古着・ミリタリー

【M47のおすすめレプリカ7選】ヴィンテージ好きも満足できる、至極のパンツたち

こんにちは。ヒロシです。

数の枯渇と人気ゆえに価格が高騰している、M47カーゴパンツ。

そもそも見つからない上、見つけても高すぎて買えませんよね…

Hiroshi
Hiroshi
大きめの35サイズでさえ、今では4万円ほど。
良いサイズだと10万円近くすることもあります。

(35サイズは数年前なら1万円くらいでした…)

 

そこで候補になるのが「M47のレプリカ」を購入すること。

しかし、レプリカを選ぶのもかなり迷いませんか?

  • 色々なブランドから出ているけど、違いがよく分からない
  • ブランドによって価格が違うけど、具体的に何が違うの?
  • おすすめのレプリカM47を知りたい

上記の悩みを抱える方も多いはず。

せっかく買う以上、絶対に失敗したくないと思うのは至って普通です。

そこで今回は、おすすめのM47のレプリカを7つ紹介します。

 

ちなみに僕は、先日M47のレプリカを購入。

購入に至るまで半年以上、様々なブランドのM47を探しまくりました。

Hiroshi
Hiroshi
たくさんのM47を見比べた経験からこの記事も書いていきます。

 

本記事を読むことで、後悔せずにM47を選べます。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

¥25,300
(2022/10/03 00:26:58時点 楽天市場調べ-詳細)

F.O.BFACTORY
¥27,500
(2022/10/02 13:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

レプリカのM47カーゴパンツを買うメリット

服好きの方は「軍物なら断然オリジナル」と考える人が多いはず。

その気持ちは本当に分かります(僕も基本はオリジナル派です)。

しかし、レプリカを選ぶことには現実的にかなりメリットがあります。

メリット①:裾上げ不要。良いサイズのものを選べる

M47のデッドストックは、もはや買えても特大サイズのみ。

大半の人にとっては、当然めちゃくちゃ大きいです…

(ウエストを絞る&裾上げは必須でしょう)

 

でも一方、レプリカならマイサイズを選べます。

当然「裾上げが不要」です。

M47は裾のストラップが特徴の1つ。

しかし裾上げすると、このストラップが消失します…

裾上げ不要=ストラップを残せるので、見た目の点でもカッコいいですよ。

Hiroshi
Hiroshi
M47はマイサイズで穿くのが良い類のパンツです。
シルエットの綺麗さの観点でも、サイズを選べるのは大きなメリットです。

メリット②:価格が手頃

前述のとおり、M47のデッドストックは4〜10万円ほど。

しかし一方、レプリカなら断然安く購入できます。

  • ミリタリーショップなど:1万円以下
  • 国内ブランド(ドメブラ):3万円前後

レプリカの相場としては上記の通り。

ブランドのM47でも、デッドストックの特大サイズよりお得です。

 

ドメブラだとレプリカなのに3万円もするのか
確かにデッドストックよりは安いけど、結構高いな…

このように感じた方もいるはず。

ただ、M47は作りが複雑すぎるために、どうしてもコストが上がるとのこと。

  • 従来はデッドストックが1万円台で買えた
    →国内ブランドで再現する方が価格が高くなる
  • 今はデッドストックの値段が高騰。相場が4万円〜
    →再現して作った価格<デッドストックになった

上記の背景から、M47のレプリカ・リプロダクト品を作るブランドが増えたみたいです。

(デッドストックが安かったら、みんなそっちを買いますよね)

 

国内ブランドでも、デッドストックより安く、良いサイズのM47を選べます。

ファッション性とコスパの観点で、非常に嬉しいですよね。

メリット③:個体差がないので買いやすい

出典:https://spares.jp/journal/7993/

M47のデッドストックの難しい点は「個体差」です。

製造時期や工場によって、色味・生地感・サイズ感などがかなり違います。

これも良さではありますが、通販などで買う際には超難しいですよね

Hiroshi
Hiroshi
「写真と全然違うものが届いた」なんてこともあるあるです

 

でも当然ですが、レプリカ品なら個体差は基本的にありません。

必然的に、イメージ違いのリスクを極端に減らせますよ。

¥25,300
(2022/10/03 00:26:58時点 楽天市場調べ-詳細)

【M47のレプリカ】おすすめの選び方・見分け方

一言で「M47のレプリカ」といっても、ブランドによって特徴が異なります。

簡単に言えば「前期と後期のどちらをベースにしているか」です。

Hiroshi
Hiroshi
M47は、主に50年代モデルの前期・60年代モデルの後期では見た目が結構違います。

 

前期or後期は、人によって好みが違うはず。

レプリカを見分ける際にも、どちらがベースかを念頭に考えるのがおすすめ。

以下にて、主な違いの色味・生地感・シルエットを解説します。

①:色味

出典:https://slow-and-steady.com/

色味はどちらもカーキですが、色の印象はだいぶ違います。

前期はブラウンや黄色みが強く、後期は濃いオリーブに近いです。

(写真の左が前期・右が後期です)

②:生地感

生地はどちらもコットンですが、織り方が前期・後期では違います。

前期は「コットンツイル」です。

出典:http://militaria-tokyo.blogspot.com/

ツイルとは、斜めに線が入る織り方(綾織り)。

チノパンによく見られますね。

 

一方、後期は「ヘリンボーン」を採用しています。

ご覧のように、魚の骨のような模様が出る織り方ですね。

非常に奥行き感のある表情をしています。

 

レプリカ品の場合、ブランドによってツイルだったりヘリンボーンだったり様々です。

レプリカを選ぶ際に、まず着目すべきポイントだと思います。

③:シルエット

前期or後期では、シルエットも大きな違いの1つ。

前期は「極太のストレート」です。

出典:https://shop.pheb.jp/

ズドンと迫力があるのは前期型の特徴ですね。

 

一方で後期は「太めのテーパード」です。

出典:https://shop.pheb.jp/

前期に比べると、かなりスッキリしたシルエット。

より着こなしやすいのは後期型でしょう。

製造国・生産地

レプリカの選び方として、製造国も1つポイント。

(前期or後期の違いとは関係ないですが)

  • 日本製
  • フランス製
  • その他(東南アジアや中国) 

レプリカ・リプロダクト品は大きく3つに分かれます。

価格も結構異なってくるので、予算に合わせて選ぶのがおすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
日本製は高額ですが、その分本当にクオリティが高いです…
M47の複雑な作りを見事なまでに再現しています。

M47カーゴパンツのおすすめレプリカ7選

M47カーゴパンツのおすすめレプリカは以下の7ブランド。

金額も7,000円〜3万円まで幅広いです。

前期と後期のどちらがベースかを踏まえて、それぞれ紹介します。

①:シービーズ/WAIPER

出典:https://www.waiper.co.jp/

価格 7,480円
色展開 オリーブ・ブラウン・ブラック
生地感 後期型
(ヘリンボーン)
シルエット 後期型
(ワイドテーパード)
備考 M47レプリカの代表格

シービーズとWAIPERは、どちらもミリタリーショップ。

違うお店ですが、おそらくサプライヤーが同じなので1つにまとめました。

Hiroshi
Hiroshi
価格・サイズ表記・スタンプ(ステンシル)等が同じだったので、物として差はないと考えられます。
どちらを買っても良いと思いますよ。

 

このレプリカの魅力は「コストパフォーマンス」ですね。

M47は作りが煩雑ゆえに、再現すると値段が高くなります。
でもこちらは後期型を忠実に再現しながら、価格は7,000円台です。

そしてカラーも、前期に近いブラウン・後期に近いオリーブがあります。

オリジナルにないブラックがあるのも面白いポイントです。

M47の雰囲気を手頃に楽しみたい方には、本当におすすめですね。

②:ライトオン

出典:https://baycrews.jp/blog/detail/3113461

価格 6,600円
色展開 ブラウン・キナリ
生地感 後期型
(ヘリンボーン)
シルエット 後期型
(ワイドテーパード)
備考 最も手頃な価格帯

ライトオンで展開されているM47カーゴパンツ。

魅力は価格と現代的なカラー展開ですね。

Hiroshi
Hiroshi
特にキナリ色は、オリジナルにはもちろん、他のブランドのM47にもなかなかありません。

白系のボトムスはトレンドですし、これが6,000円台は非常に嬉しいです。

 

注意点としては、ディテールを簡素化・省略していることです。

  • ボタンフライ→ジップフライ
  • カーゴポケットのマチがない
  • カーゴポケットがスナップボタン 

具体的には上記のとおり(価格を考えると妥当ですが)。

再現度では低くなるので、本格的な作りを求める方には向きません。

 

でも逆に言えば、ファッション要素でM47を楽しみたい方にはぴったり。

価格も手頃なので、本当に手が出しやすいですよ。

③:ベルジャック

出典:http://secours-store.com/?pid=159312078

価格 14,960円
色展開 カーキ・オリーブ・ブラック
生地感 前期型
(コットンツイル)
シルエット 後期に近い
(ゆるめのテーパード)
備考 フランス製

ベルジャックは、フランスのワークウェアブランド。

そして「本家のフランス製でM47を楽しめる」ストーリーが本当に魅力ですね。

Hiroshi
Hiroshi
特にM47を作っていた実績がある訳ではありませんが、それでも「フランス製」にそそられる人も多いはず。

(そもそも創業が1974年なので、M47の製造時期と被っていません)

 

そしてフランス製ながら、価格は15,000円以下とお手頃。

「M47と言えばフランス製」と感じる方には、すごくおすすめです。

(他にフランス製のレプリカは見たことないです)

¥14,960
(2022/10/02 18:46:50時点 楽天市場調べ-詳細)

④:Ordinary fits(オーディナリーフィッツ)

価格 25,300円
色展開 カーキ
生地感 後期型
(ヘリンボーン)
シルエット 後期型
(ワイドテーパード)
備考 日本製で後期型を完全再現

Ordinary fitsは、岡山県・児島のファクトリーブランド。

日本の職人の技術で、M47の後期型を忠実に再現しています。

Hiroshi
Hiroshi
僕が選んだのはオーディナリーフィッツです。
デッドストックと言われても疑わないレベルの完成度ですよ。

 

本当に素晴らしいのが「生地の質感」です。

濃いめのカーキ色は、程よく綺麗な雰囲気があって使いやすい。

生地のネップ感なども忠実に再現しているので、かなり味があります…

関連:Ordinary fits・M47カーゴパンツのレビュー。忠実に再現した至極の1本

 

日本製である分値段も上がりますが、その分クオリティは折り紙付き。

特に後期型が好きな人には、心からおすすめしたい1本です。

¥25,300
(2022/10/03 00:26:58時点 楽天市場調べ-詳細)

⑤:FOB FACTORY

出典:https://www.naroclothing.net/

価格 27,500円
色展開 カーキ・カモ
生地感 前期型
(コットンツイル)
シルエット 後期型
(ワイドテーパード)
備考 日本製で丁寧に作られたM47

FOB FACTORYは、岡山・児島に拠点があるブランド。

FOBのM47は、生地は前期型・シルエットやディテールは後期型です。

Hiroshi
Hiroshi
オーディナリーフィッツ同様に後期を忠実に再現したモデルですが、生地が最大の違いですね。

 

また、FOBのM47にはカモ柄が用意されています。

出典:https://www.naroclothing.net/

M47のカモ柄は、ごく限られた数しかない希少モデル。

それがFOBなら超高品質の日本製で手に入るので、刺さる方には刺さるはず。

F.O.BFACTORY
¥27,500
(2022/10/02 13:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

⑥:orSlow(オアスロウ)

出典:https://reggieshop.com/?pid=163735060

価格 28,600円
色展開 アーミーグリーン
生地感 後期型
(ヘリンボーン)
シルエット 前期型
(ワイドストレート)
備考 前期をベースに日本製で再現

オアスロウは、ワーク・ミリタリーを元にした服を展開するブランド。

オアスロウのM47は、前期型をもとに作っているのが特徴的です。

Hiroshi
Hiroshi
迫力のあるシルエットややや薄めのグリーンの色味は、まさに前期型ですね…

 

前期型は後期以上に良いサイズが見つかりません。

そして多くのレプリカ・リプロダクト品は後期をベースにしています。

「M47の前期をマイサイズで穿きたい」方には、本当におすすめ。

orSlow(オアスロウ)
¥29,700
(2022/10/02 13:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

⑦:WORKERS(ワーカーズ)

出典:https://mamechico.jp/

価格 30,800円
色展開 カーキ・オリーブ・ブラック
生地感 カーキ:後期型ヘリンボーン
オリーブ・ブラック:前期型のツイル
シルエット 後期に近い
(ワイドテーパード)
備考 後期をベースに日本製で再構築

WORKERSは岡山を拠点に、ヴィンテージを元に服を作っているブランド。

とにかくこだわり・完成度が高いイメージですね。

 

ワーカーズのM47は、まさに前期と後期の良いところをとった一本です。

  • シルエットは後期を解体してそのまま採用
  • ボタンはメタルボタン(前期)
  • 生地は前期のツイル・後期のヘリンボーンの両方を用意 

もちろんポケットや縫製などのディテールは忠実に再現。

レプリカといえど、本物以上の完成度と評判です。

(さすがWORKERSと言ったところ)

オリジナルにないブラックが用意されているのも面白いですね。

¥30,800
(2022/10/02 13:31:28時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめのM47のレプリカ・選び方のまとめ

おすすめのM47のレプリカを紹介しました。

特徴などをおさらいしておきます。

  • シービーズ/WAIPER:7,480円
    →7,000円台ながらしっかりと再現されたモデル
  • ライトオン:6,600円
    →最も手頃。ファッション性重視で楽しみたい方におすすめ。
  • ベルジャック:14,960円
    →本場フランス製で再現された唯一のレプリカ
  • Ordinary fits:25,300円
    →後期型を日本製で忠実再現。色味が本当に良い
  • FOB FACTORY:27,500円
    →生地は前期型・シルエットは後期型。カモ柄がある
  • orSlow:28,600円
    →他にはあまり見られない、前期型をベースにしたモデル
  • WORKERS:30,800円
    →基本は後期型だが、ボタンは前期のメタル素材。マニア垂涎

予算や特徴、自分が重視するポイントなどからぜひ選んでください!

Hiroshi
Hiroshi
日本製のM47は本当にクオリティが高いので、個人的には下の4つから選ぶのがおすすめです。

(オーディナリーやFOBあたりは間違いないはず)

 

M47パンツは生地も中肉で、オールシーズン使えるアイテム。

レプリカならマイサイズが選べるので、あらゆるスタリングに合います。

(デッドストックの特大サイズはやはり合わせづらいです)

M47のレプリカを使ったコーデ

サイズの合ったM47は、1本あると本当に便利です。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りの1本を見つけてください!

(M47はレプリカも人気で常に品薄なので、お早めをおすすめします)

¥25,300
(2022/10/03 00:26:58時点 楽天市場調べ-詳細)

F.O.BFACTORY
¥27,500
(2022/10/02 13:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

【サイズ感】Ordinary fits・M47カーゴパンツのレビュー。忠実に再現した至極の1本本記事では、ORDINARY FITS SURPLUS・M47フィールドパンツを徹底レビューしています。デニムが有名なオーディナリーフィッツが復刻したフランス軍のM47パンツは、デッドストックと見間違うレベルの完成度。魅力はもちろん、デメリットやサイズ感も詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品