古着・ミリタリー

ミリタリーがダサい訳ない。きれいめに着られる軍物5選【メンズファッション】

こんにちは。ヒロシです。

ミリタリーファッションってダサいのかな?
ミリタリーアイテムをファッションに取り入れたいけど、難しそうでハードルがあるな…

 

定番的とも言えるミリタリーファッション。

しかし、ネットでは「ダサい」との声もある上、着こなしの難易度も高めです。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕もミリタリーが気になる一方、着こなしが分からずにハードルを感じていました。

そこで今回は「きれいに着られる・使いやすい軍物」を紹介していきます。

 

本記事の内容

  • 【前提】ミリタリーファッションはダサいのか
  • 【1万円台以下】メンズがきれいめに着られる軍物5選

僕はミリタリーが好きで、現行ブランドとミックスして着る機会が多いです。

本記事では、僕自身が「これは本当に使いやすい」と思うアイテムを中心に紹介します。

 

軍物は上手く取り入れれば、ファッションをよりおしゃれに&お得に楽しめます。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

ノーブランド品
¥6,380
(2021/10/18 17:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

【前提】メンズのミリタリーファッションはダサい?

【前提】ミリタリーファッションとは何か?←メンズは大人っぽく着るのが難しい

そもそもファッションの「ミリタリー」とは、軍隊で採用されていた服です。

「軍物を参考に作った現代の服」を含む場合もありますが、基本的に「軍隊にて本当に採用されていたorいる服」を指します

ヨーロッパ・アメリカ等の軍隊で作られた服は、様々な年代のものが見つかります。

Hiroshi
Hiroshi
古着はもちろん、倉庫から発見されたデッドストック(未使用)も見かけますね。

「軍服」を取り入れたファッションを「ミリタリーファッション」と呼びます。

ミリタリーファッションは、ダサい<難しい

ミリタリーは、ダサいというより「難しい」ファッションです。

なぜなら、ファッション性は全く考えられていない服だから

 

軍物は軍人が着る服なので、別におしゃれである必要はありません。

戦闘の際に便利なように・軍人が快適に過ごせるように、ミリタリーアイテムは機能性を求めて作られています。

ファッション性は度外視されている上、アイテム自体も数十年以上前のもの。

現代ファッション的には、シルエット等が着づらい可能性も普通にありますね。。

Hiroshi
Hiroshi
ただ、その機能性を求めたディテールやシルエットが、ファッション的に見てめちゃカッコよかったり、逆にいま着ると良い感じだったりします。

 

また、基本的に色味はカーキやグリーンばかり。

一歩間違えると「サバゲーでもするの?」というガチな印象が出る可能性も。

出典:https://wear.jp/cqbfield/6171178/

(↑ここまでは大袈裟ですが)

ミリタリーの「男らしさ」と「ガチさ」は紙一重なので、コーデはやはり難しいです。

 

ミリタリー=ダサいはあり得ない

出典:https://www.sixpacjoe.com/product/18159

「ミリタリーはダサい」と言われることも確かにあります。

しかし、ミリタリー=ダサいはあり得ないかなと。

 

なぜなら、現行の服の多くがミリタリーを元に作られているから。

  • トレンチコート:元々はイギリス軍の防寒・防水コート
  • ピーコート:イギリス海軍が起源
  • チノパン:アメリカ軍などで採用

思いつくものを挙げましたが、調べればいくらでも出てくるでしょう。

あなたがいま着ている服も、軍物が元ネタになっている可能性大。

ミリタリー=ダさいと決めることは、現行の服を否定するのと同じかなと。

上手く取り入れると、おしゃれ&お得

ミリタリーアイテムは難しいものの、上手く取り入れればおしゃれ&お得です。

ミリタリーは、数多くのブランドがデザインソースとして活用しています。

日本国内のブランドはもちろん、マルジェラやグッチなどの海外のハイブランドもですね。

マルジェラのミリタリージャケット

出典:https://zozo.jp/shop/arknets/goods/42585793/

(↑マルジェラのミリタリージャケット)

つまり、ファッション的に見て非常に優れたアイテムも多いんです。

Hiroshi
Hiroshi
軍物はファッション性を考えて作られていないのに、結果としておしゃれな雰囲気に仕上がっているのが面白いですよね。

 

そして、ミリタリーはコスパも非常に高いです。

  • 価格的にも抑えられている
    →1万円台以下でも色々選べる
  • 生地や作り等の品質もかなり良い
    →戦争で勝つために国家予算をかけて作られたものだから 

「同じ物を現行ブランドが作ったらいくらになるんだ…」的なアイテムも、ミリタリーなら手頃です。

もちろん希少価値のついた物は値段も高いですが、資産性があります。

Hiroshi
Hiroshi
物によっては数年で値段が倍以上に高騰したりもしますね。
価格が下がることは基本的にないので、心理的にも買いやすい。

 

ミリタリーは、アイテム次第ではお得に&おしゃれなコーディネートが可能。

お手頃価格で買えて、大人でもきれいに着られるミリタリーを紹介します!

メンズがきれいめに着られるミリタリーアイテム5選【ダサいはあり得ない】

大人っぽくきれいめに着られるミリタリーアイテム3選【タウンユースに最適】

きれいめに着られる・合わせやすいミリタリーアイテムは以下の5つ。

  • ロシア軍・スリーピングシャツ
  • ロシア軍・ボーダーシャツ
  • フランス軍・M52チノパン
  • フランス軍・M64カーゴパンツ
  • イギリス軍・No.2ドレスパンツ 

いずれもタウンユースに最適で、いまお持ちの服に合わせやすいはず。

価格的にも数千円〜1万円台と、現行ブランドより安いですよ。

①:ロシア軍(旧ソ連軍)スリーピングシャツ

1つ目が、ロシア軍(旧ソ連軍)のスリーピングシャツ。

「スリーピングシャツ」の名前の通り、軍人が着ていた「パジャマ」です。

 

ロシア軍のスリーピングシャツは、今っぽくて使いやすいのが特徴的。

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

着丈短め・身幅大きめのノーカラーが特徴的で、いまの気分にぴったりですよね。

色味も白ですし、ネックラインも細めなので、上品さもしっかりあります。

Hiroshi
Hiroshi
普通の白シャツやカットソーの感覚でガンガン着られます。

 

それでいて、生地には程よくネップ(糸くず)が出ていて表情があります。

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

「きれいだけど味のある」着こなしが楽しめます。

年齢を問わず、また合わせるアイテムを選ばずに着られる、傑作ミリタリーと言えますね。

 

また、生地のクオリティも素晴らしいです。

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

ご覧のように、裏地が少し起毛しており、肌触りがめちゃくちゃ良い…

もともとが「パジャマ」なので、素肌に直接触れることを想定して作られているためです。

Hiroshi
Hiroshi
このあたりの機能性の高さも、ミリタリーアイテムの魅力の1つですよね。

 

コーディネートについてですが、何でも合います

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

(僕のインスタです。よかったらフォローお願いします!)

スラックスと革靴を合わせてきれいに着こなすと、かなり良い感じ。

アウターのインナー使いもできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

比較的すっきりしたシルエットなので、インナーとしても使いやすいです。

春や秋は1枚で、冬はインナーとして使える生地感なので、真夏以外は着られますね。

 

こちらは、デッドストックで8,000円〜1万円ほど

ちなみに僕は、このスリーピングシャツが初ミリタリーでした。

何でも合う&季節も問わないので、めちゃ気に入っています。

Hiroshi
Hiroshi
購入から2年弱経ちますが、真夏を除いてオールシーズン着ています。

着やすい上に結構手に入りやすいので、ぜひお試しください。

【サイズ感も解説】ロシア軍・スリーピングシャツを徹底レビュー

②:ロシア軍・ボーダーカットソー

ロシア軍のボーダーカットソー

出典:https://charmantstore.com/?pid=146273065

1980年代から採用されている、ロシア軍(旧ソ連軍)のボーダーカットソー。

スリーピングシャツと並ぶ、ロシア軍を代表する名作です。

 

やはりボーダーなので使いやすさが抜群。

出典:http://eighthundredships.blogspot.com/

ボートネックの開きも絶妙ですし、シルエットも非常にバランスが良いです。

男性の方はもちろん、女性の方が大きめに着ても良いので、ユニセックスで着られます。

この投稿をInstagramで見る

 

Monique vintagestore(@monique_vintage)がシェアした投稿

 

生地感としては、やや薄手ながらもしっかりとハリがある感じ。

シルエットは程よくスッキリ目で、1枚でもインナーとしても使えるでしょう。

出典:http://blog.livedoor.jp/garden696/

ボーダーのピッチも細めで、大人っぽく上品な印象で着られると思います!

 

価格的には、デッドストックで5,000〜6,000円くらい。

ボーダーカットソーは色々なブランドで出ていますが、ロシア軍ならコスパ良好。

あえてミリタリーを選んでみるのも面白いと思います!

Hiroshi
Hiroshi
個人的にもずっと「いいなぁ」と思っていて、半袖Ver.を狙っています!

③:フランス軍・M52チノパンの黒染め

3つ目がフランス軍の名作チノパン・M52の黒染めver.です。

M52は元々ベージュですが、それを黒に後染めしたものになります。

加工しているので、厳密には純粋なミリタリーではないかもしれません。

黒に染めることによって大人っぽく履ける万能なパンツになるんです。

Hiroshi
Hiroshi
ベージュのM52も名作ですが、色味的にカジュアルな印象が強くなるため、きれいめな着こなしは難しく、取り入れるのが難しい印象ですね。。

 

まず素晴らしいのがシルエット。

M52はワイドなチノパンですが、ご覧のようにタックが2本入っています。

タックのおかげで、ウエストを絞ると自然なワイドシルエットで履けるんです。

そして、ベージュではなく「黒」なので、よりスッキリと上品に見えます。

 

また、「黒」は「黒」でも、後染めなので、そこまで真っ黒ではありません。

(写真では伝わらないかもですが…)

「モードにも寄りすぎず、かと言ってカジュアル過ぎず」の絶妙なバランス。

どんなコーデにも使えて、日常的に取り入れやすいパンツなので、めちゃめちゃ使えます。

Hiroshi
Hiroshi
僕も個人的にめちゃくちゃ履いています。
本当に使いやすくて良いパンツなので、2本目を検討しているところです。。

 

生地もちょうど良い中肉の厚さなので、季節を問わずに履けます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

(僕はよく、前述のスリーピングシャツに合わせて履きます)

また、M52は「フレンチヴィンテージの名作」と言われるアイテム。

タフさも兼ね備えているので、長く使えること間違いなしです。

【サイズ感も解説】フランス軍のM52チノパン・黒染めをレビュー

 

これで価格が15,000円くらい。

正直、同価格帯の現行ブランドよりも明らかにクオリティが高いです。

かなり使いやすいので、ぜひチェックしてみてください。

デッドストック フランス軍 M-52チノ 黒染め

④:フランス軍・M64カーゴパンツ

出典:https://www.store.post78.net/

カーゴパンツは、軍物の中でも代表的なアイテム。

カッコいいものの、割と男臭さ・ガチ感が出やすいです。

しかし、フランス軍・M64カーゴパンツは一味違いますね。

Hiroshi
Hiroshi
M64はフランス軍の名作「M47カーゴパンツ」の後継モデルです。

 

M64パンツは、とにかくシルエットが綺麗です。

出典:https://shop.zabou.org/?pid=145917124

やや太めではありながら、徐々に細くなるテーパードシルエット。

かなり現代っぽくて、本当に綺麗な雰囲気です。

 

カーゴポケット等も非常にミニマルな仕上がり。

出典:https://imperials09.shop-pro.jp/

色味もややグレーっぽいカーキ色で非常に上品。

生地もハリ感があるので、本当に大人っぽく履けるカーゴパンツです。

 

M64パンツは「知る人ぞ知る」的な存在で、今なら1万円程度で買えます。

ただ最近は注目が集まっていて、値上がりが予想されるアイテムです。

綺麗に履けるカーゴを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

⑤:イギリス軍・No.2ドレスパンツ

絶妙なカーキブラウンの色味が最高の、イギリス軍「No.2ドレスパンツ」。

シルエット・価格が最高のパンツです。

 

何と言っても「これが軍物?」と思うほどシルエットが綺麗。

程よい太さのストレートシルエットで、絶妙なボリューム感と落ち感が魅力。

センタープレスも入っているので、かなり綺麗に履けます。

Hiroshi
Hiroshi
軍パンと言っても「式典用」なので、非常に上品ですね。

 

カーキブラウンの色味が本当に良いので、普通に合わせるだけでこなれた印象に。

現行ブランドではなかなか出せない、クラシックさとモダンさがあります。

生地も程よい厚みのウール+ポリエステルの混紡で、家で洗濯しながらガンガン履けます。

 

このパンツの価格ですが、今なら5〜7,000円くらいです。

90年代の近代ミリタリーのためか、本当に手頃。

Hiroshi
Hiroshi
作りの良さ・シルエットの綺麗さ・絶妙な色味などを考えたら、正直安すぎますね。

僕も愛用していて、心からおすすめできるミリタリーパンツです。

【サイズ感も解説】イギリス軍・No2ドレスパンツのレビュー

ノーブランド品
¥6,380
(2021/10/18 17:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】ミリタリーファッションがダサい訳ない。きれいめにも着こなせます

まとめ。アイテム次第で、ミリタリーも大人っぽくきれいめに着られる【しかもお得】

大人っぽく、きれいめに着られるミリタリーアイテムを5つご紹介しました。

軍物というと結構ハードルを高く感じがちです。

しかし、現行ブランドと遜色なく合わせられるアイテムも実はあります。

ミリタリーをうまく合わせれば、よりおしゃれに&自分なりにファッションをもっと楽しめるはず

 

本記事でご紹介したアイテムは、軍物のコテコテ感が抑えめで着やすいです。

さらに、現行品に比べてかなりお得です。

Hiroshi
Hiroshi
セレオリより安い値段ですが、デザイン・クオリティの両方でセレオリより確実に高いはず。

ミリタリーが気になる方・挑戦したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ノーブランド品
¥6,380
(2021/10/18 17:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

【2021年版】20代一人暮らし男子が買ってよかったもの【メンズにおすすめ】本記事では、20代一人暮らし男子の僕が、2020年に買ってよかったものを厳選して紹介しています。ファッション・生活雑貨・ガジェットの3つに分けており、日常生活やビジネスが捗るアイテムばかり。ちなみに男性・女性問わずおすすめのものなので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品