ファッション

Tシャツ1枚に出せる値段は?5,000円以上1万円未満がコスパ高い?【パックT全盛期】

こんにちは。ヒロシです。

夏にほとんどの人が着る服といえば、「Tシャツ」。

最近では、白いTシャツ1枚の着こなしが市民権を得て、袋に複数のTシャツが入った「パックT」を着ている人も多いですよね。

こうしたTシャツは非常に安価で、パックTの代表的なブランドである“Hanes”(ヘインズ)だと、3枚入って2,000円~3,000円程度。つまり1枚1,000円もしないんです。

まぁ勿論、これだけ安いのだから、街着として1枚で綺麗な状態で着られるのって1シーズンくらいなんですが。

でも一方、これだけ安くTシャツが買える時代に、1万円を超える価格のTシャツもあって、それはそれで売れる。

無地のTシャツなんて、どれも見た目は大きく変わらないのに不思議ですね。

このように、Tシャツ1枚にいくらまで出せるかは人それぞれです。

そこで今回は、Tシャツ一枚に出せる値段についての僕の所見を踏まえた上で、いくらのTシャツが最もコストパフォーマンスが良いのかについて書いていきます。

  • 一枚いくらのTシャツを買うのが良いのだろう?
  • コスパの良いTシャツが買えるブランドを知りたい

といった方は、是非参考にしてみてください。

Tシャツ1枚にいくらまで出せるか

服が好きな人でも、

「夏はヘインズのパックTにデニムで十分。夏に節約したお金で秋冬に良い服を買う」というスタイルの人って結構いるように感じます。

つまり、夏に着るTシャツ1枚にいくらまで出せるかって結構価値観の分かれるところなんです。

ちなみに僕はというと、基本的には1枚10,000円まで

それ以上のTシャツは高いなというか、そこまでだす必要はないと感じてしまいます。

Tシャツを消耗品と捉えるかどうか

Tシャツ1枚にいくらまで出せるかということについては、

  • Tシャツを「1シーズン持てば御の字」という「消耗品」と捉えるか
  • 数シーズンに渡って着たいと考えるか

という価値観に左右されます。

消耗品と捉えるなら、確かにパックTで十分。
1枚1,000円程度でスタンダードな夏の着こなしができるってすごいですよね。

パックTシャツの選び方と、用途ごとにおすすめのパックTを5つご紹介!夏になると、お得に買えるパックTを買う方も多いのでは?本記事では、パックTシャツの選び方から、用途にあったおすすめのパックTまでご紹介しています。この記事を読めばパックTのことは完璧なので、必見です。...

でも、「数シーズン着たい」って考えたら、やはりある程度の値段を出す必要があります。

当然ですが、数シーズン着るということは、デザイン的に洗練されていることは勿論のこと、ヘビーユースにも耐えられる良質な素材、しっかりした縫製等、求められる水準が高くなるのですから。

5,000円以上出すと「消耗品」ではないTシャツが買える

ブランドにもよりますが、5,000円以上かけると、質的にもデザイン的にも数シーズンもつTシャツ(カットソー)を買うことができると思います。

【パックT全盛期】Tシャツ1枚に出せる値段は?5,000円以上10,000円未満がハイコストパフォーマンス?

上の2枚は僕が2017年の夏頃に購入したCURLYのTシャツです。

夏はもちろんのこと、ライトアウターのインナーとして昨年の秋と今年の冬にもかなり着ました。着用後は当然ながら洗濯もしました。

しかし、首元がヨレたり糸がほつれたりといった、目に見える劣化はほとんどないんですよね。

素材のなめらかさも変わりなく、買った当初から着心地は抜群ですし、右の黒のカットソーに関しては、買った当初の特徴である程よい光沢もずっと残っています。

ちなみに価格はどちらも6,000円程度でした。

つまり、ある程度お金(5,000円〜6,000円くらい)をかけると、Tシャツも消耗品にならない、上質なものが買えるってことなんですよね。

(もちろんネットに入れて洗濯するなどの最低限のケアは必要ですが)

また、そのくらいの値段がするTシャツになると、ディテールにも凝っているので、普通のTシャツとまた違った楽しみも味わえるようになります。

 

以下の記事には、消耗品ではない品質を持っていて、かつコスパの高い(1万円以下)のものをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【白Tほか】コスパ良好。無地Tシャツのおすすめブランド5選こんにちは。ヒロシです。 春や夏になると出番が増えるアイテムといえば、「Tシャツ」ですよね。 春にはインナーとして、夏には一...




結局は自己満足だけど…

でも一方、10,000円を超えてくると高いなって思ってしまいます。

というのも、僕が色々な価格帯のカットソーを見てきた中で、

「1枚1,000円のTシャツとCURLYの6,000円のTシャツとの違いほど、CURLYの6,000円のTシャツと他ブランドの10,000円のTシャツの違いは質的にはない」

と思ったから。

まぁCURLYというブランドのコスパは本当にすごいのですが…

つまり、1万円を超えるTシャツに関しては、そのブランド独自の世界観やそのTシャツにしかない価値に魅せられた人が買うものであるように感じます。

まぁファッション全体がそうなんですが、結局は「自己満足」かなと。

自分が良いと思ったものを着て、一日をなんとなく良い気分で過ごせる。

これこそがファッションの持つ本質で、これ以上でもこれ以下でもない。




あとがき

僕が1枚で着るのに持っているカットソーは上のCURLYのカットソー2枚と、AURALEEのシームレスT(7~8,000円)1枚の計3枚。

オーラリー_シームレスTシャツ

ミニマルなライフスタイルを目指す僕にとっては、かなり良い感じのラインナップ。

服好きミニマリストの私服を全部公開します【合計15着】服好きミニマリストが持っている服を全て公開します! 合計15着で通年着まわしています。...

 

Tシャツを1シーズン持てばよいと考えることを否定する気は全くありません。

しかし、デザイン・質と価格の両、そして良い気分で夏の日々を過ごすという意味では、やはり5,000円以上1万円未満の価格帯の中でTシャツを選ぶのが理にかなっていると僕は個人的には思いました。

この記事を読んでくれた人におすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です