肌活・スキンケア

【オルビスの日焼け止め・レビュー】メンズにすすめたい、サンスクリーン(R)フリーエンス

こんにちは。ヒロシです。

意外と少ない、メンズが日常的に使える日焼け止め。

Hiroshi
Hiroshi
日焼け止めは明らかな女性向けのものが多いです。
メンズ専用のものも一応ありますが、値段が高かったり、香料がきつくて使いにくかったりします。

 

紫外線は肌にかなり悪影響なので、男性も日焼け止めは必須。

しかし、メンズが使うのにちょうど良いものがなく、僕もずっと探していました。

 

その中で見つけたのが、オルビスの「サンスクリーン(R)フリーエンス」。

オルビス・サンスクリーン(R)フリーエンス

調べたところ、かなり良さげな日焼け止めでしたので、この度購入してみました。

Hiroshi
Hiroshi
僕自身オルビスのスキンケアを愛用しており、全幅の信頼を寄せています。

※ちなみにオルビスの回し者とかではないです(笑)

 

今回は、メンズの僕がオルビスの日焼け止めを使った感想を詳しくレビューします。

なお最初に言っておくと、メンズの日常使いに最適な日焼け止めだと感じました

オルビスの日焼け止め・サンスクリーン(R)フリーエンスについて

オルビスの日焼け止め・サンスクリーン(R)フリーエンスについて

サンスクリーン(R)フリーエンスは、「家族全員で使える」がコンセプトの日焼け止め。

子どもでも使えるようにやさしく作られており、もちろんメンズもOKです。

 

ちなみに、スペック感としては以下になります。

SPF 30
PA +++
用途 全身(顔も体もOK)
特徴 紫外線吸収剤不使用
無油分・無香料・無着色

 

詳しくは、使ってみての感想をふまえつつ、後述していきます。

ただ、使い勝手が素晴らしく、メンズに心からすすめたい日焼け止めです。

【レビュー】オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスのメリット【メンズの日焼け止めにおすすめ】

【レビュー】オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスのメリット【メンズの日焼け止めにおすすめ】

オルビスの日焼け止めのメリット・良さを具体的に申すと、以下のとおりです。

  • 肌に圧倒的にやさしい:敏感肌でもOK
  • 日常使いに最適な日焼け止め効果
  • 使い心地が抜群に良い
  • とにかく「楽」に使える
  • パッケージがおしゃれ

一言で言うなら「メンズにも圧倒的に使いやすく、かつスペックのバランス感が良い」といったところですね。

メリット①:肌に圧倒的にやさしい

子どもでも使えるように作られているため、肌には非常にやさしく感じます。

Hiroshi
Hiroshi
つけていても、肌へのピリつき・乾燥などは感じません。

 

その理由は、「紫外線吸収剤不使用」です。

日焼け止めの紫外線の防ぎ方は、成分によって大きく2種類に分かれます。

  • 紫外線吸収剤:化学反応を起こし、紫外線を吸収してから放出する
  • 紫外線散乱剤:紫外線を散乱・反射して紫外線を防ぐ

 

紫外線吸収剤は、効果は強力なものの、肌の弱い人には刺激が強すぎるのが難点。

また、紫外線吸収剤が血液中に流れ込むことがアメリカで論文発表されるなど、使うにあたっての不安もあります…

参考:日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた

 

一方、オルビスの日焼け止めは紫外線吸収剤を使っていません。

Hiroshi
Hiroshi
いわゆる「ノンケミカル」ってやつです。

安心&安全である上、無油分・無香料・無着色と、肌への負担も抑えられています。

敏感肌・乾燥肌の方も含めて、毎日でも使いやすいですよ。

メリット②:日常使いに最適な日焼け止め効果

日焼け止めの効果を見るにあたっては、SPFとPAについて知る必要があります。

既に知っている方もいると思いますが、少しだけ解説を。

 

SPFとPAについて

  • SPF:日焼けによる赤み・炎症をもたらす、UVBを防ぐ
    →数値が大きいほど効果が高い。MAXで50(50以上は50+)
  • PA:一時的な黒み、長期的にはシワやたるみをもたらすUVAを防ぐ
    →+の数が多いほど効果が高い。MAXで++++

このSPFとPAですが、いずれも効果が高ければ高いほど良いわけではありません

理由は単純で、効果が高くなるほどに肌への負担も大きくなるから。

Hiroshi
Hiroshi
SPF50+/PA++++の日焼け止めも多いですが、これを毎日使うと肌にはキツいです。
使い分けが非常に大事。

 

オルビスの日焼け止めは、「SPF30/PA+++」のスペック。

SPF30/PA+++は、普段の生活や軽めの運動には十分と言われています

日常的に使うのには非常にバランスの良い水準なので、毎日の日焼け止めに最適です。

Hiroshi
Hiroshi
僕は基本的にデスクワークなので、紫外線にさらされる時間はそう長くありません。
非常にちょうどよく、使いやすい効果だと感じています。

メリット③:使い心地がすばらしい

オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスは、ミルクタイプのテクスチャー。

油は入っておらず、非常にサラッとしているので、全然ベタベタしません。

Hiroshi
Hiroshi
つけても「重さ」は全然感じず、非常にみずみずしいです。
日焼け止め特有の「塗った感」が苦手な人でも使いやすいと思いますよ。

 

肌なじみも非常に良好です。

こちらの写真が、日焼け止めを塗る前のもの。

これにオルビスの日焼け止めをつけて…

なじませていくと…

こんな感じ。

Hiroshi
Hiroshi
非常に肌なじみが良いので、つける前と比べてもほとんど白くなりません。

スッと伸びてくれて、かつ白っぽくもならないので、メンズ好みの使用感だと思います。

 

肌への優しさにこだわっているだけあって、ピリつきや乾燥も特に気にならず。

無香料=変なにおいも気にならないので、非常に使いやすい使用感ですよ。

メリット④:とにかく「楽」に使える

オルビスの日焼け止めは、とにかく「楽」です。

  • 1本で全身使える:顔も体もOK
  • クレンジング不要:石鹸で落とせる
    →通常の洗顔・ボディソープでOK

使うのも落とすのも超簡単。特別なことは一切不要です。

 

実際、僕は顔から体まで1本で全て使っていますし、落とすときも普段のシャワー(洗顔・ボディーソープ)のみ。

Hiroshi
Hiroshi
特に肌が荒れたりもなく、通常のシャワーで「落ちている感」もしっかりあります。

 

特にメンズはメイクをしない方が多いので、せっけんで落とせて、かつ1本で全身使えるのは嬉しいところ。

(女性の場合、顔はメイクで日焼け止めができますが)

 

どんなに良質な日焼け止めでも、使うのが面倒だったら微妙だと思います。

オルビスの日焼け止めは、かなり楽に使えるので面倒さはゼロ。

メンズの方でも気軽に使えますよ。

メリット⑤:パッケージがおしゃれで持ち運びしやすい

かなりシンプルで洗練された印象のパッケージ。

おしゃれなデザインなので、メンズが持っても違和感がありません。

 

日焼け止めは塗り直すこともあるので、持ち運びしやすさは結構大事な要素。

デザインがアレだと、周りの目を気にしてしまって持ち歩きづらい…

Hiroshi
Hiroshi
オルビスは見た目の点でも、かなりポイントが高いです。

オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスのデメリット

オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスのデメリット

続いて、デメリット・気になった点です。

デメリットが全くない商品は存在しないので、正直に書いていきます。

デメリット①:安くはない

こちらの価格は、1本1,320円(50ml)。

ドラックストアでは1,000円以下の日焼け止めも多いので、安くはない価格設定です。

 

とはいえ、クオリティ等を考えると全然高くないかなと思います。

むしろ顔や体に塗るものですから、安いものを選んで失敗する方が嫌ですよね。

Hiroshi
Hiroshi
日焼け止めに限らず、安いものには安いなりの理由があります。
オルビスほど肌への優しさにはこだわっていないでしょう…

大手のオルビスの商品なので、安心できる部分もありますし。

 

また、オルビス公式通販から購入すれば、30日以内なら返品ができます。

使ってみて微妙だったら、返品すればOK。お金が返ってきます

ちなみに返品送料も無料なので、実質0円で試せるようなものですね。

 

総じて、ちょっぴりお高めではありますが、十分許容範囲の値段かなと。

さらに、使用感やクオリティ、そして試しやすさを考慮すると、かなりおすすめです。

デメリット②:真夏のレジャーシーンには向かない

レジャーシーンなど、真夏に1日中外にいる場合には向きません。

Hiroshi
Hiroshi
スペック的に、あくまで「日常使い用」です。

 

前述のとおり、日焼け止めは使い分けが大事です。

  • 日常使い:SPF30/PA+++くらいの日焼け止め
  • レジャー用:SPF50+/PA++++くらいの強力な日焼け止め

 

なお、オルビスからは強い効果のある日焼け止めも出ています。

それがこちらの「サンスクリーン(R)スーパー」です。

出典:オルビス公式サイト

SPF50+/PA++++と非常に強力ながら、美容液成分配合で乾燥しづらく、かつ石けんで落とせます。

Hiroshi
Hiroshi
パッケージも非常におしゃれなので、メンズが使っても良さそうですね。

レジャーシーン等で強い紫外線にさらされる方は、コチラもおすすめです。

オルビス(ORBIS)
¥1,650
(2020/08/12 17:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

オルビスの日焼け止め・サンスクリーン(R)フリーエンスの口コミ・他との比較

オルビスの日焼け止め・サンスクリーン(R)フリーエンスの口コミ・他との比較

オルビスのサンスクリーン(R)フリーエンスについて、他との比較や口コミを見ていきます。

他社製品との比較

僕が日焼け止めを購入するにあたって迷ったのが、キュレルと無印良品のもの。

  • オルビス・サンススクリーン(R)フリーエンス:1,320円(50ml)
  • キュレル・UVエッセンス:1,650円(50ml)
  • 無印良品・日焼け止めミルク:590円(30ml)

いずれも紫外線吸収剤不使用&SPF30と、肌にやさしく日常使いしやすい設計です。

キュレルについて

キュレル
¥1,367
(2020/08/12 17:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

キュレルは、花王が展開する良さげなスキンケアブランド。

Hiroshi
Hiroshi
ドラックストアにも売っているので、入手性が非常に高いです。

キュレルも気になってはいたんですが、オルビスよりも価格が微妙に高いです。

 

また、前述のようにオルビスは30日以内の返品が無料でできます。

「オルビスが微妙だったらキュレルを試せばいいかな」と思い、オルビスを使うことにしました。

(結果としてオルビスが非常に良い感じだった、という訳です)

無印良品について

無印良品
¥1,490
(2020/08/12 17:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

無印良品は、オルビスよりも価格がかなり安いのが魅力。

しかし、スキンケア用品において、個人的に無印良品よりもオルビスの方が良かったんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕はいまオルビスミスターの洗顔とオールインワンを愛用してます。
以前は無印でしたが、オルビスにしてからニキビができにくくなり、肌の調子がかなり良くなりました。

関連記事:オルビスミスターの感想をステマなしでレビュー

 

上記の理由で、スキンケアでは、僕は個人的に無印よりもオルビスに信頼を寄せています。

「餅は餅屋」と言ったところですね。

オルビスの日焼け止めに関する口コミ

Amebaの美容ブログランキング1位・かずのすけ先生も絶賛していますね。

総じて、非常に良い口コミが多く、悪い口コミはあまり見かけませんでした。

Hiroshi
Hiroshi
アマゾンでも平均4.4点と、かなり高い評価を得ています。

オルビスならば安心感もありますし、評価も高いので試す価値は十分あると思いますよ。

【まとめ】オルビス・サンスクリーン(R)フリーエンスは、メンズに最適な日焼け止め

【まとめ】オルビス・サンスクリーン(R)フリーエンスは、メンズに最適な日焼け止め

オルビスの日焼け止め・サンスクリーン(R)フリーエンスについてレビューしました。

肌へのやさしさはもちろん、とにかく楽に使えるので、日常的に使うのに非常に適している印象。

 

特にメンズ用ではありませんが、サラサラした使用感・白くならない点など、メンズにもかなりおすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
顔も体も関係なく全身使えて、かつ普通のシャワーで落とせるのが嬉しい。

 

日焼け止めを使わないメンズも多いですが、紫外線はマジで怖いです。

放置していると、将来的にシミやシワを引き起こすことにもなります…

 

10年後・20年後にカッコいいおじさんになるためにも、今すぐ日焼け止めを使って紫外線対策をしましょう!

 

関連記事

オルビスはスキンケアも素晴らしいので、あわせてチェックしてみてください。

【デメリットあり】オルビスミスターの感想をステマなしでレビュー【トライアルセット】オルビスミスターが気になっているメンズの方向け。本記事では、ORBIS Mr.(オルビスミスター)シリーズの通販の初回限定のトライアルセットを使った感想を正直に口コミレビューしています。メリットのみならず、デメリットも正直に書いています。スキンケアやメンズメイクに悩む方は必見です。...

 

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です