おすすめアイテム

【最強】サーモス・真空断熱タンブラー420mlを口コミレビュー。買わないと損な逸品!

こんにちは。ヒロシです。

  • ビールを最後までキンキンに冷えた状態で飲みたい
  • 温かい飲み物も冷たい飲み物も、美味しく飲めるタンブラー欲しい
  • 結露しない・熱くならない等の使い勝手にもこだわりたい

 

上記に当てはまる方におすすめなのが、サーモスの真空断熱タンブラー

僕も最近購入したのですが、飲み物を最後までおいしく&快適に飲めて重宝しています。

Hiroshi
Hiroshi
僕は以前からサーモスの真空断熱マグカップを使っていましたが、お酒を飲む用のタンブラーが欲しくなり、購入しました。

今回は、サーモスの真空断熱タンブラーについて徹底レビューしていきます。

 

レビュー内容

  • サーモス・真空断熱タンブラーの魅力・メリット
  • デメリット・注意点
  • よくある質問への回答・口コミ紹介 

魅力やメリットはもちろん、デメリット・注意点も正直に書くので、お買い物の際の参考になるかと。

ただ最初に言っておくと、サーモスの真空断熱タンブラーは間違いなく「買い」です。

サーモス・真空断熱タンブラー 420ml(JDE-420)について

サーモス・真空断熱タンブラー 420ml(JDE-420)について

こちらがサーモスの真空断熱タンブラー(420ml)です。

基本スペックは以下の通り。

容 量 420ml
大きさ 幅7.5×奥行7.5×高さ15.5cm
保冷効果 7;度以下(1時間)
素 材 ステンレス
食洗機

 

本体はこんな感じです。

ステンレス製で、色味はシルバー。

Hiroshi
Hiroshi
特に装飾などはなく、非常にミニマルで使いやすいデザインです!

 

大きさは420mlで、やや縦長の形になっています。

軽量な上に手へのフィット感も良好なので、かなり持ちやすいです。

ちなみに定価は2,000円くらいですが、Amazonや楽天なら1,500円以下で買えますよ。

サーモス・真空断熱タンブラー 420mlの魅力・メリット

サーモス・真空断熱タンブラー 420mlの魅力・メリット

サーモスの真空断熱タンブラーを実際に使ってみて感じた、メリット・魅力を紹介します。

  • 抜群の保冷。結露しないから超快適
  • 保温もOK。季節問わず使える
  • 口当たりも良好で飲みやすい
  • 420mlの絶妙なサイズ感
  • 頑丈なステンレス製。食洗機も対応

総じて機能性が本当に高く、使い勝手も良いので超満足しています。

①:抜群の保冷。結露しないから超快適

最大の魅力は、真空断熱構造による抜群の保冷性。

冷たい飲み物もぬるくならない上、また結露もしない=机が濡れないので超快適です。

 

チューハイで検証

最近ハマっている檸檬堂のレモンサワーで検証します。

Hiroshi
Hiroshi
檸檬堂のレモンサワーって超おいしいですよね。笑

 

僕はキンキンに冷えているのが好きなので、氷も入れました。

そしてこのレモンサワーを30分ほどかけて、ゆっくり目に飲んだところ…

ご覧のように、全然氷が溶けてないんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
もちろんぬるくなることもなく、最後まで冷えた状態でおいしく飲めました。

そして結露も一切せず、テーブルが濡れることもなかったです。

 

その理由は、名前の通りの「真空断熱構造」です。

内壁と外壁の間に真空構造がつくられており、冷たいものを入れても結露しない仕組みになっています。

これがもう本当に快適で、一度使ったら他には戻れませんよ

Hiroshi
Hiroshi
水滴をタオルで拭いたり、コースターを敷いて対策する必要は一切ありません。

②:保温もOK。季節を問わず使える

保冷に加えて保温もできます。

温かいコーヒーや紅茶を飲む際にも使えるので、年中重宝するはずです。

Hiroshi
Hiroshi
真空断熱構造のおかげで、外側が熱くなることもありません。

 

サーモスの真空断熱シリーズは保温性も十分。

1時間程度ならあたたかさをキープできるので、普段使いには問題なしです。

 

真空断熱シリーズの具体的な保温力については、サーモス・真空断熱マグカップ350mlをレビューで書いています。

サーモスの真空断熱マグカップ350mlとそのフタ

(僕はマグカップも同じサーモスを愛用しています)

こちらもかなりおすすめです!

【サーモス・真空断熱マグカップ350ml レビュー】保温も保冷もできる、ミニマルなマグ本記事では、サーモスの真空断熱マグカップ350ml(JDG-350C)を実際に使ってみた感想を詳しくレビューしています。あたたかい飲み物も冷たい飲み物もおいしく飲める上、ミニマルなデザインも魅力的でした。保温・保冷の性能はどの程度か、またデメリットや注意点も正直に書いているので必見です。...

③:口当たりがよくて飲みやすい

少し見づらいかもですが、フチが少しへこんで薄くなり、くぼみがあります。

このおかげで口当たりがよく、かなり飲みやすくなっている印象ですね。

Hiroshi
Hiroshi
本当に細かい部分ですが、うれしい配慮ですね。

 

またステンレス製ではあるものの、金属特有のにおいは特に気になりません

グラスやコップと同じ感覚で使えるので、お酒を飲むのにもぴったりです!

④:420mlの絶妙なサイズ感

サイズ感が本当に絶妙です。

  • 350mlのサワー・チューハイ:氷を入れるとぴったり
  • 350mlのビール:泡を含めるとぴったり

「お酒を飲む人のために作られたのかな」と思ってしまいます。

 

チューハイ1缶を注ぐと…

350ml1缶+氷を入れると、ご覧のように超ぴったりです。

Hiroshi
Hiroshi
何回かに分けて注ぐ必要がないので、めちゃ楽ですよ。

 

ステンレス製のデザインは清涼感もあり、まさに冷えたビール・サワー類と相性抜群。

機能性も含め、お酒を飲む方は持っておいて損はありませんよ。

⑤:頑丈なステンレス製。食洗機も対応

頑丈なステンレス製なので、毎日使うことを考えてもメリットがかなり大きいです。

  • 錆びにくいから長く使える
  • 落としても割れない
    →ガラスだと一瞬で割れる
  • 食洗機も対応

特に「割れない」のが大きいかなと思いますね。

Hiroshi
Hiroshi
ガラスのコップ・グラスを落として割ってしまい、掃除が大変だった経験をしたことはありませんか?

(僕はめっちゃあります。笑)

 

また、食洗機も対応しているのでケアも楽です。

食洗機を持っている方にとっては、かなり時短になると思いますよ。

サーモス・真空断熱タンブラー 420mlのデメリット・注意点

サーモス・真空断熱タンブラー 420mlのデメリット・注意点

上述のように、サーモスの真空断熱タンブラーは総じて素晴らしい商品です。

しかし、デメリット・注意点もあるので正直に書いていきます。

①:少し洗いにくい

真空断熱タンブラー420mlは、高さ15.5cmとタテに長い構造です。

必然的に、普通のスポンジだと少し洗いにくいのは否めないかなと思います。

Hiroshi
Hiroshi
この手のほとんどのタンブラー・グラス類に当てはまりますが…

(食洗機を持っている方にはあまり関係ないですが)

 

とはいえ、ステンレスは汚れに強い素材です。

さほどゴシゴシ洗わなくても綺麗になるので、手入れ自体はそこまで億劫ではないですね。

 

しっかり洗いたい方は、縦長型のスポンジがあると良いと思います!

②:価格

サーモスの真空断熱タンブラーの価格は、2,000円程度です。

(Amazon等だと1,500円くらいですが)

値段だけを見ると、それなりに高いと感じられるかもしれません。

Hiroshi
Hiroshi
グラスは数百円で買えますし、ステンレス製のタンブラーも1,000円くらいから手に入るので。

 

とはいえ、機能性・信頼性などを考えると、サーモスを買う価値は大いにあります

  • 数百円のグラス:安いけれど割れるリスクあり。結露もする
    →サーモスの方が丈夫で長持ち。結露もなく、おいしく飲める
  • 他のタンブラー:安いけれど未知数な部分あり
    →サーモスは超大手。レビューも多く、信頼感は絶大 

「安かろう悪かろう」では結局損をしてしまいます。

Hiroshi
Hiroshi
少し値段が高くても、信頼できる高品質な物を買うべきです。
長持ちもするので、結果としてコスパがよくなります。

 

また、サーモスの真空断熱タンブラーは、機能性などを考えると結構安いと思います。

1,500円で、おいしくお酒を飲めると考えたらコスパ良いですよね。
飲み物を快適に楽しく飲める「時間が買える」んですから

相対的な値段だけでなく、そのモノによって得られる快適さ・満足度で考えるのがおすすめです。

サーモス・真空断熱タンブラーに関する良くある質問・口コミ

サーモス・真空断熱タンブラーに関する良くある質問・口コミ

サーモスの真空断熱タンブラーに関してよくある質問への回答・口コミの紹介をします。

質問①:蓋(フタ)はある?

蓋は別売りされているので、カスタマイズ可能です。

 

フタがあると保温効果が高まったり、ホコリ防止につながります。

温かい飲み物を飲んだり、出先で使う際には蓋があると便利かと!

このフタは本記事で紹介している「JDE」品番の他、「JDA」「JCY」品番のみの対応です。

2個セット等で売られている「JDI」品番には対応していません。

②:ラインナップやおすすめサイズは?

サーモスの真空断熱タンブラーはラインナップも豊富。

代表的なモデルを紹介していきます!

 

340ml(JDE品番)

本記事で紹介している「JDE」品番の少し小さめサイズ。

コンパクトなサイズ感なのでコーヒー等を飲むのに良いですし、お子さんにも使いやすいと思いますね。

Hiroshi
Hiroshi
ただ、お酒は1缶入り切らないので、ビール等を楽しみたい方は大きめの方が良いです!

 

400ml(JDI品番)

同じ真空断熱タンブラーですが、1,000円以下とかなり手頃な値段で買えます。

高い保温・保冷性のあるタンブラーがこの値段は嬉しいですよね。

Hiroshi
Hiroshi
2個セットだと1,700円くらいで買えてよりお得です。

 

ただ、この「JDI」品番は食洗機に対応していません。

また、前述のフタも使えないので、出先で使いたい方は「JDE」品番が良いかと。

Hiroshi
Hiroshi
400mlだと、ビール等を1缶すべて入れられない感じもします。
(実際Amazonにもその類のレビューがありました)

 

420ml(JDE品番)

本記事で紹介している「JDE」品番の420mlタイプ。

食洗機対応・フタのカスタマイズ可能・お酒がちょうど入るサイズ感と、最も使い勝手が良いかと。

Hiroshi
Hiroshi
迷ったらこれがおすすめです。

 

なお、少し値段は上がりますが、鮮やかなグラデーションカラーもあります。

デザインにこだわりたい方・お揃いで買いたい方などはこちらもアリですね!

 

600ml(JDE品番)

最も大きいのが600mlタイプ。

500mlのロング缶も1回で入るので、お酒好きの方に特におすすめです。

サーモス・真空断熱タンブラーの口コミ

Twitterで口コミを拾ってきたので紹介します。

 

「結露しない 」「ぬるくならない」と非常に評判が良いですね。

コーヒー好き・お酒好きからかなり支持されていました。

【まとめ】サーモス・真空断熱タンブラー420mlは、間違いなく「買い」です

【まとめ】サーモス・真空断熱タンブラー420mlは、間違いなく「買い」です

サーモスの真空断熱タンブラーをレビューしました。

デザイン的にもシンプルで使いやすいですし、なにより機能性が抜群。

Hiroshi
Hiroshi
氷が溶けない・結露しないのが本当に最高です

保温もできて季節問わず使え、また別売りのフタでカスタマイズも可能なので、使い勝手はかなり良いですよ。

 

特に僕と同じくお酒を飲む方は、間違いなく気に入るはずです。

最後までキンキンですし、420mlのサイズ感も絶妙。

自宅でお酒を飲む時間が、かなりアップグレードされるでしょう。

 

総じて、サーモスの真空断熱タンブラーは買って損のない逸品です。

Amazonや楽天なら店舗よりお得なので、この機会にぜひチェックしてください!

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です