おすすめアイテム

【サーモス・真空断熱マグカップ350ml レビュー】保温も保冷もできる、ミニマルなマグ

こんにちは。ヒロシです。

  • 温かい飲み物をあたたかく、冷たい飲み物をつめたくキープできるマグカップが欲しい
  • 日常でも使いやすいデザインのマグカップが良い
  • なるべく値段も手頃だと嬉しい

こんなマグカップを探している方向け。

Hiroshi
Hiroshi
なにを隠そう、少し前の僕です。笑

 

コーヒーやお茶をご自宅で飲む際には、マグカップを使う方が多いですよね。

ただ普通のカップだと、熱いコーヒーが冷めたり、冷たいお茶がぬるくなったりします。

となると、おいしさが失われますが、その度に淹れ直したりするのもめんどくさい…

Hiroshi
Hiroshi
また、熱い飲み物だとカップまで熱くなって持てなかったり、冷たい飲み物だと結露してテーブルがびしょびしょになることもありますよね。

 

そこで僕が購入したのが、サーモスの真空断熱マグカップ

実際にしばらく使ってみたので、今回はメリット・デメリットを正直にレビューしていきます。

ただ最初に言っておくと、本当に素晴らしい商品で、文句なしにおすすめできます!

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

サーモス・真空断熱マグカップ/350ml(JDG-350C)の概要

サーモス・真空断熱マグカップ/350mlの概要

こちらが真空断熱マグカップです。

基本情報・スペック等の概要は以下になります。

容量 350ml
重さ 200g
カラー展開 ホワイト・ブラック・シルバー
効果 保温:1時間(67℃以上)
保冷:1時間(8℃以下)

 

一見すると普通のマグカップに見えます。

サーモスの真空断熱マグカップ350ml

 

しかし、「真空断熱」の名の通り、内側はステンレスの構造。

保温性・保冷性を兼ね備えるなど、高い機能性を持っています。

 

また、フタ付きなのも他とは違う特徴ですね。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlとフタ

ちなみに価格は、定価だと2,000円ほどですが、Amazonなら1,500円くらい。

価格的にも手頃で、かなり手に取りやすいです。

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

サーモス・真空断熱マグカップ350mlのメリット・魅力

サーモス・真空断熱マグカップ350mlのメリット・魅力

サーモスの真空断熱マグカップを購入後、実際にしばらく使ってみました。

その中で感じた、メリット・魅力は以下の5つ。

  • ミニマルで美しいデザイン
  • 文句なしの使いやすさ・飲みやすさ
  • 保温性・保温性も十分。結露もしない
  • フタ付きが地味に嬉しい&使える
  • 高いコストパフォーマンス

総じて、非常に満足度が高いです。

①:ミニマルで美しいデザイン

まず目を引くのが、デザイン性の高さ。

サーモスの真空断熱マグカップ350ml

僕が選んだホワイトは、非常にミニマルで美しく、清潔感のあるデザインです。

高い機能性を持ちつつも、見た目的には「上品なマグカップ」というギャップが素敵。

Hiroshi
Hiroshi
機能的なカップは、見た目もアウトドア感の強いものが多いので、普段使いには敬遠しがち。

 

質感としては、程よくマットな感じ。

安っぽさは皆無ですし、ややサラサラしていて触り心地もGOOD。

 

デザインがシンプルなので、デスクにも非常になじみます。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlとMacBook

(Mac等のApple製品との相性も抜群です)

ノイズを感じずに作業ができるので、とても気に入っていますね。

②:文句なしの使いやすさ・飲みやすさ

サイズ的にも重さ的にも、使いやすさは抜群。

350mlとちょうど良い容量ですし、持っても重量はほぼ気になりません。

Hiroshi
Hiroshi
僕はずっと陶器製のマグカップを使っていましたが、それに比べると明らかに軽いです。

 

持ちやすさも特徴的。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlを持っている画像

ハンドルもちょうど良い大きさですし、あたたかい飲み物を入れてもカップ本体は熱くなりません。

 

飲み口はやや薄め。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlの飲み口

口当たりがかなり良く、飲みやすさも兼ね備えていますよ。

また内側はステンレスですが、特に金属のにおいも気になりませんでした。

Hiroshi
Hiroshi
陶器や磁器のマグカップを使っている方も、違和感なく使えるはず!

③:保温性・保冷性も十分。結露しないから快適。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlとコーヒー

多くの方が気になるであろう、保温性・保冷性。

こちらに関しても十分な印象で、日常的に使う分には文句なしのレベルです。

 

上述もしましたが、サーモス側が出しているスペックは以下の通り。

  • 保温:67℃以上が1時間持続
  • 保冷:8℃以下が1時間持続

ただ、「これではよく分からない」方もいると思います。

 

僕の使った感じでは…

  • コーヒーを淹れて1時間ちょっとは、十分あたたかい状態で飲める
  • 1時間半〜2時間くらい経つと、徐々にぬるくなる(でもそれなりにはあたたかい)

という感じ。

総じて、日常的に使う分には全く問題ないレベルの保温性はある印象です。

Hiroshi
Hiroshi
300ml程度のコーヒーであれば1時間半以内には飲み切る方が多いと思うので、最後まであたたかい状態で楽しめるかと。

普通のマグカップを使っていた時には、30分もしないうちにぬるくなっていたので、個人的には満足。

 

また、保冷効果はより長く続きます。

サーモスの真空断熱マグカップ350ml

氷が溶けにくい上に結露もしない(=水滴で濡れない)ので、かなり快適。

熱いものも冷たいものも楽しめるので、非常にオールラウンドな存在です。

④:フタ付きが地味に嬉しい&使える

他と違っていて、かつ地味に嬉しいのが「フタ」。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlとそのフタ

フタがあることで保温性がより高められる上、ホコリが入るのを防いでくれます。

 

また、飲み物を淹れてカップを運ぶとき、横揺れする場合もありますよね。

その際にもフタをしておけば、こぼれるのを少なからず防いでくれます。

Hiroshi
Hiroshi
地味ではありますが、気が利いていて嬉しいです。

⑤:高いコストパフォーマンス

こちらの真空断熱マグカップは、Amazonだと1,500円ほど。

スペックも高い上、1年中使えると考えると、コストパフォーマンス的はかなり優れている印象です。

Hiroshi
Hiroshi
通常のマグカップと同じくらいの価格で、機能性もデザインも良いカップが手に入るのは嬉しい。

 

しかも怪しいメーカーではなく、安心のサーモス製。

僕も実際に使っていますが、買って損はないと思いますよ。

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

サーモス・真空断熱マグカップのデメリット・注意点

サーモス・真空断熱マグカップのデメリット・注意点

サーモスの真空断熱マグカップは、総じてかなり満足度の高い商品でした。

ただ、購入前に知っておくべき注意点などがあるので、正直に書いていきます。

Hiroshi
Hiroshi
デメリットが全くない商品はないですからね。

①:水筒やタンブラーほどの保温性能はない

水筒・タンブラーほど保温性は高くないです。

前述のように、あたたかい状態でおいしく飲めるのは1時間半、長くて2時間くらいかと。

 

これも当たり前といえば当たり前で、タンブラーなので上部は覆われていませんからね。

例えば、僕が持っているKINTOのトラベルタンブラーのように、1日中温かさが持続するものではないです。

(持ち歩き用にはすごくおすすめ。以下がレビュー記事です)

KINTO トラベルタンブラーをレビュー。ミニマル&機能的でおすすめ【2年使用】

 

ただ、普通のマグカップと比べると明らかに保温性は高く、日常で使う分には全く問題ないレベル。

ご自宅用として考えるなら、あまり心配する必要はないと思いますよ。

Hiroshi
Hiroshi
「水筒レベルの保温性を期待すべきではない」という意味で、一応書きました。

②:フタは単なる「フタ」

ホコリ防止や保温性の点で地味に嬉しい「フタ」。

ただ、このフタは本当に単なるプラスチックの「フタ」です。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlのフタ

パッキンがついている訳ではないので、誤ってカップを倒すと中身がこぼれます。

 

また、フタは真空断熱式ではないため、普通に水滴もつきますね。

飲み物を飲む際、雑にフタを外すと水滴が垂れるので、慣れるまでは注意が必要です。

Hiroshi
Hiroshi
特にPCを使う方は、キーボードの上ではフタを開けないようにしてください!

 

正直なところ、フタの性能がもう少し高ければより嬉しかったですね。

(価格を考えると、致し方ないとは思いますが)

③:食洗機は使えない

洗う際には食洗機はNGなので注意が必要です。

(僕は食洗機を持っていないので、特に問題なかったですが)

 

ただ、そこまで底が深いわけではないですし、内側はくぼんでいます。

スポンジでも洗いやすいので、ケアは特に難しくないですよ。

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

サーモス・真空断熱マグカップに関する口コミ

サーモスの真空断熱マグカップの口コミをTwitterから集めてみました。

「フタ」についての悪い口コミもありましたが、総じて、保温性・保冷性を絶賛する口コミが大半でした。

フタの扱いは注意が必要ですが、総じて機能性・デザイン性ともに素晴らしい商品ですよ。

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】サーモス・真空断熱マグカップは、間違いなく重宝する逸品

【まとめ】サーモス・真空断熱マグカップは、間違いなく重宝する逸品

サーモスの真空断熱マグカップについてレビューしました。

高い保温・保冷性とミニマルなデザイン性を両立しており、QOLを確実に上げてくれる逸品だと思います。

 

コストパフォーマンスもかなり魅力的。

1,500円で買えると考えると、持っておいて損はないと思いますよ。

Hiroshi
Hiroshi
普通のマグカップとさほど変わらない値段で、年中使える機能的なマグカップが手に入るのは嬉しいかぎり。

 

真空断熱マグカップがあれば、日々の生活が少し快適になるはず。

  • コーヒーがすぐ冷める。最後まであたたかいコーヒーを楽しみたい…
  • 冷たい飲み物を入れると、結露でテーブルがびちょびちょになる…

こんな悩みがある方には本当におすすめなので、ぜひお試しください。

サーモス(THERMOS)
¥1,224
(2020/09/29 20:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

※追伸

YouTubeでマコなり社長(登録者70万人超)が紹介したので、人気が高まっています。

気になっている方はぜひお早めに。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です