にとっても、非常に使えると思います。

EarFun
¥5,499
(2020/09/29 18:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Airレビュー まとめ

EarFun Airレビュー まとめ

ワイヤレスイヤホン「EarFun Air」についてレビューしました。

デザイン性・機能性・価格などを総合的に見て、かなり完成度が高い印象です。

  • スタイリッシュなカナル型のデザイン。フィット感も良好
  • 音質・接続ともに問題ないレベル
  • イヤホン単体で7時間、ケース含めると35時間使用可能
  • タッチセンサーで直感的に操作できる&誤動作を防ぐ工夫あり
  • 防水性・通話のマイク性能なども高水準

これだけ揃って5,999円ですからね。

 

「品質に対する価格」という意味では、間違いなくコスパはかなり高いです。

Hiroshi
Hiroshi
Amazonでも軒並み高評価で、「1万円超でもおかしくない」との声もありました。

やはり国際的な賞を獲得した実力は伊達じゃないなと感じますね。

 

コスパの高いイヤホンを探している方・初めてのワイヤレスイヤホンを検討している方にはとてもおすすめです!

EarFun
¥5,499
(2020/09/29 18:05:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

【2020最新版】Earfun Freeのレビュー。低価格&高機能のワイヤレスイヤホン!コストパフォーマンスの高いワイヤレスイヤホンを探している方におすすめなのが、EarFun Freeというイヤホン。本記事では、2020年最新版のEarFun Freeについて徹底レビューしています。メリットのみならずデメリットも正直に書いているので、評判・評価が気になる方は必見です。...
ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です