ファッション

Tシャツ1枚に出せる値段はいくらまで?【5,000円〜1万円が実はコスパ高】

こんにちは。ヒロシです。

夏にほとんどの人が着る服といえば、「Tシャツ」ですよね。

 

白いTシャツ1枚の着こなしが市民権を得た昨今。

袋に複数のTシャツが入った「パックT」を着ている人も多いです。

パックTシャツならば、複数枚入って2〜3,000円くらい。

つまり、1枚あたり1,000円くらいで買えるんです。

Hiroshi
Hiroshi
写真はヘインズのビーフィーTシャツです。
Amazonだと2枚入りで2,000円ちょっとで買えます。
Hanes(ヘインズ)
¥2,658
(2021/10/17 23:20:04時点 Amazon調べ-詳細)

※値段が安い分、街着として綺麗な状態で着られるのは1シーズンくらいですが

 

一方、これだけ安くTシャツが買える時代に、1万円を超える価格のTシャツもあって、それはそれで売れる。

無地のTシャツなんて、どれも見た目は大きく変わらないのに不思議ですね。

 

このように、Tシャツ1枚にいくらまで出せるかは人それぞれ。

とはいえ、多くの方が「本当にコスパの良いTシャツを買いたい」と考えていると思います。

いろいろな価格帯のTシャツが出ているけど、いくらくらいのTシャツがコスパ的に高いの?

今回は様々な価格帯のTシャツを着てきた僕の経験を踏まえて、コスパに優れたTシャツの値段帯について書きます

コスパが本当に良いTシャツも具体的に紹介するので、最後までお付き合いください。

Tシャツ1枚に出せる値段はいくらまでか【価値観の分かれ目はココ】

服が好きな人でも、

夏はヘインズのパックTにデニムで十分。夏に節約したお金で秋冬に良い服を買う

というスタイルの人って結構いるように感じます。

 

つまり、夏に着るTシャツ1枚にいくらまで出せるかって結構価値観の分かれるところなんです。

ちなみに僕はというと、基本的には1枚10,000円まで

Hiroshi
Hiroshi
それ以上のTシャツは高いなというか、そこまでだす必要はないと感じてしまいます。

Tシャツを消耗品と捉えるかどうか

「Tシャツ1枚にいくらまで出せるか」は、以下の価値観に左右されます。

  • Tシャツを「1シーズン持てば御の字」という「消耗品」と捉えるか
  • 数シーズンに渡って着たいと考えるか

消耗品と捉えるなら、確かにパックTで十分。

1枚1,000円程度で、スタンダードな夏の着こなしができるってすごいですよね。

 

しかし、「数シーズン着たい」と考えたら、ある程度の値段を出す必要があります

なぜなら、数シーズン着るとなると、求められる水準が高くなるから。

  • 洗練されたデザイン
  • ヘビーユースにも耐えられる良質な素材
  • しっかりした縫製

デザインは置いておいても、素材や縫製などの「質」が良くないと、長く着るのは不可能です。

Hiroshi
Hiroshi
質が良くないと、生地がヨレたり、糸がほつれたりしますからね。

最もコスパの良いTシャツの値段帯は、5000円〜1万円

上記のとおり「Tシャツを消耗品と捉えるか否か」によって、Tシャツ1枚にいくらまで出せるかは決まります。

しかし僕の経験では、5,000円〜1万円のTシャツが最もコスパが優れていますね

5,000円以上出すと「消耗品ではない」Tシャツが買える

5,000円以上出すと、質的にもデザイン的にも数シーズン使えるTシャツを買うことができます。

CURLYの白Tシャツ

こちらは、僕が2017年の夏頃に購入したCURLYのTシャツです。

夏に1枚で着るのはもちろん、それ以外の時期もインナーとして使っていました。

 

しかし、購入して3年ほど経っても、生地のヨレや糸のほつれ等はほとんどなし

Hiroshi
Hiroshi
生地が擦れる背中側は若干の毛羽立ちがありますが、目に見える劣化はそれくらい。
まだまだ着られる感じですね。

素材のなめらかさも変わりなく、買った当初から着心地は抜群。

ちなみに価格は6,000円程度でした。

つまりある程度お金をかけると、Tシャツも消耗品にならない上質な物が買えるんです。

(もちろんネットに入れて洗濯するなどの最低限のケアは必要ですが)

 

また、5,000円以上のTシャツになると、着心地の良さ・耐久性に加え、シルエットやディテールにも凝っています。

Hiroshi
Hiroshi
安いTシャツとは見た目のカッコよさも変わってくるので、違った楽しみもできますよ。

一方で、1万円以上出しても正直変わらない…

一方で1万円を超えてくると、正直コスパ的には落ちてくるかなと。

なぜなら、僕の経験から以下のことが言えるから。

1,000円のTシャツとの6,000円のTシャツとの違いほど、6,000円のTシャツとの10,000円のTシャツの質的な違いはない

もちろん1万円以上のTシャツは、素材やシルエットにもこだわっています。

ちゃんとケアすれば、長く着られるでしょう。

でもそれは、5,000円〜1万円の価格帯でも同じ

Hiroshi
Hiroshi
5,000円以上出せば、カッコよくて十分着られるTシャツが買えるようになります(もちろんそうでないものもありますが)

となると、必然的に1万円以上になるとコスパ的には下がるんですよね。

 

もちろん、そのブランドにしか出せない世界観などもあります。

1万円のTシャツを買うのが悪いわけではないです。

あくまで「コスパ」という面だけを考えると、少し劣るという話になります。

 

以上より、コスパで言うと「5,000円〜1万円」のTシャツを買うのが非常に合理的です。

  • 上質な素材・綺麗な縫製などのクオリティ面
    →長く着られる
  • 綺麗or今っぽいシルエット・ディテール
    →おしゃれに着こなせる 

コスパも満足度も高くなるので、このあたりの値段帯で探すのが超おすすめ。

手頃な値段で長持ち!おすすめTシャツを紹介する【厚手の無地T】

「Tシャツは5,000円〜1万円がコスパが高い」といっても、正直モノによってハズレがあるのも事実。

Hiroshi
Hiroshi
5,000円以上でもすぐにダメになるTシャツも中には普通にあります…

僕の経験から言えますが、このへんの値段帯はブランドによる差が大きいんですよね。。

 

そこで上のCURLYのほか、コスパに超優れたTシャツを2つ紹介します。

(CURLYは早く在庫が切れる上、Amazonや楽天で買えないので入手性が少し低いので)

①:CAMBER・マックスウェイトTシャツ

1つ目が、CAMBERのマックスウェイトTシャツです。

キャンバーのマックスウェイトTシャツの素材感

キャンバーはアメリカ製にこだわったTシャツのブランド。

マックスウェイトTシャツは、超肉厚のコットン素材を使っている定番アイテムです。

とにかく生地がしっかりしているので、洗濯や着用を繰り返してもヘタりません。

僕自身も購入してガンガン着て&洗っていますが、ヨレなどは一切なし。耐久性がめちゃ高いです

また着込んでいくと生地がどんどん馴染んでいくので、長く着る楽しみも味わえますよ。

 

シルエットは、アメリカのブランドらしく大きめの仕上がり。

キャンバーのTシャツのシルエット

身幅が大きめで生地がストンと落ちてくれるので、かなり今っぽい感じですね。

Hiroshi
Hiroshi
着丈がすっきりしているので、だらしなく見えません。
また袖も長めの作りで、腕の細さをカバーしてくれます。

 

これで値段は5,000円ほど

Amazonや楽天の一部のショップでは、それ以下で購入できることもあります。

「コスパ=価格に対する品質やデザイン性」で考えるなら、マックスウェイトTシャツのコスパは超高いと断言できます。

Hiroshi
Hiroshi
非常に定番的なアイテムであり、何年も着ている方がたくさんいますよ。

 

5,000円以上でもすぐダメになるTシャツもある中、キャンバーならその心配はなし。

手頃な値段で長く着られるTシャツをお探しの方は、ぜひチェックください。

【買って損なし】キャンバーのマックスウェイトTシャツをレビュー

CAMBER(キャンバー)
¥4,690
(2021/10/18 07:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

②:LAMBDA(ラムダ)

2つ目がLAMBDA(ラムダ)のTシャツです。

ラムダはパーソナライズTシャツが特徴的なブランド。

10個の質問に答えていくだけで、自分の体にぴったりフィットする、あなただけのTシャツが届きます。

キャンバーはアメリカらしい大きめシルエットが特徴的でした。

一方ラムダは、どんな人でもジャストで上品に着こなすことができますよ。

 

僕も体験したのですが、本当にぴったりで感動しました。

全体的にスッキリしたシルエットながら、絶妙なゆとりがあってストレスゼロ。

でも肩や身幅は本当にぴったりで、自分の体についてくる感動を味わえます。

 

生地はキャンバーよりは薄手ですが、1枚で着ても全く透けません。

下に手を入れてもほぼ透けていないのが分かる

1枚がもちろん、ジャケットのインナーとしても活躍してくれますよ。

【レビュー】LAMBDAで手に入る、最高にジャストサイズのTシャツ

 

価格は1枚8,980円です。

日本製・パーソナライズで1万円以下ですから、かなりコスパは良好。

上品かつ長く着られるTシャツを探している方には、本当におすすめです。

【まとめ】Tシャツに出せる値段はいくらまで?←5,000円〜1万円がおすすめ

キャンバーのマックスウェイトTシャツの素材感

Tシャツに出す値段について書きました。

記事でも触れたとおり、僕の経験では「5,000円〜1万円」のTシャツがコスパ的におすすめです。

 

もちろん「1シーズンで買い換える」のを否定する気は全くありません。

ただ、デザイン・品質・価格のバランスを考えると、5,000円〜1万円が理にかなっていると思われますね。

Hiroshi
Hiroshi
クオリティの高いTシャツを着ていると、良い気分で夏を過ごすことができますよ。

 

Tシャツ1枚に5,000円と考えると「高い」と感じる方も多いと思います。

しかし、キャンバーラムダのような丈夫なものを選べば、確実に長く着られます。

安いTシャツを1シーズンで使い切るのと、かかるお金は実は変わりません。

同じお金を出すなら、良いものを長く着るのもアリですよね。

より長期的な観点で「コスパ」を考えて、Tシャツを選んでみてはいかがでしょうか?

CAMBER(キャンバー)
¥4,690
(2021/10/18 07:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品